【高卒】公務員試験 おすすめの参考書・問題集を解説【合格に必須】

kosotsu-text (3)

こんにちは、江本(@emotokomin)です。

記事を書いている僕は国立大学のキャリア支援課で公務員試験の指導をしつつ、このサイトを運営しているという感じです。キャリアは10年目になりました。

“江本”

本記事では、「公務員試験(高校・短大卒)の参考書・問題集」を紹介しています。

結論からいえば、参考書選びは重要です!

書店にはたくさんの参考書・問題集があるけど、本当に使えるテキストは少ないですよ。

間違った勉強につながることもあるので、ここで最適な1冊を把握して対策をしてくださいね。

さっそく、まとめていきます。

関連記事公務員試験の内容を徹底解説|これから始める合格ガイドマップ

【高卒】公務員試験 一般知能「数的処理」でおすすめの参考書・問題集

kosotsu-text (1)

  • 数的推理
  • 判断推理
  • 資料解釈

公務員試験に合格するには、数的処理の攻略が必要不可欠です!

なぜなら、出題数が多いから!

しかし、苦手な受験者は多いため、使えるテキストを使って勉強することがポイントです。

本当に使うべき参考書を解説しますね。

数的推理

数的推理でおすすめの参考書は「畑中敦子の天下無敵の数的処理!」一択です!

特徴は、「方程式を使わずに、裏技や解法パターンで正答を導き出すテクニック本」であるところ。

とくに数学が苦手・嫌い!という人におすすめです。

数的推理は、時間をかければ解ける問題もありますが、1問2~3分で解かないと、時間切れになってしまいます。

この「畑中敦子の天下無敵の数的処理!」のテクニックをマスターすることで、数学嫌いでも点数を取れるようになりますよ!

なお、数学が得意な受験者でも短時間で解く方法を知れたりもするので、見ておくといいですよ。

判断推理

判断推理でおすすめの参考書は「畑中敦子の天下無敵の数的処理! 判断推理編」一択です!

数的推理と同じく「解くためのテクニック本」。

判断推理は、この1冊を何度も繰り返して解法パターンを覚えていきましょう。

資料解釈

資料解釈でおすすめの参考書は「畑中敦子の天下無敵の数的処理!」と「新・初級スーパー過去問ゼミ 文章理解・資料解釈」です。

資料解釈も基本的には数的推理や判断推理と同じで、解法パターンを覚えることが大切です。

覚えることも少ないので、「畑中敦子の天下無敵の数的処理!」を使って、ササっと解法を覚えてください。

そして、ここからが大事!

資料解釈は自力で解かないと、実力がつきません。

なので、解法を覚えたら「新・初級スーパー過去問ゼミ 文章理解・資料解釈」を使って、1日1問 時間を計って解くようにしましょう。

【高卒】公務員試験 一般知能「文章理解」でおすすめの参考書・問題集

kosotsu-text

  • 現代文
  • 英文
  • 古文 / 漢文

文章理解も20%ほどの出題数を占めているので、攻略は必須です。

それぞれ見ていきましょう。

現代文

あなたは読解力がありますか?

もし、「趣旨把握」や「内容一致」の問題で選択肢のすべてが正解に見えるなら読解力が不足しています。

そこで、おすすめの参考書が「出口汪現代文講義の実況中継(2)」です。

予備校の参考書ですが、講義形式で書かれているためスラスラ読むことができます。

まずは、文章の読み方をサクッとインプットしておきましょう。

その上で、「新・初級スーパー過去問ゼミ 文章理解・資料解釈」を1日1問ほど、時間を計って自力で解いてください。

江本

毎日、ちょっとやって文章を読むことになれる感じが必要!

CHCKE IT

英文

英文も現代文と同じで文章に慣れることが大切です。

また、単語も知らないと解けないため覚えていきましょう。

そこでおすすめなのが「速読速聴・英単語Daily1500」です。

300字数くらいの英文を読みながら単語まで覚えることができる1冊。

毎日これをやっていきましょう!

古文 / 漢文

おすすめは高校の教科書ですね。

1問しかでないし、力をいれて勉強する必要はないかと。

新・初級スーパー過去問ゼミ 文章理解・資料解釈」で問題を解く→解説で単語や文法を覚えるくらいでいいですね。

【高卒】公務員試験 一般知識でおすすめの参考書・問題集

kosotsu-text (2)

  • 社会科学
  • 人文科学
  • 自然科学

一般知識は、学校で勉強している知識がメインとなります。

なので、1番は学校の教科書を使って勉強することがポイント。

さらに、わからないことは先生に質問して対策していきましょう。

そのうえで、次に紹介する参考書をやっていけばいいかと。

社会科学

社会科学は、一般知識のなかで出題数が多いので対策は必須です。

おすすめの参考書は「オープンセサミシリーズ(政治・経済・社会)」と「初級スーパー過去問ゼミ 社会科学」。

まずはサクッと「オープンセサミシリーズ(政治・経済・社会)」を読んで全体像を把握しましょう。

途中に問題がありますが、無視でOK。

その後「初級スーパー過去問ゼミ 社会科学」で、知識を覚えていきましょう。

基本的には「初級スーパー過去問ゼミ 社会科学」で知識のインプット&アウトプットをしつつ、「オープンセサミシリーズ(政治・経済・社会)」で補足する感じ。

人文科学

出題範囲が広いので、まともに勉強すると落ちますよ。

なので、「初級スーパー過去問ゼミ 人文科学 」で必要事項を覚えるくらいが丁度いいです。

高校で選択している科目は、教科書を読んで補足知識を入れておくといいでしょう。

なお、国語については得点源にすべきなので「オープンセサミシリーズ(国語、文芸)」を使って覚えること。

自然科学

ありません。

なぜなら、市販のテキストで勉強しても点がとれないからです。

とくに、数学、物理、化学は要注意。

生物、地学だけなら暗記科目なので「新・初級スーパー過去問ゼミ 自然科学 」で対策は可能です。

東京消防庁など、自然科学が多く出る試験の場合、大学受験の基礎講座などがおすすめです。

スマホがあれば予備校の授業が受け放題!

スタディサプリ」という「オンラインで、安く、そしてコスパのいい」ものもあるので、検討してみてもいいと思いますよ。

  • 5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題
  • 小学校〜高校の授業を見れるので、基礎の基礎まで学べる
  • 低価格

今なら無料で体験できるので、試しに使ってみることをおススメします。

詳しくはこちらをどうぞ!

【高卒】公務員試験 一般知識でおすすめの参考書・問題集まとめ

本記事では、高卒公務員試験のおすすめ参考書をまとめていました。

テキスト選びはとても大切で、無意味なものを使って勉強しても時間の無駄です。

勉強をはじめるまえに、しっかり揃えて、選んだ1冊を極める勢いで勉強してくださいね。

なお、テキストを買い足す必要はほとんどありませんよ!

関連記事【高卒程度】公務員試験の勉強法|合格点をとる3つのテクニック