【難易度は低い?】国家公務員の倍率ランキング2021【過去の推移】

国家公務員の倍率ランキングまとめ (1)

相談者

国家公務員って難しそうだけど凡人でも合格できるの?受かりやすい試験を教えてほしいです。

知らない人も多いのですが、地方公務員(県や市役所)より国家公務員の方が受かりやすかったりします

試験にもよるけど、国家公務員の筆記試験は4割~5割がボーダーです。

 

江本

地方公務員は7割~って場合が多いよ。

 

試験科目もレベルもほとんど一緒なので、対策することは同じなんですよね

なので、市役所の試験には5年連続で落ちた人でも、国家公務員なら1年目で合格することは普通にあります。

とはいえ、国家公務員にも多くの種類がありますよね。

そこで本記事では、大卒程度の国家公務員試験をベースに倍率ランキングを作成しました。

 

記事を書いている僕は国立大学のキャリア支援課で公務員試験の指導をしつつ、このサイトを運営しているという感じです。キャリアは11年目になりました。

“江本”

 

2倍を切っている試験もあるので、受験してみてはどうでしょうか。

関連記事【2021年版】公務員試験 日程一覧|大卒・高卒に対応!

【2020年度】国家公務員の倍率|難易度ランキング

2020年(令和2年度)に実施された国家公務員試験の倍率を、

  • 倍率が低い:1倍~3倍
  • 倍率が普通:3倍~6倍
  • 倍率が高い:6倍~

といった3パターンに分けてまとめています。

下にいくほど高難易度になっていくので参考にしてみてください。

【2020年】国家公務員で倍率が低く、受かりやすい試験

試験 区分 倍率
国家一般職 物理 1.6
国家一般職 機械 1.7
国家一般職 化学 1.7
法務省専門職員 保護観察官 1.8
国家一般職 電気・電子・情報 1.8
国家一般職 行政中国地域 2.0
国家一般職 林学 2.0
国家一般職 行政北海道地域 2.1
国家一般職 建築 2.2
国家総合職 農業農村工学 2.2
裁判所職員一般職 裁判所事務官 2.2
食品衛生監視員 食品衛生監視員 2.2
法務省専門職員 矯正心理専門職A 2.2
国家一般職 農学 2.3
国家一般職 土木 2.3
国税専門官 国税専門官 2.3
法務省専門職員 矯正心理専門職B 2.4
財務専門官 財務専門官 2.4
国家一般職 行政四国地域 2.6
国家総合職 工学 2.6
国家一般職 農業農村工学 2.7
国家一般職 行政九州地域 2.9

【2020年】国家公務員で倍率が平均的な試験

試験 区分 倍率
法務省専門職員 法務教官A 3.0
労働基準監督官 労働基準監督官B(理工系) 3.0
法務省専門職員 法務教官B 3.0
国家総合職 農業科学・水産 3.1
国家一般職 行政東北地域 3.1
国家一般職 行政東海北陸地域 3.4
国家一般職 行政関東甲信越地域 3.4
国家一般職 行政沖縄地域 3.4
国家一般職 行政近畿地域 3.5
労働基準監督官 労働基準監督官A(法文系) 3.7
国家総合職 森林・自然環境 4.0
外務省専門職員 外務省専門職員 4.3
国家総合職 経済 4.5
国家総合職 数理科学・物理・地球科学 4.5
国家総合職 人間科学 6.1

【2020年】国家公務員で倍率が高く、難しい試験

試験 区分 倍率
海上保安官 海上保安官 7.0
裁判所職員総合職試験 家庭裁判所調査官補 7.7
国家総合職 化学・生物・薬学 8.5
国家総合職 法律 8.6
皇宮護衛官 皇宮護衛官 9.6
裁判所職員総合職試験 裁判所事務官 11.4
国家総合職 教養 12.2
衆議院事務局 一般職 18.8
国立国会図書館 一般職 31.1
衆議院事務局 総合職 79.0
参議院法制局 総合職 87.0
国立国会図書館 総合職 98.7
衆議院法制局 総合職 100.0

対策方法や傾向などを以下の記事で解説しています。

参考にしてみてください。

国家一般職の対策でおすすめの記事

【難易度の低下がとまらない】国家一般職 倍率の低い地域は?今後の予想も解説!

国税専門官の対策でおすすめの記事

【難易度は過去最低】国税専門官 倍率の推移|今後は下がる理由を解説

財務専門官の対策でおすすめの記事

【難易度は?】財務専門官採用試験 倍率の推移|対策ロードマップ

労働基準監督官の対策でおすすめの記事

【倍率の推移】労働基準監督官採用 国税より難易度が高い理由を解説!

裁判所事務官一般職の対策でおすすめの記事

【地域別】裁判所事務官の難易度が高い3つの理由|倍率の推移を徹底解説!

【2019年度】国家公務員の倍率|難易度ランキング

2019年(令和元年度)に実施された国家公務員試験の倍率を、

  • 倍率が低い:1倍~3倍
  • 倍率が普通:3倍~6倍
  • 倍率が高い:6倍~

といった3パターンに分けてまとめています。

下にいくほど高難易度になっていくので参考にしてみてください。

【2019年度】国家公務員で倍率が低く、受かりやすい試験

試験 区分 倍率
国家一般職 物理 1.5
国家一般職 機械 1.5
国家一般職 電気・電子・情報 1.5
国家一般職 林学 1.7
国家一般職 土木 1.8
国家一般職 農業農村工学 1.8
国家一般職 建築 1.8
食品衛生監視員 食品衛生監視員 2.1
国家一般職 化学 2.1
国家一般職 行政北海道地域 2.2
国家一般職 行政中国地域 2.5
国家一般職 農学 2.6
法務省専門職員 矯正心理専門職B 2.7
国家一般職 行政東北地域 2.7
法務省専門職員 矯正心理専門職A 2.8
法務省専門職員 保護観察官 2.8
労働基準監督官 労働基準監督官B(理工系) 2.8
国家一般職 行政東海北陸地域 2.8

【2019年度】国家公務員で倍率が平均的な試験

試験 区分 倍率
国税専門官 国税専門官 3.0
国家一般職 行政沖縄地域 3.0
法務省専門職員 法務教官B 3.1
国家一般職 行政九州地域 3.2
財務専門官 財務専門官 3.3
国家総合職 行政本府省 3.4
国家一般職 行政四国地域 3.6
国家一般職 行政関東甲信越地域 4.0
国家一般職 行政近畿地域 4.1
労働基準監督官 労働基準監督官A(法文系) 4.1
国家総合職 農業科学・水産 4.3
国家総合職 農業農村工学 4.6
航空管制官 航空管制官 5.1
法務省専門職員 法務教官A 5.1
外務省専門職員 外務省専門職員 5.3

【2019年度】国家公務員で倍率が高く、難しい試験

試験 区分 倍率
国家総合職 工学 6.1
裁判所職員総合職試験 家庭裁判所調査官補 6.9
裁判所職員一般職試験 裁判所事務官 7.1
国家総合職 数理科学・物理・地球科学 8.1
裁判所職員総合職試験 家庭裁判所調査官補 8.2
国家総合職 森林・自然環境 8.5
国家総合職 経済 8.5
国家総合職 人間科学 8.6
国家総合職 政治・国際 9.8
衆議院事務局 一般職 11.5
国家総合職 化学・生物・薬学 11.9
国家総合職 教養 13.1
国家総合職 法律 16.9
皇宮護衛官 皇宮護衛官 17.6
国立国会図書館 資料保存専門職員 31.0
参議院事務局 総合職 45.8
裁判所職員総合職試験 裁判所事務官 53.7
国立国会図書館 総合職 84.8
衆議院事務局 総合職 88.0
国立国会図書館 一般職 91.1
参議院法制局 総合職試験 128.0
衆議院法制局 総合職 209.0

対策方法や傾向などを以下の記事で解説しています。

参考にしてみてください。

【2018年度】国家公務員の倍率|難易度ランキング

2019年(令和元年度)に実施された国家公務員試験の倍率を、

  • 倍率が低い:1倍~3倍
  • 倍率が普通:3倍~6倍
  • 倍率が高い:6倍~

といった3パターンに分けてまとめています。

下にいくほど高難易度になっていくので参考にしてみてください。

国家公務員で倍率が低く、受かりやすい試験

試験 区分 倍率
国家一般職 物理 1.5
国家一般職 電気・電子・情報 1.6
国家一般職 機械 1.6
国家一般職 農業農村工学 1.6
国家一般職 建築 1.7
国家一般職 土木 1.8
国家一般職 林学 2.0
法務省専門職員 矯正心理専門職A 2.3
国家一般職 行政北海道 2.6
法務省専門職員 矯正心理専門職B 2.7
国家一般職 行政中国 2.7
法務省専門職員 保護観察官 2.8
労働基準監督官 労働基準監督官B(理工系) 2.8
国家一般職 農学 2.8
国家一般職 行政東海北陸 2.9

国家公務員で倍率が平均的な試験

試験 区分 倍率
法務省専門職員 法務教官B 3.0
国家一般職 行政東北 3.1
国家一般職 化学 3.1
国税専門官 国税専門官 3.4
国家一般職 行政四国 3.4
国家一般職 行政九州 3.6
国家一般職 行政沖縄 3.7
財務専門官 財務専門官 3.9
国家一般職 行政近畿 4.0
労働基準監督官 労働基準監督官A(法文系) 4.3
航空管制官 航空管制官 4.4
国家総合職 農業科学・水産 4.9
国家一般職 行政関東甲信越 4.9
法務省専門職員 法務教官A 5.2
食品衛生監視員 食品衛生監視員 5.5
国家総合職 農業農村工学 5.7

国家公務員で倍率が高く、難しい試験

試験 区分 倍率
外務省専門職員 外務省専門職員 6.4
国家総合職 工学 7.4
裁判所職員一般職 裁判所事務官 7.8
国家総合職 経済 8.5
国家総合職 人間科学 8.8
裁判所職員総合職 家庭裁判所調査官補 8.8
国家総合職 数理科学・物理・地球科学 9.3
国家総合職 森林・自然環境 9.5
皇宮護衛官 皇宮護衛官 11.7
国家総合職 教養 12.8
国家総合職 化学・生物・薬学 13.0
国家総合職 政治・国際 16.6
国家総合職 法律 18.1
裁判所職員総合職 裁判所事務官 28.1
衆議院議員事務局 一般職 32.9
国立国会図書館 資料保存 57.0
国立国会図書館 一般職 108.1
国立国会図書館 総合職 108.5
衆議院議員事務局 総合職 109.0

国家公務員の方が地方公務員より簡単です

国家公務員の倍率ランキングまとめ

国家公務員の倍率をランキング形式でまとめていました。

想像していたよりも、かなり低かったのではないでしょうか?

何となく国家公務員は難しそうなイメージがあるかもですが、現実はそうでもありません。

 

江本

100倍を超える試験もありますが・・・

 

筆記試験の内容も地方公務員と大してかわりませんが、ボーダーラインは圧倒的に低いです

傾向を理解して、スケジュールを組んで対策すれば誰でも合格できますよ。

少しでも興味をもったら受けてみてくださいね!