【2021年】裁判所事務官(一般職) 試験日程はいつ?最終合格までのロードマップ

  • 裁判所事務官と他の国家公務員は一緒に受けれるの?
  • 最終合格までの流れは?
  • 一次、二次の試験日は?

裁判所の公務員試験を受けるときに「国家一般職」や「県職員」も一緒に受験できるのか考える人は多いはず。

結論からいうと、複数の試験を受けることはできますよ!

なぜなら、試験日が違うからです。

他試験の試験日程を知りたい場合は「【2021年版】公務員試験 日程一覧|大卒・高卒に対応!」をご覧ください。

とはいえ、裁判所事務官の試験内容は幅広いため、試験日から逆算して計画を立てる必要があります。

ノープランで勉強するだけでは、時間がどれだけあっても終わりません。

そこで本記事では、出願から最終合格までの流れについて解説しています。

 

記事を書いている僕は国立大学のキャリア支援課で公務員試験の指導をしつつ、このサイトを運営しているという感じです。キャリアは11年目になりました。

“江本”

 

試験ごとの対策内容もまとめているので、すぐに傾向を知ることもできますよ。

これから裁判所事務官になりたい人は必見です。

関連記事【倍率の推移】裁判所事務官の難易度が高い3つの理由|対策ロードマップ

【大卒程度】裁判所事務官(一般職) 実施要項の配布及び出願の日程

裁判所事務官 試験日程 (4)

裁判所事務官の選考は、

出願⇒一次試験⇒二次試験⇒最終合格

という、流れで実施されています。

まずは出願をしないことには、受験できないので注意しましょう。

2021年度(令和3年度)の出願期間は、「令和3年4月1日〜9日」です。

郵送での出願もできるけど、インターネットでの出願を推奨しているので、極力、使ってくださいね。

 

江本

期間が短いので出し忘れに注意!

 

 

【大卒程度】裁判所事務官(一般職) 一次試験(筆記)の日程と合格発表

裁判所事務官 試験日程 (3)

  • 試験日:令和3年5月8日(土)
  • 合格発表:令和3年5月28日

全国一斉に試験が行われます。

試験内容は、

  • 基礎能力試験
  • 専門試験(択一式)
  • 専門試験(記述式)
  • 論文試験

と、盛沢山なので計画を立てて対策するようにしましょう。

 

相談者

どれくらいから勉強すればいいの?

 

「これ!」とった解答はありませんが、多くの人は1年前くらいから始めていますよ

大学生なら3年生になるタイミングや夏休みに入ったころですね。

やることが多いので、余裕をもってはじめましょう。

 

【大卒程度】裁判所事務官(一般職) 二次試験(面接)の日程と最終合格発表

裁判所事務官 試験日程 (2)

  • 試験日:令和3年6月7日〜7月2日
  • 最終合格:令和3年7月30日

この期間中に、指定された1日で実施します。

二次試験は個人面接が行われますよ。

 

江本

配点が約50%あるので、かなり人物重視です!

 

最終合格すると、翌年3月までに、採用者説明会や面談などがあります。

そして、4月から配属先にて勤務がはじまりますよ!

 

【大卒程度】裁判所事務官(一般職) 試験日程まとめ

裁判所事務官 試験日程

本記事は、裁判所事務官一般職(大卒程度)の試験日をまとめていました。

 

合格までの流れ
  1. 出願
  2. 一次試験
  3. 二次試験
  4. 最終合格

 

試験日を把握することは、効率よく対策するために必要です。

落ちる人ほど、ノープランで対策する傾向が強いです。

たくさんの試験があるので、適当に対策しても意味がありません。

短い期間でも、しっかり計画を立てることができれば、合格は十分できますよ。

まずは全体像を把握して、勉強をはじめてみましょう。