【難易度は二次重視】愛知県警察官、事務職員の倍率を徹底解説!

愛知県警 採用 合格する方法

本記事は愛知県警の警察官・事務職員を目指す方の多くが抱えている

  • 倍率はどれくらいなの?
  • 筆記試験の倍率は?
  • 面接重視って本当?

といった疑問に回答していきます。

 

記事を書いている僕は国立大学のキャリア支援課で公務員試験の指導をしつつ、このサイトを運営しているという感じです。キャリアは11年目になりました。

“江本”

 

この記事を読むことで、どの試験対策に時間を使えば合格できるのか知ることができますよ

結論を先に言っておくと、警察官も警察事務職員も面接が重要です。筆記だけが得意な人は注意が必要かも。

【愛知県警採用(警察官)】倍率推移を男女別に解説!

aichikenkei-bairitsu-danshi-zyosi

2020年(令和2年度)の※全体倍率は3.1倍でした。

最終合格者451人に対し、受験者数は1,404人ほど。
※A,B区分の合計値、特別募集は除く。

新型ウイルス感染拡大による試験中止などが影響し、前年度より大きく低下する結果となりました(昨年4.1倍)。

詳細は次のとおり。

警察官(男子)の倍率

2020年(令和2年度)

区分 / 回 受験者 合格者 倍率
【大卒A】第1回 中止
【大卒A】第2回 565 211 2.7
【高卒B】第1回 中止
【高卒B】第2回 521 160 3.3

2019年(令和元年度)

区分 / 回 受験者 合格者 倍率
【大卒A】第1回 811 234 3.5
【大卒A】第2回 219 39 5.6
【高卒B】第1回 516 66 7.8
【高卒B】第2回 426 138 3.1

2018年(平成30年度)

区分 / 回 受験者 合格者 倍率
【大卒A】第1回 990 285 3.5
【大卒A】第2回 253 32 7.9
【高卒B】第1回 499 66 7.6
【高卒B】第2回 521 135 3.9

2017年(平成29年度)

区分 / 回 受験者 合格者 倍率
【大卒A】第1回 1,112 281 4.0
【大卒A】第2回 309 50 6.2
【高卒B】第1回 503 52 9.7
【高卒B】第2回 508 201 2.5

2016年(平成28年度)

区分 / 回 受験者 合格者 倍率
【大卒A】第1回 1,248 293 4.3
【大卒A】第2回 400 62 6.5
【高卒B】第1回 実施なし
【高卒B】第2回 603 163 3.7

 

警察官(女子)の倍率

2020年(令和2年度)

区分 / 回 受験者 合格者 倍率
【大卒A】第1回 中止
【大卒A】第2回 176 43 4.1
【高卒B】第1回 中止
【高卒B】第2回 142 37 3.8

2019年(令和元年度)

区分 / 回 受験者 合格者 倍率
【大卒A】第1回 258 36 7.2
【大卒A】第2回 76 18 4.2
【高卒B】第1回 155 8 19.4
【高卒B】第2回 123 30 4.1

2018年(平成30年度)

区分 / 回 受験者 合格者 倍率
【大卒A】第1回 278 25 11.1
【大卒A】第2回 87 10 8.7
【高卒B】第1回 148 7 21.1
【高卒B】第2回 160 18 8.9

2017年(平成29年度)

区分 / 回 受験者 合格者 倍率
【大卒A】第1回 326 27 12.1
【大卒A】第2回 78 15 5.2
【高卒B】第1回 141 13 10.8
【高卒B】第2回 182 23 7.9

2016年(平成28年度)

区分 / 回 受験者 合格者 倍率
【大卒A】第1回 360 57 6.3
【大卒A】第2回 94 12 7.8
【高卒B】第1回
【高卒B】第2回 199 30 6.6

 

【愛知県警採用(警察官)】試験ごと(筆記・面接)の倍率を解説!

aitikenkei-hikki-mensetsu-bairitsu

結論をいうと、面接試験が重要です。

なぜなら、多くの受験者が面接(二次試験)で落ちるから。

試験ごとの平均倍率は、

  • 一次(筆記):男子(1.1倍)、女子(1.6倍)
  • 二次(面接):男子(3.2倍)、女子(3.5倍)

となっていて、面接重視の傾向がありますね。

江本

二次試験は辞退者を除いていないので、実際はもう少し低いです

正直、筆記対策に時間をかけても効率が悪いです。傾向を把握して必要な科目・分野に絞って勉強するようにしましょう。

多くの時間を面接や論文に使うことがポイントです。

詳細は次のとおり。

一次(筆記)試験の倍率(男子)

2021年(令和3年度)

区分 / 回 受験者 合格者 倍率
【大卒A】第1回 640 584 1.1
【大卒A】第2回
【高卒B】第1回 425 301 1.4
【高卒B】第2回

2020年(令和2年度)

区分 / 回 受験者 合格者 倍率
【大卒A】第1回 中止
【大卒A】第2回 565 534 1.1
【高卒B】第1回 中止
【高卒B】第2回 521 468 1.1

2019年(令和元年度)

区分 / 回 受験者 合格者 倍率
【大卒A】第1回 811 744 1.1
【大卒A】第2回 219 205 1.1
【高卒B】第1回 516 389 1.3
【高卒B】第2回 426 397 1.1

一次試験(教養や論文)の傾向や対策法を知りたい場合は、以下の記事をご覧ください。

二次(面接)試験の倍率(男子)

2021年(令和3年度)

区分 / 回 受験者 合格者 倍率
【大卒A】第1回 640
【大卒A】第2回
【高卒B】第1回 425
【高卒B】第2回

2020年(令和2年度)

区分 / 回 受験者 合格者 倍率
【大卒A】第1回 中止
【大卒A】第2回 534 211 2.5
【高卒B】第1回 中止
【高卒B】第2回 468 160 2.9

2019年(令和元年度)

区分 / 回 受験者 合格者 倍率
【大卒A】第1回 744 234 3.2
【大卒A】第2回 205 39 5.3
【高卒B】第1回 389 66 5.9
【高卒B】第2回 397 138 2.9

二次試験(面接)の傾向や対策法を知りたい場合は、以下の記事をご覧ください。

一次(筆記)試験の倍率(女子)

2021年(令和3年度)

区分 / 回 受験者 合格者 倍率
【大卒A】第1回 196 152 1.3
【大卒A】第2回
【高卒B】第1回 101 67 1.5
【高卒B】第2回

2020年(令和2年度)

区分 / 回 受験者 合格者 倍率
【大卒A】第1回 中止
【大卒A】第2回 534 211 2.5
【高卒B】第1回 中止
【高卒B】第2回 468 160 2.9

2019年(令和元年度)

区分 / 回 受験者 合格者 倍率
【大卒A】第1回 744 234 3.2
【大卒A】第2回 205 39 5.3
【高卒B】第1回 389 66 5.9
【高卒B】第2回 397 138 2.9

一次試験(教養や論文)の傾向や対策法を知りたい場合は、以下の記事をご覧ください。

二次(面接)試験の倍率(女子)

2021年(令和3年度)

区分 / 回 受験者 合格者 倍率
【大卒A】第1回 152
【大卒A】第2回
【高卒B】第1回 67
【高卒B】第2回

2020年(令和2年度)

区分 / 回 受験者 合格者 倍率
【大卒A】第1回 中止
【大卒A】第2回 132 43 3.1
【高卒B】第1回 中止
【高卒B】第2回 114 37 3.1

2019年(令和元年度)

区分 / 回 受験者 合格者 倍率
【大卒A】第1回 133 36 3.2
【大卒A】第2回 67 18 5.3
【高卒B】第1回 51 8 5.9
【高卒B】第2回 100 30 2.9

二次試験(面接)の傾向や対策法を知りたい場合は、以下の記事をご覧ください。

【愛知県警採用(事務職員)】倍率推移を大卒・高卒別に解説!

aitikennkei-zimu-bairitsu

2020年(令和2年度)の最終倍率は「大卒:9.5倍」「高卒:11.6倍」でした。前年度に比べて、どちらも減少しています。

大卒区分の場合、行政Ⅰは10倍を切っていますが、行政Ⅱは2年連続で15倍を超える難易度となっていますよ。

 

江本

行政ⅠとⅡの違いは試験内容です。行政Ⅰは専門試験、行政Ⅱは論文試験が実施されます。

 

行政Ⅱの方が対策がしやすい反面、倍率は高くなるので安易に選ばない方がいいかもです。

詳細は次のとおり。

【大卒】警察事務職員の倍率

2020年(令和2年度)

区分 受験者 合格者 倍率
行政Ⅰ 90 13 6.9
行政Ⅱ 81 5 16.2
心理 14 1 14.0
情報管理 10 2 5.0
電気 2 1 2.0
機械 1 0
農芸化学 18 1 18.0
建築 2 0

2019年(令和元年度)

区分 受験者 合格者 倍率
行政Ⅰ 73 10 7.3
行政Ⅱ 90 5 18.0
心理 5 1 5.0
情報管理 9 1 9.0
電気 2 0
機械 4 1 4.0
建築 1 0

2018年(平成30年度)

区分 受験者 合格者 倍率
行政Ⅰ 83 20 4.2
行政Ⅱ 105 14 7.5
情報管理 4 1 4.0
電気 4 1 4.0
農芸化学 20 2 10.0
建築 4 2 2.0

2020年(令和2年度)

区分 受験者 合格者 倍率
行政Ⅰ 87 20 4.4
行政Ⅱ 136 9 15.1
情報管理 6 2 3.0
電気 7 1 7.0
建築 4 1 4.0

2020年(令和2年度)

区分 受験者 合格者 倍率
行政Ⅰ 96 26 3.7
行政Ⅱ 144 17 8.5
心理 21 2 10.5
情報管理 7 1 7.0
化学 13 1 13.0
農芸化学 6 1 6.0

なお、行政ⅠとⅡはどっちがいいんだろう?と思う人は下記記事を参考にしてください。

※愛知県職員の内容ですが試験は同じです。

【愛知県庁採用】行政1・2で受かりやすいのは?倍率や難易度を解説!

【高卒】警察事務職員の倍率

2020年(令和2年度)

受験者 合格者 倍率
58 5 11.6

2019年(令和元年度)

受験者 合格者 倍率
61 3 20.3

2018年(平成30年度)

受験者 合格者 倍率
81 4 20.3

2017年(平成29年度)

受験者 合格者 倍率
100 7 14.3

2016年(平成28年度)

受験者 合格者 倍率
123 6 20.5

 

【愛知県警採用(事務職員)】試験ごと(筆記・面接)の倍率を解説!

aitikenkeisatuzimu-hikki-mensetu-bairitsu

結論をいうと、面接試験が重要です。

なぜなら、多くの受験者が面接(二次試験)で落ちるから。

試験ごとの倍率(2020年)は、

  • 一次(筆記):大卒(2.2倍)、高卒(2.4倍)
  • 二次(面接):大卒(4.4倍)、高卒(4.8倍)

となっていて、倍くらい違います。

江本

二次試験は辞退者を除いていないので、実際はもう少し低いです

筆記試験も科目が多く時間がかかるので、傾向をつかんでバランスよく対策することが大切です。

詳細は次のとおり。

【大卒】一次(筆記)試験の倍率

2020年(令和2年度)

区分 受験者 合格者 倍率
行政Ⅰ 90 54 1.7
行政Ⅱ 81 26 3.1
心理 14 6 2.3
情報管理 10 6 1.7
電気 2 2 1.0
機械 1 1 1.0
農芸化学 18 5 3.6
建築 2 1 2.0

2019年(令和元年度)

区分 受験者 合格者 倍率
行政Ⅰ 73 44 1.7
行政Ⅱ 90 25 3.6
心理 5 4 1.3
情報管理 9 5 1.8
電気 2 2 1.0
機械 4 4 1.0
建築 1 0

2018年(平成30年度)

区分 受験者 合格者 倍率
行政Ⅰ 83 48 1.7
行政Ⅱ 105 23 4.6
情報管理 4 2 2.0
電気 4 3 1.3
農芸化学 20 8 2.5
建築 4 3 1.3

筆記試験の内容は愛知県職員と同じ問題です。

傾向や対策法を知りたい場合は下記記事をご覧ください。

 

【大卒】二次(面接)試験の倍率

2020年(令和2年度)

区分 受験者 合格者 倍率
行政Ⅰ 54 13 4.2
行政Ⅱ 26 5 5.2
心理 6 1 6.0
情報管理 6 2 3.0
電気 2 1 2.0
機械 1 0
農芸化学 5 1 5.0
建築 1 0

2019年(令和元年度)

区分 受験者 合格者 倍率
行政Ⅰ 44 10 4.4
行政Ⅱ 25 5 5.0
心理 4 1 4.0
情報管理 5 1 5.0
電気 2 0
機械 4 1 4.0
建築

2018年(平成30年度)

区分 受験者 合格者 倍率
行政Ⅰ 48 20 2.4
行政Ⅱ 23 14 1.6
情報管理 2 1 2.0
電気 3 1 3.0
農芸化学 8 2 4.0
建築 3 2 1.5

面接の傾向や質問を知りたい場合は下記記事をご覧ください。

【高卒】一次(筆記)試験の倍率

2020年(令和2年度)

受験者 合格者 倍率
58 24 2.4

2019年(令和元年度)

受験者 合格者 倍率
61 25 2.4

2018年(平成30年度)

受験者 合格者 倍率
81 28 2.9

【高卒】二次(面接)試験の倍率

2020年(令和2年度)

受験者 合格者 倍率
24 5 4.8

2019年(令和元年度)

受験者 合格者 倍率
25 3 8.3

2018年(平成30年度)

受験者 合格者 倍率
28 4 7.0

勉強法やおすすめの参考書を知りたい場合は下記記事をご覧ください。

愛知県警は筆記よりも面接対策に時間をかけよう!

aitikenkei-tisaku
愛知県警は警察官、警察事務ともに面接試験が重要です。

警察官の平均倍率は筆記1.1倍~1.5倍に対して、面接は3倍。警察事務の平均倍率は筆記2.2倍~2.5倍に対して、面接は4倍もあります。

筆記試験の対策ばかりしていても最終合格はできません。試験科目が多いので、出題傾向を把握して勉強することが大切です。

筆記試験の対策法について下記記事をご覧ください。

筆記対策と並行して面接対策をはじめましょう。

面接では自己分析に時間をかけることが大切です。

長所や短所はもちろん、志望動機までじっくり考えていきましょう。

面接の傾向や質問は下記の記事で解説しています。

バランスよく対策してください。