【質問あり】財務専門官は面接カードの書き方が重要|足切りの基準とは

zaimu^interview (1)

財務専門官の志望者

今度、財務専門官の面接試験があります。足切り?があると聞いたけど本当?あと面接カードの書き方なども知りたいな。

知らない人も多いのですが、面接でも一定の基準をクリアできないと落ちます。

この基準がいわゆる足切りです。

 

記事を書いている僕は国立大学のキャリア支援課で公務員試験の指導をしつつ、このサイトを運営しているという感じです。キャリアは11年目になりました。

“江本”

 

今回は国家公務員「財務専門官」を受験する方向けに面接カードのダウンロードや書き方を解説していきます。

また、過去に聞かれた質問もまとめているので参考にしてください。

本記事を読むことで、面接で足切りされない方法を知ることができますよ。

結論をいうと、面接の評価基準はA~Eの5段階あり、D、E評価がつくと不合格です。

関連記事【難易度は?】財務専門官採用試験 倍率の推移|対策ロードマップ

【財務専門官】面接試験の倍率は?傾向や流れを確認しよう

zaimu^interview (2)

面接は二次選考で行われる人物面を評価する試験です。

長所や志望動機などに関連した質問をすることで受験者の、

  • 公務員としての適性
  • 仕事に対する熱意
  • コミュニケーション能力

といった人間力を判断します。

財務専門官の面接倍率(合格率)は平均60%で、筆記試験(40%)よりも難易度はひくい傾向があります。

とはいえ、対策せずに合格することは難しいので早めに準備することが大切です。

面接の形式

  • 受験者:1名
  • 面接官:3名

内容は個人面接です。

面接の時間

試験時間は15分です。

受験者によって5分くらい前後しますが、合格に影響はありません。

 

江本

短くて受かった人もいますし、逆に落ちる人もいますよ!

面接の評価基準

個人面接は次の5項目に沿って評価されます。

  • 積極性
  • 協調性
  • 責任感
  • 精神安定性
  • 表現力

項目ごとにA~Eの5段階で評価され、総合評価されます。

なお、D,E評価がついた場合は、即不合格になるため注意が必要です。

不合格になるNG行動を以下の記事で解説しています。参考にしてください。

公務員試験 面接の対策法|落ちる人に共通する5つの特徴 

【財務専門官】面接カードとは|内容や書き方を解説!

zaimu^ianterview

面接カードとは、面接で使われる資料のことです。

面接官は提出された面接カードに沿って質問してきます

なので、わかりやすく丁寧に作成することが大切。

面接カードのダウンロード|提出はいつする?

面接カードは人事院のサイトからダウンロードします。

ダウンロードは一次試験の合格発表後からでき、作成した面接カードは二次試験の当日に提出します。

合格発表から10日くらいしか期間がないため、昨年度のデータを使って早めに準備しておきましょう。

 

江本

内容は基本的に同じなんですよね。

面接カードの内容

  • 最終学歴
  • 職歴
  • 志望動機・受験動機
  • 専攻分野・得意分野[ 学業や職務経験に通じたもの]
  • 最近関心や興味を持った事柄(社会生活、時事問題、社会情勢など)
  • 印象深かったこれまでの体験(学校生活や職務、ボランティア活動、アルバイトなどの体験を通じて)
  • 自己PR(長所や人柄について)
  • 趣味、特技など

一般的な面接カードに比べると、項目は少ないですよ。

昨年度(令和2年度)の面接カードは、下記よりダウンロードできます。

実際に書いて、添削を受けましょう!

財務専門官 面接カードをダウンロードする(PDF)

面接カードの書き方はPREP法を使う

僕自身、多くの面接カードを添削していますが、書き方を知らない人は多いです。

文章が苦手な人は「PREP法」を使って書くことをおすすめしています。

PREP法とは
文章を簡潔・論理的に伝える型のこと。

  • P:結論、主張(Point)
  • R:理由、根拠(Reason)
  • E:例、体験(Example)
  • P:結論、主張(Point)文章に自信がなくても、PREP法にしたがって書けば伝わりやすい内容が書けます。

 

この型は「結論→理由→具体例」の順番で書くので、ストレスなく読みやすいです。

面接官は試験当日の短時間だけで大まかな内容を把握しなくてはいけません。

なので、わかりにくい文章は最悪なんですね。

パッと見て意味がわかる文を作ってください。

なお、添削サービスを探している人は「ココナラ 」がおすすめです。

サイトの検索欄から「公務員 願書添削」で検索して、気に入った人のオファーしてみましょう。

【財務専門官】面接の過去問|聞かれた質問を公開

zaimu^interview (3)

ここでは過去に聞かれた質問を項目ごとにまとめています。

面接は「想定される質問をもとに回答を準備していくこと」が対策として有効です。

自分の言葉で回答できるか一つずつ考えてみましょう。

自己PRに関連した質問

  • 自己PRをしてください。
  • 長所を財務専門官として、どのように活かしますか。
  • 趣味や特技を簡潔に言ってください。
  • あなたの欠点は何ですか。それをどうやって克服していますか。
  • 今後伸ばしていきたい良さは何ですか。
  • 最近、感動した出来事はありますか。

自分自身のことに関する質問は多いです。

今までの経験(部活やサークル、アルバイトなど)を思い起こして、何を感じ・行動してきたのか考えてみましょう。

志望動機や熱意

  • 志望動機を言ってください。
  • 公務員になろうと思ったきっかけは何ですか。
  • なぜ国家公務員を志望するのですか。
  • 財務専門官としてやりたい仕事は何ですか。
  • 新型コロナウイルス対策のために、財務専門官としてできることは何かありますか。
  • 国税専門官ではダメな理由はありますか。
  • 財務専門官の説明会には参加しましたか。

仕事への姿勢や公務員になりたい理由などを聞かれています。

「財務専門官の仕事内容」や「国家公務員の役割・使命」など具体的な体験や生き方などを盛り込んで考えておきましょう。

人間関係などの生活

  • 友人はどれくらいいますか。
  • 友人間であなたはどのような立場ですか。
  • 意見が対立した場合、どうやって解決しますか。
  • ストレスはたまりやすいですか。
  • 関心のある社会問題を教えてください。
  • キャッシュレス生活に興味はありますか。またやろうと思いますか。
  • 政府の行っているコロナ対策についてどう思いますか。

ストレスで潰れる人間は多いです。

そのためストレス耐性や休日の過ごし方などが重要となります。

質問は幅広いため、自己分析をして回答できるように準備しておくことが大切です。

以下の記事でも質問をまとめているので参考にしてください。

財務専門官採用試験 個人面接の教科書

【財務専門官】面接の難易度は低いが対策なしで合格は無理

zaimusenmonkna-study (3)

面接試験は、あまり重要ではありません。

理由は、配点が全体の2割ほどしかないからです。

合格率も60%を超えていて、筆記試験(40%)より難易度は低いです。

とはいえ、対策なしで合格できる人間は一握りほど。

最低限、過去問を何度も読み込んで、すべての質問に答えられるようにしましょう。

そのうえで、2,3回は面接官を置いた練習をしてみてください。

面接の過去問は以下の記事で解説しています。

聞かれた質問を使って、回答を準備していきましょう。