福岡県警察官採用試験(大卒) 論文の過去問|すぐできる対策法を解説!

fukuokapolice-ronbun (2)

こんにちは、江本(@emotokomin)です。

本記事は「福岡県警A(大学卒)の論文試験」に関する情報をまとめています。

記事を読むことで、

 

エコトン

論文の文字数は?どれくらい書けばいいんだろう・・・。
どうやって対策すればいいのかな?

なかっぱ

とほっぴ

どんなテーマが出ているの?

 

といった悩みが解決できます。

論文が書けないのに対策を後回しにする受験者が多いんですよね。

教養試験と違い模範解答がないため、かなり厄介な試験なのに・・・。

とはいえ、対策方法が分かりづらいのも事実です。

そこで、どんな感じで対策をしていけばいいのかをまとめました。

記事を書いている僕は国立大学のキャリア支援課で公務員試験の指導をしつつ、このサイトを運営しているという感じです。キャリアは10年目になりました。

“江本”

はやめに取り掛かっていきましょう!

関連記事【難易度は高い】福岡県警察官採用 倍率の推移|対策ロードマップ

福岡県警察官採用試験 論文対策

fukuokapolice-ronbun

まずは試験時間や文字数などの基礎情報を把握しましょう!

試験時間を確認しよう

試験時間は60分です。

論文では一般的な時間ですね。

60分の中で、

構成→テーマ(題材)の選定→執筆→見直し

を行っていきます。

時間配分がポイントなので、意識して練習しましょう。

文字数は90%埋めよう!

文字数は最大800字です。

そのため目標は9割前後(700字)にしましょう。

具体的に書けば7割は埋まるはずです。

何度か練習して確かめてみましょう。

江本

文字数も評価対象なので、少ないと減点されるんですよね・・・。

書き方を勉強しよう

論文は書き方(文章構成)が超重要です!

内容が良くても、構成が悪ければ読みにくいんですよね。

江本

読書感想文とか得意だったし、問題ないと思う!

という人も一定数いるけど、この考えがマジでヤバい。

なぜなら今まで書いてきた文章の多くは「起承転結」です。

ですが、論文では「論理的な文章」が求められるので、起承転結で書くと評価が低くなります。

そこで、論理的な文章が書けるように勉強しましょう!

おすすめの参考書

よくわかる! 公務員試験(初級)のための論作文術」がおすすめです。

具体例な事例を使いながら文章構成を勉強できます。

手っ取り早く勉強したい人は予備校などを利用するのもありですね。

はやめに取り掛かりましょう。

添削を受けよう

書いた論文は添削を受けて評価をもらいましょう!

なぜなら、一人では弱点が分からないからです。

  • 文章構成
  • テーマの把握
  • 誤字・脱字

などは、一人では評価できません。

そのため、添削を受けて気づく必要があるんですね。

おすすめの添削サービスを「公務員試験 論文の対策法3ステップ|安く添削を受ける方法【書き方解説】」で解説しているので参考にしてください。

また、次の章で出題された内容をまとめています。

併せて確認しておきましょう!

福岡県警察官採用試験 論文テーマ

fukuokapolice-ronbun (1)

論文を書くうえでテーマの把握は重要です。

数年分の出題テーマをまとめているので、書いてみましょう!

2019年(令和元年度)

論文試験のテーマを確認する(PDF:39KB)

2018年(平成30年度)

論文試験のテーマを確認する(PDF:29KB)

2017年(平成29年度)

論文試験のテーマを確認する(PDF:29KB)

福岡県警察官採用試験 論文まとめ

今回のおさらい
  • 試験時間は60分
  • 文字数は800字、9割は埋める
  • 書き方(文章構成)が重要
  • 添削を受けることが上達への近道

教養試験と違い一人では攻略が難しいです。

正確な模範解答は存在しないため、添削を受けて改善していきましょう!

まずは予備校の模試などを使って今の実力を知ってみるのが効果的ですね。

以上です。