【最新】公務員試験 倍率一覧|受かりやすいのはどこ【大卒・高卒別】

koumuin-magnification1

こんにちは、江本(@emotokomin)です。

本記事では、「公務員試験の倍率」を大卒・高卒に分けてまとめています。

  • 国家公務員
  • 都道府県職員
  • 市役所職員
  • 警察官
  • 消防官

これらの区分に関して2020年~2018年の3年分を掲載中!

試験の難易度を確認する意味でも役に立つと思うので、参考にしてくださいね。

記事を書いている僕は国立大学のキャリア支援課で公務員試験の指導をしつつ、このサイトを運営しているという感じです。キャリアは10年目になりました。

“江本”

なお、試験日程を知りたい方は「【最新】公務員試験 日程一覧|合格へのロードマップ」をご覧ください。

【大卒】国家公務員の倍率一覧

国家公務員の倍率ランキング

ここでは、「大学卒業程度」を対象とした実施結果をまとめています。

2020年~2018年の3年分を掲載。

2020年(令和2年度)

次の職種に関してまとめています。

  • 国家総合職
  • 国家一般職
  • 国家専門職
  • 裁判所事務官

参考にしてください。

国家総合職

※志望倍率です。

区分 志望者 合格者 倍率
政治国際 1,101 125 8.8
法律 8,882 401 22.1
経済 1,641 141 11.6
人間科学 388 32 12.1
工学 1,386 426 3.3
数理科学・物理・地球科学 208 53 3.9
化学・生物・薬学 463 58 8.0
農業科学・水産 481 141 3.4
農業農村工学 198 87 2.3
森林・自然環境 217 56 3.9

国家一般職

区分 受験者 合格者 倍率
行政北海道 656 314 2.1
行政東北 1,023 325 3.1
行政関東甲信越 5,378 1,572 3.4
行政東海北陸 1,761 518 3.4
行政近畿 1,966 566 3.5
行政中国 938 480 2.0
行政四国 633 248 2.6
行政九州 1,776 605 2.9
行政沖縄 492 143 3.4
電気・電子・情報 240 136 1.8
機械 182 106 1.7
土木 709 306 2.3
建築 99 46 2.2
物理 204 129 1.6
化学 304 177 1.7
農学 437 190 2.3
農業農村工学 125 46 2.7
林学 245 124 2.0

対策記事【難易度低下】国家一般職採用試験 倍率の推移|合格ロードマップ

国家専門職

区分 受験者 合格者 倍率
国税専門官 1,338 560 2.4
財務専門官 9,052 3,903 2.3
労働基準監督官A 1,318 358 3.7
労働基準監督官B 355 118 3.0
皇宮護衛官 472 49 9.6
矯正心理専門職A 101 45 2.2
矯正心理専門職B 179 75 2.4
法務教官A 101 241 3.0
法務教官B 179 95 3.0
保護観察官 165 94 1.8
食品衛生監視員 172 77 2.2

対策記事

裁判所職員総合職

区分 受験者 合格者 倍率
北海道 6 1 6.0
東北 4 1 4.0
関東甲信越 76 7 10.9
東海北陸 14 1 14.0
近畿 22 2 11.0
中国 7 1 7.0
四国 3 0
九州 16 0

裁判所職員一般職

区分 受験者 合格者 倍率
北海道 51 18 2.8
東北 99 41 2.4
関東甲信越 1010 514 2.0
東海北陸 197 88 2.2
近畿 358 171 2.1
中国 90 38 2.4
四国 70 15 4.7
九州 260 85 3.1

対策記事裁判所職員一般職採用試験 倍率の低下がハンパない|対策ロードマップ

2019年(令和元年度)

次の職種に関してまとめています。

  • 国家総合職
  • 国家一般職
  • 国家専門職
  • 裁判所事務官

参考にしてください。

国家総合職

区分 受験者 合格者 倍率
政治国際 847 86 9.8
法律 7,592 449 16.9
経済 1,432 168 8.5
人間科学 335 39 8.6
工学 1,208 199 6.1
数理科学・物理・地球科学 170 21 8.1
化学・生物・薬学 358 30 11.9
農業科学・水産 377 88 4.3
農業農村工学 176 38 4.6
森林・自然環境 229 27 8.5

国家一般職

区分 受験者 合格者 倍率
行政北海道 848 393 2.2
行政東北 1,275 473 2.7
行政関東甲信越 7,212 1792 4.0
行政東海北陸 2,177 770 2.8
行政近畿 2,624 641 4.1
行政中国 1,235 486 2.5
行政四国 843 231 3.6
行政九州 2,225 689 3.2
行政沖縄 600 252 2.4
電気・電子・情報 329 213 1.5
機械 203 135 1.5
土木 1,115 622 1.8
建築 162 89 1.8
物理 230 156 1.5
化学 373 176 2.1
農学 609 234 2.6
農業農村工学 208 116 1.8
林学 321 189 1.7

対策記事【難易度低下】国家一般職採用試験 倍率の推移|合格ロードマップ

国家専門職

区分 受験者 合格者 倍率
国税専門官 10,490 3514 3.0
財務専門官 1,721 526 3.3
労働基準監督官A 1,560 379 4.1
労働基準監督官B 546 194 2.8
皇宮護衛官 633 36 17.6
矯正心理専門職A 97 35 2.8
矯正心理専門職B 146 55 2.7
法務教官A 756 148 5.1
法務教官B 250 80 3.1
保護観察官 222 79 2.8
食品衛生監視員 282 134 2.1

対策記事

裁判所職員総合職

区分 受験者 合格者 倍率
北海道 6 1 6.0
東北 13 0
関東甲信越 153 3 51.0
東海北陸 39 2 19.5
近畿 62 1 62.0
中国 19 0
四国 13 0
九州 71 7 10.1

裁判所職員一般職

区分 受験者 合格者 倍率
北海道 380 62 6.1
東北 478 88 5.4
関東甲信越 3196 520 6.1
東海北陸 1076 150 7.2
近畿 1427 150 9.5
中国 642 90 7.1
四国 460 45 10.2
九州 1189 150 7.9

対策記事:裁判所職員一般職採用試験 倍率の低下がハンパない|対策ロードマップ

2018年(平成30年度)

次の職種に関してまとめています。

  • 国家総合職
  • 国家一般職
  • 国家専門職
  • 裁判所事務官

参考にしてください。

国家総合職

区分 受験者 合格者 倍率
政治国際 1,048 63 16.6
法律 8,529 471 18.1
経済 1,654 194 8.5
人間科学 333 38 8.8
工学 1,413 192 7.4
数理科学・物理・地球科学 196 21 9.3
化学・生物・薬学 417 32 13.0
農業科学・水産 428 88 4.9
農業農村工学 194 34 5.7
森林・自然環境 237 25 9.5

国家一般職

区分 受験者 合格者 倍率
行政北海道 959 363 2.6
行政東北 1,404 453 3.1
行政関東甲信越 8,293 1,696 4.9
行政東海北陸 2,385 814 2.9
行政近畿 2,998 749 4.0
行政中国 1,279 466 2.7
行政四国 911 269 3.4
行政九州 2,390 655 3.6
行政沖縄 689 186 3.7
電気・電子・情報 376 240 1.6
機械 242 153 1.6
土木 1,318 750 1.8
建築 200 116 1.7
物理 286 191 1.5
化学 407 130 3.1
農学 687 244 2.8
農業農村工学 192 119 1.6
林学 381 188 2.0

対策記事【難易度低下】国家一般職採用試験 倍率の推移|合格ロードマップ

国家専門職

区分 受験者 合格者 倍率
国税専門官 11,678 3,479 3.4
財務専門官 2,058 526 3.9
労働基準監督官A 1,718 396 4.3
労働基準監督官B 605 216 2.8
皇宮護衛官 844 72 11.7
矯正心理専門職A 100 44 2.3
矯正心理専門職B 159 60 2.7
法務教官A 834 159 5.2
法務教官B 314 104 3.0
保護観察官 220 80 2.8
食品衛生監視員 338 62 5.5

対策記事

裁判所職員総合職

区分 受験者 合格者 倍率
北海道 5 2 2.5
東北 16 0
関東甲信越 169 8 21.1
東海北陸 41 1 41.0
近畿 82 2 41.0
中国 25 1 25.0
四国 23 1 23.0
九州 60 0

裁判所職員一般職

区分 受験者 合格者 倍率
北海道 138 45 3.1
東北 553 66 8.4
関東甲信越 3180 480 6.6
東海北陸 1118 150 7.5
近畿 1616 130 12.4
中国 621 110 5.6
四国 467 50 9.3
九州 1131 100 11.3

対策記事:裁判所職員一般職採用試験 倍率の低下がハンパない|対策ロードマップ

【大卒】都道府県職員 倍率一覧

都道府県の倍率ランキング

ここでは、「大学卒業程度」を対象とした実施結果をまとめています。

2020年~2018年の3年分を掲載。

2020年(令和2年度)

人気のある「事務職(行政)」の結果をまとめています。

※区分がある自治体(例:行政Ⅰ、Ⅱ)は合算して算出しています。
※一部の自治体は試験情報(リンク)をまとめています。

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 748 191 3.9
青森県 265 63 4.2
岩手県 231 78 3.0
宮城県 418 89 4.7
秋田県 243 44 5.5
山形県 300 63 4.8
福島県 418 94 4.4
茨城県 580 86 6.7
栃木県 269 75 3.6
群馬県 435 106 4.1
埼玉県 1,260 333 3.8
千葉県 832 230 3.6
東京都
(Ⅰ類A)
638 79 8.1
東京都
(Ⅰ類B)
2,120 467 4.5
神奈川県 705 217 3.2
山梨県 354 67 5.3
新潟県 294 50 5.9
長野県 503 101 5.0
富山県 228 63 3.6
石川県 213 58 3.7
福井県 199 69 2.9
静岡県 426 72 5.9
岐阜県 578 122 4.7
愛知県 1,064 256 4.2
三重県 343 93 3.7
滋賀県 519 75 6.9
京都府 465 123 3.8
大阪府 693 181 3.8
兵庫県 541 103 5.3
奈良県 277 71 3.9
和歌山県 346 92 3.8
鳥取県 89 33 2.7
島根県 118 57 2.1
岡山県 306 74 4.1
広島県 451 107 4.2
山口県 260 86 3.0
徳島県 403 70 5.8
香川県 334 79 4.2
愛媛県 359 79 4.5
高知県 208 50 4.2
福岡県 520 55 9.5
佐賀県 624 67 9.3
長崎県 200 49 4.1
熊本県 422 74 5.7
大分県 332 114 2.9
宮崎県 170 60 2.8
鹿児島県 321 50 6.4
沖縄県 845 64 13.2

2019年(令和元年度)

人気のある「事務職(行政)」の結果をまとめています。

※区分がある自治体(例:行政Ⅰ、Ⅱ)は合算して算出しています。
※一部の自治体は試験情報(リンク)をまとめています。

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 1,367 296 4.6
青森県 225 64 3.5
岩手県 236 70 3.4
宮城県 415 65 6.4
秋田県 256 39 6.6
山形県 319 70 4.6
福島県 432 119 3.6
茨城県 487 84 5.8
栃木県 327 62 5.3
群馬県 461 80 5.8
埼玉県 1,251 241 5.2
千葉県 829 121 6.9
東京都
(Ⅰ類A)
756 87 8.7
東京都
(Ⅰ類B)
3,082 526 5.9
神奈川県 757 187 4.0
山梨県 375 54 6.9
新潟県 328 69 4.8
長野県 692 80 8.7
富山県 244 60 4.1
石川県 194 53 3.7
福井県 174 54 3.2
静岡県 260 84 3.1
岐阜県 519 151 3.4
愛知県 965 258 3.7
三重県 315 76 4.1
滋賀県 397 89 4.5
京都府 413 102 4.0
大阪府 1,018 174 5.9
兵庫県 510 106 4.8
奈良県 306 79 3.9
和歌山県 340 79 4.3
鳥取県 108 29 3.7
島根県 122 49 2.5
岡山県 312 70 4.5
広島県 443 139 3.2
山口県 197 75 2.6
徳島県 408 66 6.2
香川県 298 69 4.3
愛媛県 391 76 5.1
高知県 259 44 5.9
福岡県 450 45 10.0
佐賀県 880 63 14.0
長崎県 185 32 5.8
熊本県 357 75 4.8
大分県 311 86 3.6
宮崎県 239 70 3.4
鹿児島県 277 65 4.3
沖縄県 795 79 10.1

2018年(平成30年度)

人気のある「事務職(行政)」の結果をまとめています。

※区分がある自治体(例:行政Ⅰ、Ⅱ)は合算して算出しています。
※一部の自治体は試験情報(リンク)をまとめています。

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 1,709 357 4.8
青森県 266 55 4.8
岩手県 276 55 5.0
宮城県 461 65 7.1
秋田県 274 39 7.0
山形県 282 45 6.3
福島県 358 86 4.2
茨城県 503 99 5.1
栃木県 432 83 5.2
群馬県 366 70 5.2
埼玉県 1,458 244 6.0
千葉県 1,084 162 6.7
東京都
(Ⅰ類A)
928 115 8.1
東京都
(Ⅰ類B)
3,491 548 6.4
神奈川県 978 164 6.0
山梨県 408 51 8.0
新潟県 309 54 5.7
長野県 734 105 7.0
富山県 284 60 4.7
石川県 292 53 5.5
福井県 179 52 3.4
静岡県 390 99 3.9
岐阜県 725 148 4.9
愛知県 1,278 232 5.5
三重県 390 72 5.4
滋賀県 412 69 6.0
京都府 388 117 3.3
大阪府 1,055 160 6.6
兵庫県 422 108 3.9
奈良県 376 79 4.8
和歌山県 396 67 5.9
鳥取県 155 23 6.7
島根県 156 45 3.5
岡山県 334 85 3.9
広島県 456 95 4.8
山口県 263 41 6.4
徳島県 577 69 8.4
香川県 227 68 3.3
愛媛県 409 82 5.0
高知県 287 40 7.2
福岡県 503 53 9.5
佐賀県 1,131 62 18.2
長崎県 241 45 5.4
熊本県 360 74 4.9
大分県 364 77 4.7
宮崎県 121 60 2.0
鹿児島県 355 62 5.7
沖縄県 931 58 16.1

【大卒】市役所職員 倍率一覧

市役所の倍率ランキング

ここでは、「大学卒業程度」を対象とした実施結果をまとめています。

2020年~2018年の3年分を掲載。

2020年(令和2年度)

人気のある「事務職(行政)」の結果をまとめています。

※区分がある自治体(例:法律)は合算して算出しています。
※政令指定都市をまとめています。

自治体 受験者 合格者 倍率
札幌市 756 147 5.1
仙台市 629 98 6.4
さいたま市 659 207 3.2
千葉市 603 100 6.0
東京特別区 8,121 1,741 4.7
横浜市 1,918 381 5.0
川崎市 901 209 4.3
相模原市 632 70 9.0
新潟市 235 15 15.7
静岡市 418 79 5.3
浜松市 280 66 4.2
名古屋市 1,033 281 3.7
京都市 1,235 151 8.2
大阪市 734 281 2.6
堺市 426 71 6.0
神戸市 313 28 11.2
岡山市 481 54 8.9
広島市 488 93 5.2
福岡市 471 70 6.7
北九州市 305 43 7.1
熊本市 365 44 8.3

2019年(令和元年度)

人気のある「事務職(行政)」の結果をまとめています。

※区分がある自治体(例:法律)は合算して算出しています。
※政令指定都市をまとめています。

自治体 受験者 合格者 倍率
札幌市 875 121 7.2
仙台市 702 90 7.8
さいたま市 864 149 5.8
千葉市 414 90 4.6
東京特別区 11,501 2,032 5.7
横浜市 1,635 391 4.2
川崎市 962 195 4.9
相模原市 577 107 5.4
新潟市 263 25 10.5
静岡市 459 89 5.2
浜松市 187 41 4.6
名古屋市 1,149 246 4.7
京都市 1,395 131 10.6
大阪市 822 150 5.5
堺市 507 48 10.6
神戸市 460 102 4.5
岡山市 350 54 6.5
広島市 542 136 4.0
福岡市 366 45 8.1
北九州市 279 35 8.0
熊本市 391 80 4.9

2018年(平成30年度)

人気のある「事務職(行政)」の結果をまとめています。

※区分がある自治体(例:法律)は合算して算出しています。
※政令指定都市をまとめています。

自治体 受験者 合格者 倍率
札幌市 1,244 155 8.0
仙台市 777 92 8.4
さいたま市 983 201 4.9
千葉市 324 63 5.1
東京特別区 12,718 2,371 5.4
横浜市 2,123 397 5.3
川崎市 1,004 161 6.2
相模原市 620 89 7.0
新潟市 403 98 4.1
静岡市 501 71 7.1
浜松市 219 37 5.9
名古屋市 1,126 225 5.0
京都市 1,796 166 10.8
大阪市 985 122 8.1
堺市 588 57 10.3
神戸市 689 92 7.5
岡山市 379 59 6.4
広島市 618 163 3.8
福岡市 501 27 18.6
北九州市 372 43 8.7
熊本市 406 62 6.5

【大卒】警察官 倍率一覧

警察官の倍率ランキング

ここでは、「大学卒業程度」を対象とした実施結果をまとめています。

2020年~2018年の3年分を掲載。

2020年(令和2年度)

自治体によっては年に※2~3回実施していることがあります。

※合算して算出しています。
※一部の自治体は試験情報(リンク)をまとめています。

男性警察官

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 589 217 2.7
青森県 153 40 3.8
岩手県 151 38 4.0
宮城県 375 94 4.0
秋田県 145 41 3.5
山形県 166 37 4.5
福島県 167 48 3.5
茨城県 381 107 3.6
栃木県 194 59 3.3
群馬県 282 57 4.9
埼玉県 1,277 353 3.6
千葉県 651 207 3.1
警視庁
神奈川県 1,401 341 4.1
山梨県 222 28 7.9
新潟県 248 69 3.6
長野県 304 83 3.7
富山県 158 36 4.4
石川県 182 44 4.1
福井県 200 84 2.4
岐阜県 216 42 5.1
静岡県 154
愛知県 565 211 2.7
三重県 156 46 3.4
滋賀県 429 60 7.2
京都府 634 181 3.5
大阪府 2,688 479 5.6
兵庫県 788 186 4.2
奈良県 231 57 4.1
和歌山県 145 26 5.6
鳥取県 51 15 3.4
島根県 156 42 3.7
岡山県 298 57 5.2
広島県 429 142 3.0
山口県 217 78 2.8
徳島県 114 57 2.0
香川県 140 26 5.4
愛媛県 135 100 1.4
高知県 140 17 8.2
福岡県 1,080 156 6.9
佐賀県 130 25 5.2
長崎県 192 57 3.4
熊本県 223 52 4.3
大分県 94 29 3.2
宮崎県 103 47 2.2
鹿児島県 151 50 3.0
沖縄県 227 42 5.4

女性警察官

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 159 54 2.9
青森県 33 8 4.1
岩手県 36 13 2.8
宮城県 88 15 5.9
秋田県 31 9 3.4
山形県 45 9 5.0
福島県 41 13 3.2
茨城県 112 25 4.5
栃木県 43 9 4.8
群馬県 102 14 7.3
埼玉県 372 43 8.7
千葉県 152 65 2.3
警視庁
神奈川県 424 103 4.1
山梨県 61 12 5.1
新潟県 48 17 2.8
長野県 104 27 3.9
富山県 45 17 2.6
石川県 52 11 4.7
福井県 47 20 2.4
静岡県 23
岐阜県 58 13 4.5
愛知県 176 43 4.1
三重県 30 13 2.3
滋賀県 93 11 8.5
京都府 213 29 7.3
大阪府 803 168 4.8
兵庫県 264 65 4.1
奈良県 53 10 5.3
和歌山県 41 8 5.1
鳥取県 16 8 2.0
島根県 22 6 3.7
岡山県 74 16 4.6
広島県 154 17 9.1
山口県 57 17 3.4
徳島県 32 15 2.1
香川県 34 5 6.8
愛媛県 47 16 2.9
高知県 42 6 7.0
福岡県 316 53 6.0
佐賀県 36 4 9.0
長崎県 54 19 2.8
熊本県 59 15 3.9
大分県 31 12 2.6
宮崎県 24 12 2.0
鹿児島県 39 13 3.0
沖縄県 51 16 3.2

2019年(令和元年度)

自治体によっては年に※2~3回実施していることがあります。

※合算して算出しています。
※一部の自治体は試験情報(リンク)をまとめています。

男性警察官

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 1,030 248 4.2
青森県 134 29 4.6
岩手県 157 41 3.8
宮城県 424 90 4.7
秋田県 111 31 3.6
山形県 180 35 5.1
福島県 199 54 3.7
茨城県 408 134 3.0
栃木県 217 62 3.5
群馬県 360 61 5.9
埼玉県 1,431 203 7.0
千葉県 1,151 263 4.4
警視庁 6,353 1297 4.9
神奈川県 1,570 400 3.9
山梨県 200 42 4.8
新潟県 263 66 4.0
長野県 388 90 4.3
富山県 172 47 3.7
石川県 127 40 3.2
福井県 188 62 3.0
静岡県 437 133 3.3
岐阜県 310 77 4.0
愛知県 1,030 273 3.8
三重県 212 56 3.8
滋賀県 281 53 5.3
京都府 563 110 5.1
大阪府 5,546 785 7.1
兵庫県 1,108 255 4.3
奈良県 312 55 5.7
和歌山県 138 30 4.6
鳥取県 57 13 4.4
島根県 130 39 3.3
岡山県 263 108 2.4
広島県 523 123 4.3
山口県 251 79 3.2
徳島県 115 42 2.7
香川県 183 33 5.5
愛媛県 201 87 2.3
高知県 127 40 3.2
福岡県 1,037 212 4.9
佐賀県 157 47 3.3
長崎県 212 50 4.2
熊本県 258 46 5.6
大分県 250 45 5.6
宮崎県 118 54 2.2
鹿児島県 163 54 3.0
沖縄県 280 35 8.0

女性警察官

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 358 97 3.7
青森県 26 7 3.7
岩手県 32 10 3.2
宮城県 106 13 8.2
秋田県 17 8 2.1
山形県 43 9 4.8
福島県 54 15 3.6
茨城県 129 28 4.6
栃木県 48 15 3.2
群馬県 85 14 6.1
埼玉県 425 63 6.7
千葉県 234 57 4.1
警視庁 3,598 402 9.0
神奈川県 475 84 5.7
山梨県 56 10 5.6
新潟県 54 10 5.4
長野県 101 22 4.6
富山県 46 17 2.7
石川県 33 7 4.7
福井県 53 20 2.7
静岡県 146 27 5.4
岐阜県 95 24 4.0
愛知県 334 54 6.2
三重県 67 12 5.6
滋賀県 84 14 6.0
京都府 138 47 2.9
大阪府 1,551 150 10.3
兵庫県 288 54 5.3
奈良県 54 13 4.2
和歌山県 27 11 2.5
鳥取県 11 5 2.2
島根県 35 11 3.2
岡山県 79 22 3.6
広島県 166 26 6.4
山口県 86 18 4.8
徳島県 35 15 2.3
香川県 37 6 6.2
愛媛県 57 24 2.4
高知県 38 11 3.5
福岡県 292 54 5.4
佐賀県 42 7 6.0
長崎県 58 17 3.4
熊本県 76 15 5.1
大分県 64 15 4.3
宮崎県 20 10 2.0
鹿児島県 41 21 2.0
沖縄県 58 13 4.5

2018年(平成30年度)

自治体によっては年に※2~3回実施していることがあります。

※合算して算出しています。
※一部の自治体は試験情報(リンク)をまとめています。

男性警察官

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 1,310 247 5.3
青森県 167 43 3.9
岩手県 130 50 2.6
宮城県 354 83 4.3
秋田県 122 29 4.2
山形県 217 44 4.9
福島県 290 71 4.1
茨城県 513 122 4.2
栃木県 305 70 4.4
群馬県 395 73 5.4
埼玉県 1,778 317 5.6
千葉県 1,371 354 3.9
警視庁 9,732 1599 6.1
神奈川県 1,607 386 4.2
山梨県 303 40 7.6
新潟県 323 94 3.4
長野県 462 132 3.5
富山県 183 52 3.5
石川県 175 49 3.6
福井県 182 80 2.3
静岡県 421 105 4.0
岐阜県 371 71 5.2
愛知県 1,243 317 3.9
三重県 239 60 4.0
滋賀県 315 41 7.7
京都府 690 164 4.2
大阪府 6,005 1152 5.2
兵庫県 1,149 248 4.6
奈良県 272 44 6.2
和歌山県 187 30 6.2
鳥取県 65 16 4.1
島根県 165 48 3.4
岡山県 318 85 3.7
広島県 668 111 6.0
山口県 289 67 4.3
徳島県 109 66 1.7
香川県 205 39 5.3
愛媛県 216 104 2.1
高知県 87 18 4.8
福岡県 1,240 218 5.7
佐賀県 184 37 5.0
長崎県 226 53 4.3
熊本県 314 53 5.9
大分県 353 65 5.4
宮崎県 121 30 4.0
鹿児島県 232 72 3.2
沖縄県 337 46 7.3

女性警察官

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 326 64 5.1
青森県 45 10 4.5
岩手県 35 10 3.5
宮城県 80 8 10.0
秋田県 21 5 4.2
山形県 50 11 4.5
福島県 52 17 3.1
茨城県 152 22 6.9
栃木県 49 9 5.4
群馬県 120 22 5.5
埼玉県 487 74 6.6
千葉県 318 62 5.1
警視庁 2,529 294 8.6
神奈川県 428 85 5.0
山梨県 81 10 8.1
新潟県 63 14 4.5
長野県 132 19 6.9
富山県 55 14 3.9
石川県 44 9 4.9
福井県 39 22 1.8
静岡県 123 31 4.0
岐阜県 99 17 5.8
愛知県 365 35 10.4
三重県 53 12 4.4
滋賀県 74 12 6.2
京都府 188 27 7.0
大阪府 1,620 206 7.9
兵庫県 277 54 5.1
奈良県 59 8 7.4
和歌山県 55 12 4.6
鳥取県 24 8 3.0
島根県 38 12 3.2
岡山県 54 13 4.2
広島県 162 27 6.0
山口県 68 9 7.6
徳島県 21 15 1.4
香川県 43 6 7.2
愛媛県 44 15 2.9
高知県 30 12 2.5
福岡県 276 47 5.9
佐賀県 31 9 3.4
長崎県 68 16 4.3
熊本県 94 18 5.2
大分県 75 16 4.7
宮崎県 29 10 2.9
鹿児島県 49 18 2.7
沖縄県 62 12 5.2

【大卒】消防官 倍率一覧

消防官の倍率ランキング

ここでは、「大学卒業程度」を対象とした実施結果をまとめています。

2020年~2018年の3年分を掲載。

2020年(令和2年度)

政令指定都市の情報をまとめています。

※一部の自治体は試験情報(リンク)をまとめています。

自治体 受験者 合格者 倍率
札幌市 121 34 3.6
仙台市 162 24 6.8
さいたま市 255 38 6.7
千葉市 226 20 11.3
東京特別区 2,976 437 6.8
横浜市 772 170 4.5
川崎市 219 41 5.3
相模原市 175 25 7.0
新潟市 89 10 8.9
静岡市 92 17 5.4
浜松市 31 9 3.4
名古屋市 302 75 4.0
京都市 251 34 7.4
大阪市 1043 86 12.1
堺市 99 20 5.0
神戸市 171 28 6.1
岡山市 11
広島市 51 4 12.8
福岡市 301 23 13.1
北九州市 132 13 10.2
熊本市 85 6 14.2

2019年(令和元年度)

政令指定都市の情報をまとめています。

※一部の自治体は試験情報(リンク)をまとめています。

自治体 受験者 合格者 倍率
札幌市 117 38 3.1
仙台市 168 23 7.3
さいたま市 299 35 8.5
千葉市 166 14 11.9
東京特別区 5,148 517 10.0
横浜市 743 166 4.5
川崎市 216 31 7.0
相模原市 153 35 4.4
新潟市 67 19 3.5
静岡市 105 18 5.8
浜松市 33 4 8.3
名古屋市 285 35 8.1
京都市 274 32 8.6
大阪市 603 107 5.6
堺市 118 12 9.8
神戸市 116 34 3.4
岡山市 73 12 6.1
広島市 59 5 11.8
福岡市 261 22 11.9
北九州市 136 14 9.7
熊本市 107 10 10.7

2018年(平成30年度)

政令指定都市の情報をまとめています。

※一部の自治体は試験情報(リンク)をまとめています。

自治体 受験者 合格者 倍率
札幌市 161 26 6.2
仙台市 222 32 6.9
さいたま市 307 37 8.3
千葉市 200 15 13.3
東京特別区 6,043 465 13.0
横浜市 880 160 5.5
川崎市 199 31 6.4
相模原市 132 22 6.0
新潟市 128 22 5.8
静岡市 101 13 7.8
浜松市 50 7 7.1
名古屋市 366 36 10.2
京都市 289 39 7.4
大阪市 582 66 8.8
堺市 163 20 8.2
神戸市 85 26 3.3
岡山市 13
広島市 81 6 13.5
福岡市 356 18 19.8
北九州市 196 20 9.8
熊本市 104 7 14.9

【高卒】国家公務員 倍率一覧

国家公務員の倍率ランキング

ここでは、「高校卒業程度」を対象とした実施結果をまとめています。

2020年~2018年の3年分を掲載。

※大卒でも年齢要件を満たしていれば受験できる試験もあります。

2020年(令和2年度)

次の職種に関してまとめています。

  • 国家一般職
  • 税務職員
  • 裁判所事務官
  • ※刑務官
  • ※海上保安学校学生

参考にしてください。

国家一般職

※志望倍率です。

傾向や対策方法を「【難易度低下】国家一般職採用試験 倍率の推移|合格ロードマップ」で解説しています。

区分 ※申込者 合格者 倍率
事務北海道 672 83 8.1
事務東北 912 128 7.1
事務関東甲信越 6,077 1,428 4.3
事務東海北陸 818 125 6.5
事務近畿 824 119 6.9
事務中国 562 52 10.8
事務四国 301 34 8.9
事務九州 1,575 180 8.8
事務沖縄 465 38 12.2
技術北海道 92 72 1.3
技術東北 145 98 1.5
技術関東甲信越 335 184 1.8
技術東海北陸 118 62 1.9
技術近畿 80 47 1.7
技術中国 59 32 1.8
技術四国 52 25 2.1
技術九州 339 198 1.7
技術沖縄 9 2 4.5
農業土木 235 118 2.0
林業 154 50 3.1

税務職員

※志望倍率です。

傾向や対策方法を「国税専門官 / 税務職員採用試験 倍率の推移|対策ロードマップ」で解説しています。

区分 ※申込者 合格者 倍率
北海道 301 63 4.8
東北 536 136 3.9
関東甲信越 2,890 615 4.7
東海北陸 753 193 3.9
近畿 853 254 3.4
中国 434 141 3.1
四国 247 92 2.7
九州 1,029 139 7.4
沖縄 167 39 4.3

裁判所職員

※志望倍率です。

傾向や対策方法を「裁判所職員一般職採用試験 倍率の低下がハンパない|対策ロードマップ」で解説しています。

区分 ※申込者 合格者 倍率
北海道 337 10 33.7
東北 367 18 20.4
関東甲信越 605 41 14.8
東海北陸 335 15 22.3
近畿 447 11 40.6
中国 236 14 16.9
四国 163 12 13.6
九州 1,259 41 30.7

刑務官A(男性)

※志望倍率です。

傾向や対策方法を「刑務官採用試験 倍率10倍超えで高難易度|合格ロードマップ」で解説しています。

区分 ※申込者 合格者 倍率
北海道 198 68 2.9
東北 188 41 4.6
関東甲信越 937 83 11.3
東海北陸 197 65 3.0
近畿 539 83 6.5
中国 132 31 4.3
四国 111 37 3.0
九州 691 84 8.2
沖縄 315 2 157.5

刑務官B(女性)

※志望倍率です。

傾向や対策方法を「刑務官採用試験 倍率10倍超えで高難易度|合格ロードマップ」で解説しています。

区分 ※申込者 合格者 倍率
北海道 85 32 2.7
東北 67 30 2.2
関東甲信越 345 76 4.5
東海北陸 78 21 3.7
近畿 162 46 3.5
中国 51 18 2.8
四国 22 6 3.7
九州 326 47 6.9

海上保安学校学生

※志望倍率です。

傾向や対策方法を「海上保安学校学生採用試験 倍率の推移|対策ロードマップ」で解説しています。

区分 ※申込者 合格者 倍率
船舶運航システム課程
(特別)
4,958 967 5.1
船舶運航システム課程 3,310 556 6.0
航空課程
情報システム課程 195 63 3.1
管制課程 83 26 3.2
海洋科学課程 86 18 4.8

2019年(令和元年度)

次の職種に関してまとめています。

  • 国家一般職
  • 税務職員
  • 裁判所事務官
  • ※刑務官
  • ※海上保安学校学生

参考にしてください。

国家一般職

区分 受験者 合格者 倍率
事務北海道 587 82 7.2
事務東北 670 123 5.4
事務関東甲信越 7,016 1,439 4.9
事務東海北陸 629 159 4.0
事務近畿 855 141 6.1
事務中国 417 54 7.7
事務四国 239 42 5.7
事務九州 1,570 199 7.9
事務沖縄 324 66 4.9
技術北海道 88 54 1.6
技術東北 118 78 1.5
技術関東甲信越 293 184 1.6
技術東海北陸 83 49 1.7
技術近畿 69 39 1.8
技術中国 54 37 1.5
技術四国 47 25 1.9
技術九州 259 133 1.9
技術沖縄 8 3 2.7
農業土木 207 84 2.5
林業 158 46 3.4

税務職員

区分 受験者 合格者 倍率
北海道 215 49 4.4
東北 568 121 4.7
関東甲信越 2,166 632 3.4
東海北陸 726 166 4.4
近畿 479 156 3.1
中国 352 74 4.8
四国 204 49 4.2
九州 883 184 4.8
沖縄 119 24 5.0

裁判所職員

区分 受験者 合格者 倍率
北海道 246 10 24.6
東北 230 8 28.8
関東甲信越 554 32 17.3
東海北陸 282 15 18.8
近畿 414 16 25.9
中国 240 10 24.0
四国 122 5 24.4
九州 1,052 34 30.9

刑務官A(男性)

区分 受験者 合格者 倍率
北海道 300 33 9.1
東北 530 44 12.0
関東甲信越 2,196 158 13.9
東海北陸 365 69 5.3
近畿 756 78 9.7
中国 436 46 9.5
四国 137 31 4.4
九州 1,157 133 8.7
沖縄 332 5 66.4

刑務官B(女性)

区分 受験者 合格者 倍率
北海道 131 30 4.4
東北 204 24 8.5
関東甲信越 756 90 8.4
東海北陸 165 32 5.2
近畿 206 80 2.6
中国 169 36 4.7
四国 47 8 5.9
九州 527 50 10.5

海上保安学校学生

区分 受験者 合格者 倍率
船舶運航システム課程
(特別)
4,874 890 5.5
船舶運航システム課程 1,334 433 3.1
航空課程 124 34 3.6
情報システム課程 148 54 2.7
管制課程 31 12 2.6
海洋科学課程 58 23 2.5

2018年(平成30年度)

次の職種に関してまとめています。

  • 国家一般職
  • 税務職員
  • 裁判所事務官
  • ※刑務官
  • ※海上保安学校学生

参考にしてください。

国家一般職

区分 受験者 合格者 倍率
事務北海道 535 59 9.1
事務東北 614 112 5.5
事務関東甲信越 6,933 1,877 3.7
事務東海北陸 468 143 3.3
事務近畿 746 154 4.8
事務中国 397 56 7.1
事務四国 204 37 5.5
事務九州 1,313 172 7.6
事務沖縄 279 45 6.2
技術北海道 90 48 1.9
技術東北 111 57 1.9
技術関東甲信越 375 193 1.9
技術東海北陸 99 49 2.0
技術近畿 71 31 2.3
技術中国 56 30 1.9
技術四国 49 23 2.1
技術九州 188 102 1.8
技術沖縄 8 3 2.7
農業土木 204 65 3.1
林業 161 33 4.9

税務職員

区分 受験者 合格者 倍率
北海道 278 51 5.5
東北 755 144 5.2
関東甲信越 2,755 671 4.1
東海北陸 882 176 5.0
近畿 662 150 4.4
中国 388 67 5.8
四国 215 39 5.5
九州 940 180 5.2
沖縄 103 18 5.7

裁判所職員

区分 受験者 合格者 倍率
北海道 621 30 20.7
東北 402 11 36.5
関東甲信越 227 15 15.1
東海北陸 311 10 31.1
近畿 983 25 39.3
中国 264 10 26.4
四国 120 8 15.0
九州 164 13 12.6

刑務官A(男性)

区分 受験者 合格者 倍率
北海道 183 63 2.9
東北 170 47 3.6
関東甲信越 930 243 3.8
東海北陸 207 57 3.6
近畿 450 65 6.9
中国 179 49 3.7
四国 101 29 3.5
九州 520 39 13.3
沖縄 394 18 21.9

刑務官B(女性)

区分 受験者 合格者 倍率
北海道 85 24 3.5
東北 47 16 2.9
関東甲信越 327 61 5.4
東海北陸 64 23 2.8
近畿 136 32 4.3
中国 67 18 3.7
四国 36 6 6.0
九州 267 9 29.7

海上保安学校学生

区分 受験者 合格者 倍率
船舶運航システム課程
(特別)
5,169 1,028 5.0
船舶運航システム課程 2,081 444 4.7
航空課程 118 30 3.9
情報システム課程 129 81 1.6
管制課程 50 21 2.4
海洋科学課程 43 16 2.7

【高卒】都道府県職員 倍率一覧

都道府県の倍率ランキング

事務系の倍率をまとめています。

2019年(令和元年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 546 210 2.6
青森県 163 6 27.2
岩手県 310 81 3.8
宮城県 315 38 8.3
秋田県 49 8 6.1
山形県 86 20 4.3
福島県 98 15 6.5
茨城県 487 84 5.8
栃木県 91 6 15.2
群馬県 86 9 9.6
埼玉県 264 20 13.2
千葉県 955 109 8.8
東京都 909 70 13.0
神奈川県 209 15 13.9
山梨県 12 3 4.0
新潟県 104 16 6.5
長野県 79 5 15.8
富山県 32 9 3.6
石川県 54 8 6.8
福井県 13 3 4.3
静岡県 84 5 16.8
岐阜県 77 32 3.0
愛知県 156 20 7.8
三重県 70 9 7.8
滋賀県 21 4 5.3
京都府 50 8 6.3
大阪府 337 68 5.0
兵庫県 100 12 8.3
奈良県 15 3 5.0
和歌山県 28 2 14.0
鳥取県 70 15 4.7
島根県 58 21 2.8
岡山県 51 6 8.5
広島県 61 13 4.7
山口県 84 12 7.0
徳島県 74 5 14.8
香川県 15 2 7.5
愛媛県 43 18 2.4
高知県 91 15 6.1
福岡県 231 57 4.1
佐賀県 84 6 14.0
長崎県 40 10 4.0
熊本県 114 13 8.8
大分県 112 15 7.5
宮崎県 241 26 9.3
鹿児島県 172 29 5.9
沖縄県 610 1 610.0

【高卒】市役所職員 倍率一覧

市役所の倍率ランキング

主な市役所(政令指定都市)の事務職をまとめています。

2019年(令和元年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
札幌市 250 26 9.6
仙台市 192 25 7.7
さいたま市 114 17 6.7
千葉市 114 21 5.4
東京特別区 3663 476 7.7
横浜市 580 43 13.5
川崎市 171 12 14.3
相模原市 83 13 6.4
新潟市 65 3 21.7
静岡市 21 2 10.5
浜松市 37 2 18.5
名古屋市 146 12 12.2
京都市 49 2 24.5
大阪市 157 34 4.6
堺市 59 5 11.8
神戸市 57 4 14.3
岡山市 43 2 21.5
広島市 90 15 6.0
福岡市 382 40 9.6
北九州市 152 13 11.7
熊本市 195 32 6.1

【高卒】警察官 倍率一覧

警察官の倍率ランキング

ここでは、「高校卒業程度」を対象とした実施結果をまとめています。

2020年~2018年の3年分を掲載。

2020年(令和2年度)

自治体によっては年に※2~3回実施していることがあります。

※合算して算出しています。
※一部の自治体は試験情報(リンク)をまとめています。

男性警察官

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道
青森県
岩手県 135 35 3.9
宮城県 223 57 3.9
秋田県 123 33 3.7
山形県 168 37 4.5
福島県 189 71 2.7
茨城県 344 65 5.3
栃木県 168 39 4.3
群馬県 351 59 5.9
埼玉県 965 150 6.4
千葉県 663 217 3.1
警視庁
神奈川県 1,717 282 6.1
山梨県 82 10 8.2
新潟県 293 76 3.9
長野県 324 48 6.8
富山県
石川県 110 25 4.4
福井県 101 40 2.5
静岡県
岐阜県 212 37 5.7
愛知県 521 160 3.3
三重県 133 26 5.1
滋賀県
京都府
大阪府 2,593 443 5.9
兵庫県
奈良県 146 32 4.6
和歌山県 117 23 5.1
鳥取県 59 17 3.5
島根県 56 19 2.9
岡山県 234 36 6.5
広島県 433 76 5.7
山口県
徳島県 107 50 2.1
香川県 171 28 6.1
愛媛県 207 64 3.2
高知県
福岡県 1,462 113 12.9
佐賀県
長崎県 229 46 5.0
熊本県 284 47 6.0
大分県 120 36 3.3
宮崎県
鹿児島県 164 50 3.3
沖縄県 407 51 8.0

女性警察官

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道
青森県
岩手県 40 12 3.3
宮城県 75 10 7.5
秋田県 36 8 4.5
山形県 53 9 5.9
福島県 49 19 2.6
茨城県 101 17 5.9
栃木県 38 5 7.6
群馬県 106 11 9.6
埼玉県 286 45 6.4
千葉県 216 58 3.7
警視庁
神奈川県 480 74 6.5
山梨県 36 10 3.6
新潟県 59 12 4.9
長野県 106 20 5.3
富山県
石川県 35 7 5.0
福井県 44 8 5.5
静岡県
岐阜県 106 15 7.1
愛知県 142 37 3.8
三重県 56 11 5.1
滋賀県
京都府
大阪府 739 143 5.2
兵庫県
奈良県 37 6 6.2
和歌山県 51 7 7.3
鳥取県 17 8 2.1
島根県 18 6 3.0
岡山県 64 9 7.1
広島県 135 12 11.3
山口県
徳島県 37 15 2.5
香川県 57 6 9.5
愛媛県 62 8 7.8
高知県
福岡県 462 45 10.3
佐賀県
長崎県 91 20 4.6
熊本県 98 12 8.2
大分県 47 13 3.6
宮崎県
鹿児島県 83 15 5.5
沖縄県 124 16 7.8

2019年(令和元年度)

自治体によっては年に※2~3回実施していることがあります。

※合算して算出しています。
※一部の自治体は試験情報(リンク)をまとめています。

男性警察官

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 2,047 391 5.2
青森県 212 39 5.4
岩手県 141 39 3.6
宮城県 194 47 4.1
秋田県 117 44 2.7
山形県 168 27 6.2
福島県 220 78 2.8
茨城県 353 94 3.8
栃木県 187 36 5.2
群馬県 410 51 8.0
埼玉県 1,221 224 5.5
千葉県 1,115 194 5.7
警視庁 4,119 336 12.3
神奈川県 2,159 245 8.8
山梨県 61 13 4.7
新潟県 185 56 3.3
長野県 343 60 5.7
富山県 90 23 3.9
石川県 91 18 5.1
福井県 99 32 3.1
静岡県 262 94 2.8
岐阜県 210 50 4.2
愛知県 942 204 4.6
三重県 106 38 2.8
滋賀県 63 15 4.2
京都府 653 72 9.1
大阪府 5,742 843 6.8
兵庫県 1,143 210 5.4
奈良県 132 27 4.9
和歌山県 106 30 3.5
鳥取県 119 20 6.0
島根県 59 21 2.8
岡山県 228 46 5.0
広島県 491 70 7.0
山口県 167 66 2.5
徳島県 92 42 2.2
香川県 207 25 8.3
愛媛県 172 56 3.1
高知県 99 26 3.8
福岡県 658 135 4.9
佐賀県 136 34 4.0
長崎県 260 44 5.9
熊本県 273 32 9
大分県 138 17 8
宮崎県 166 47 3.5
鹿児島県 157 49 3.2
沖縄県 430 35 12.3

女性警察官

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 703 133 11.7
青森県 59 12 4.9
岩手県 41 7 5.9
宮城県 79 9 8.8
秋田県 37 11 3.4
山形県 54 8 6.8
福島県 77 14 5.5
茨城県 94 14 6.7
栃木県 54 10 5.4
群馬県 116 10 11.6
埼玉県 389 66 5.9
千葉県 325 35 9.3
警視庁 1,298 83 15.6
神奈川県 669 82 8.2
山梨県 36 6 6.0
新潟県 72 18 4.0
長野県 100 17 5.9
富山県 46 9 5.1
石川県 28 7 4.0
福井県 40 8 5.0
静岡県 86 15 5.7
岐阜県 80 10 8.0
愛知県 278 38 7.3
三重県 48 6 8.0
滋賀県 28 6 4.7
京都府 162 30 5.4
大阪府 1643 166 9.9
兵庫県 376 58 6.5
奈良県 23 5 4.6
和歌山県 55 15 3.7
鳥取県 71 16 4.4
島根県 23 6 3.8
岡山県 63 6 10.5
広島県 161 14 11.5
山口県 71 16 4.4
徳島県 33 20 1.7
香川県 54 5 10.8
愛媛県 57 9 6.3
高知県 26 4 6.5
福岡県 229 36 6.4
佐賀県 32 3 10.7
長崎県 84 12 7.0
熊本県 94 10 9.4
大分県 34 9 3.8
宮崎県 50 14 3.6
鹿児島県 82 19 4.3
沖縄県 120 12 10.0

2018年(平成30年度)

自治体によっては年に※2~3回実施していることがあります。

※合算して算出しています。
※一部の自治体は試験情報(リンク)をまとめています。

男性警察官

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 2,233 271 8.2
青森県 247 41 6.0
岩手県 162 33 4.9
宮城県 235 56 4.2
秋田県 123 20 6.2
山形県 193 27 7.1
福島県 191 61 3.1
茨城県 229 57 4.0
栃木県 285 48 5.9
群馬県 392 54 7.3
埼玉県 1,273 164 7.8
千葉県 318 62 5.1
警視庁 2,336 353 6.6
神奈川県 1,623 233 7.0
山梨県 85 12 7.1
新潟県 201 64 3.1
長野県 374 61 6.1
富山県 94 27 3.5
石川県 103 18 5.7
福井県 111 36 3.1
静岡県 273 86 6.0
岐阜県 231 50 4.6
愛知県 1,020 201 11.0
三重県 111 38 2.9
滋賀県 62 9 6.9
京都府 606 104 5.8
大阪府 6,197 1,211 5.1
兵庫県 1,250 231 5.4
奈良県 147 20 7.4
和歌山県 149 24 6.2
鳥取県 54 19 2.8
島根県 59 21 2.8
岡山県 228 34 6.7
広島県 571 58 9.8
山口県 189 51 3.7
徳島県 95 44 2.2
香川県 193 25 7.7
愛媛県 195 73 2.7
高知県 109 33 3.3
福岡県 1,507 141 10.7
佐賀県 228 22 10.4
長崎県 338 47 7.2
熊本県 400 36 11.1
大分県 153 26 5.9
宮崎県 162 46 3.5
鹿児島県 204 32 6.4
沖縄県 535 39 13.7

女性警察官

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 702 76 9.2
青森県 86 10 8.6
岩手県 36 7 5.1
宮城県 91 9 10.1
秋田県 48 12 4.0
山形県 54 6 9.0
福島県 70 16 4.4
茨城県 66 12 5.5
栃木県 60 8 7.5
群馬県 113 9 12.6
埼玉県 329 29 11.3
千葉県 281 51 5.5
警視庁 883 93 9.5
神奈川県 507 70 7.2
山梨県 33 6 5.5
新潟県 64 10 6.4
長野県 96 14 6.9
富山県 30 4 7.5
石川県 37 4 9.3
福井県 43 14 3.1
静岡県 69 14 4.9
岐阜県 86 10 8.6
愛知県 308 25 12.3
三重県 52 11 4.7
滋賀県 21 6 3.5
京都府 139 16 8.7
大阪府 1696 227 7.5
兵庫県 368 43 8.6
奈良県 29 6 4.8
和歌山県 58 19 3.1
鳥取県 23 9 2.6
島根県 24 7 3.4
岡山県 59 6 9.8
広島県 171 15 11.4
山口県 63 11 5.7
徳島県 51 15 3.4
香川県 70 5 14.0
愛媛県 54 11 4.9
高知県 51 9 5.7
福岡県 267 28 9.5
佐賀県 87 4 21.8
長崎県 92 7 13.1
熊本県 138 12 11.5
大分県 47 12 3.9
宮崎県 53 12 4.4
鹿児島県 75 13 5.8
沖縄県 144 14 10.3

【高卒】消防官 倍率一覧

消防官の倍率ランキング

主な市役所(政令指定都市)の倍率をまとめています。

2019年(令和元年度)

自治体 区分 受験者 合格者 倍率
札幌市 消防吏員 191 24 8.0
仙台市 高卒の部 234 10 23.4
さいたま市 消防 302 25 12.1
千葉市 消防士 376 34 11.1
東京消防庁 消防官Ⅲ類 5723 209 27.4
横浜市 消防 548 58 9.4
川崎市 消防士 205 25 8.2
相模原市 消防 74 6 12.3
新潟市 消防士 151 20 7.6
静岡市 消防士 64 15 4.3
浜松市 Ⅲ類消防士 42 4 10.5
名古屋市 第2類・消防 371 59 6.3
京都市 中級・消防 253 21 12.0
大阪市 消防吏員B(男)Ⅰ 429 54 7.9
消防吏員B(女)Ⅰ 10 5 2.0
堺市 消防吏員 133 5 26.6
神戸市 消防 168 27 6.2
岡山市 消防(B) 非公表 4
広島市 消防 540 63 8.6
福岡市 消防吏員B 486 29 16.8
北九州市 消防士 173 7 24.7
熊本市 消防職 157 9 17.4

公務員試験 倍率まとめ

本記事では、主な試験の倍率をまとめていました。

これは最終的な倍率ですが、実際にはもっと低くなります。

理由は、記念受験者や対策をしていない人も混ざっているからです。

本気で目指している人は、これらの70~80%くらいなので、倍率にダマされないように対策をしましょう!

関連記事公務員試験の内容を徹底解説|これから始める合格ガイドマップ