【筆記で落ちる】税務職員採用試験(高卒)の倍率推移を地域別に解説

zeimusyokuin-bairitsu-kousotsu

税務職員を目指しています。筆記試験が重要なのは本当ですか?どのくらいの倍率なのか教えてほしいです。

こんな悩みを解決できる記事を書きました!

本記事の内容
  • 【地域別】過去の倍率推移
  • 筆記試験の倍率
  • 面接試験の倍率
江本
江本

記事を書いている僕は国立大学のキャリア支援課で公務員試験の指導をしつつ、このサイトを運営しているという感じです。キャリアは11年目になりました。

本記事は高卒で税務職員採用試験を目指す方向けに実施状況を詳しくまとめています。

筆記や面接ごとの倍率もわかるので、どの対策に力を使えばいいかわかりますよ。

結論をいうと、筆記試験である程度絞られます。できるだけ点数が取れるように対策しましょう!

関連記事【いつ始める】税務職員採用試験の内容を徹底解説|対策ロードマップ

【税務職員採用試験】倍率の推移

zeimusyokuinsaiyoushiken-bairitsu-suii

2020年(令和2年度)の全体倍率は3.7倍でした。

税務職員は、ブロックごとの採用なので倍率は様々です。

詳細は次のとおり。

過去5年間の倍率推移

ブロック20202019201820172016
北海道4.44.45.56.15.7
東北3.84.75.24.44.4
関東4.13.44.14.74.4
東海3.54.45.04.64.9
近畿2.93.14.45.84.0
中国2.64.85.85.35.8
四国2.44.25.56.37.3
九州5.64.85.26.45.8
沖縄3.35.05.711.012.5

2020年(令和2年度)の詳細

ブロック受験者合格者倍率
北海道276634.4
東北5111363.8
関東2,5146154.1
東海6731933.5
近畿7262542.9
中国3631412.6
四国222922.4
九州7741395.6
沖縄127393.3

2019年(令和元年度)の詳細

ブロック受験者合格者倍率
北海道215494.4
東北5681214.7
関東2,1666323.4
東海7261664.4
近畿4791563.1
中国352744.8
四国204494.2
九州8831844.8
沖縄119245.0

2018年(平成30年度)の詳細

ブロック受験者合格者倍率
北海道278515.5
東北7551445.2
関東2,7556714.1
東海8821765.0
近畿6621504.4
中国388675.8
四国215395.5
九州9401805.2
沖縄103185.7

【税務職員採用試験】一次試験の倍率データ

zeimusyokuinsaiyoushiken-bairitsu-hikki

2020年の一次倍率は2.1倍でした。

二次倍率は1.7倍なので、少し高い傾向にありますね。

地域別に見ると、最も高いのは九州ブロック3.1倍でした。

反対に低かったのは中国ブロック1.3倍で地域によって差がある結果となっています。

詳細は次のとおり。

2020年(令和2年度)

ブロック受験者合格者倍率
北海道2761132.4
東北5112062.5
関東2,5141,0382.4
東海6733741.8
近畿7264181.7
中国3632761.3
四国2221591.4
九州7742523.1
沖縄127781.6

2019年(令和元年度)

ブロック受験者合格者倍率
北海道215902.4
東北5681833.1
関東2,1661,0742.0
東海7263252.2
近畿4792561.9
中国3521841.9
四国204882.3
九州8833302.7
沖縄119522.3

2018年(平成30年度)

ブロック受験者合格者倍率
北海道278923.0
東北7552153.5
関東2,7551,1392.4
東海8823442.6
近畿6622462.7
中国3881662.3
四国215683.2
九州9403262.9
沖縄103343.0

一次試験では、

  • 基礎能力試験
  • 適性試験
  • 作文試験

が実施されています。

内容が多いので、はやめに対策をしましょう。

【税務職員採用試験】二次試験の倍率データ

zeimusyokuinsaiyoushiken-bairitsu-mensetsu

2020年の二次倍率は1.7倍でした。

一次倍率は2.1倍なので、少し受かりやすい傾向がありますね。

どの地域も1.5倍~2.0倍くらいで差はありません。

詳細は次のとおり。
※辞退者もいるので、実際はもう少し下がります。

2020年(令和2年度)

ブロック受験者合格者倍率
北海道113631.8
東北2061361.5
関東1,0386151.7
東海3741931.9
近畿4182541.6
中国2761412.0
四国159921.7
九州2521391.8
沖縄78392.0

2019年(令和元年度)

ブロック受験者合格者倍率
北海道90491.8
東北1831211.5
関東1,0746321.7
東海3251662.0
近畿2561561.6
中国184742.5
四国88491.8
九州3301841.8
沖縄52242.2

2018年(平成30年度)

ブロック受験者合格者倍率
北海道92511.8
東北2151441.5
関東1,1396711.7
東海3441762.0
近畿2461501.6
中国166672.5
四国68391.7
九州3261801.8
沖縄34181.9

二次試験は個人面接があります。

筆記試験で満点が取れても、面接の評価が悪いと落ちるので注意しましょう。

面接の傾向は下記記事をご覧ください。

関連記事【高卒】税務職員 個人面接の過去問|C評価以上を取る対策3ステップ