【内容まとめ】兵庫県職員採用 面接の過去問|対策法3ステップ【質問あり】

hyogopref-syokuinsaiyo-interview

こんにちは、江本(@emotokomin)です。

本記事は、兵庫県職員採用試験の行政A(大卒程度)を、受験する方向けに「個人面接の内容や対策方法」を解説していきます。

✓主な内容

  • 面接の内容や傾向
  • 面接カードの重要性
  • 過去の質問と対策法

面接は、疑問な部分って多いですよね。

なので、何となく後回しにして、筆記対策ばかりしている人も多いです。

僕自身も、「筆記で高得点取れば、面接対策なんて後でもいいやろ!」って感じで、ガッツリ勉強してました(笑)

江本

結局、面接で評価がもらえず落ちたんですけどね・・・。

でも、この経験を得たからこそ、「面接対策は早い方がいい」という意味がわかります。

江本

やっぱ、面接は大切だったわ!

とはいえ、「何からやればいいのか」分からないと思います。

そこで、この記事では、

  • 面接って、どんな試験なの?
  • 面接カードとかあるの?
  • どんな質問されるの?

という、意味不明な部分を、はじめて受験する方でも、わかるように解説していきます。

記事を書いている僕は国立大学のキャリア支援課で公務員試験の指導をしつつ、このサイトを運営しているという感じです。キャリアは10年目になりました。

“江本”

面接で悩んでいる人は、誰でも参考になるので最後まで、よろしくお願いします!

関連記事 ▶▶▶【行政A】兵庫県職員採用試験 倍率の推移|傾向と対策ロードマップ

【公務員】兵庫県職員採用試験 個人面接の内容

兵庫県庁 面接の内容

まずは、簡単に面接試験の内容を話していきます。

兵庫県の面接は、一人2回あります。

  • 1回目:一次試験の筆記で、基準点を取った人
  • 2回目:一次試験に合格した人

どちらも、面接時間は25分~30分あるので、少し長く感じるかもしれません。

質問は、事前に提出する自己PRカード(面接カード)を参考に聞かれます。

内容が意味不明だと、面接官も困ってしまうので、時間をかけて自己分析をやりましょう。

江本

自己PRカードは、事前にHPでダウンロードして一次試験で提出です。

また、配点が高いので、何も対策をしないと落ちますよ。

  • 1回目:450点
  • 2回目:400点
  • 筆記試験:150点

江本

なお、一次試験の点数は最終結果に使われないリセット方式です

かなり重要度が高い試験なので、はやめに対策してくださいね。

続いて、先ほど少し触れた自己PRカード(面接カード)を深堀していきます。

【公務員】兵庫県職員採用試験 面接カード(自己PR書)

兵庫県庁 面接カードの書き方

面接では、この自己PRカード(面接カード)をもとに行います。

なので、聞いてほしい、アピールしたい内容を書いてください。

そのためには、今までの経験を振り返って考える必要があります。

  • 学生時代に頑張ったことは?
  • 苦労したことは?
  • 達成感を得たことは?

など、考えればたくさん出てくるはず。

ただ、あれもこれも書きすぎないようにしてくださいね。

アピール内容が増えるほど、「結局、何が言いたいの?」と伝わらないからです。

たくさん出していけば、共通する部分が出てくるので、そこを深堀していきましょう。

参考までに、令和2年度の自己PRカードの内容をまとめておきました。

確認して、書いてみましょう!

自己PRカード(面接カード)の内容

  • 県職員志望の動機
  • 専攻学科及びゼミナール・卒論等での研究分野、知識に関する得意分野
  • クラブ・サークル活動や仕事・アルバイト、ボランティア・社会活動など、特に力を入れて取り組んだこと、そこから得たこと
  • 「自分の力で兵庫県をより良くしたい」、「ふるさと兵庫のために、これまで培ってきたことを生かしたい」など、兵庫県への愛着・想い
  • 兵庫県では、①行動力のある人材②課題への対応力を持った人材③斬新な発想を持った人材④責任感のある人材を求めています。あなたの具体的な経験を踏まえて自己PRしてください
  • 資格・免許
  • 併願状況

兵庫県職員(行政A) 自己PRカードをダウンロードする。

 

江本

ちゃんと書けている人は、超少ないです。一人で悩まずに就職課や予備校などを活用しましょう!

安く添削を受けるなら「ココナラ 」というサービスがおすすめです。

自分で添削者を探せるので、依頼してみてはどうですか。

【公務員】兵庫県職員採用試験 個人面接の対策法3ステップ【質問あり】

兵庫県庁 面接カードの対策

面接の内容や、自己PRカードの重要性がわかったら、対策をはじめましょう!

3つのステップで攻略していきますよ。

  1. 事前回答の準備
  2. 自己PRカードの作成
  3. 話す練習

それぞれ解説します。

ステップ①:事前回答の準備

面接対策の基本は、「想定される質問を使いながら、事前回答を準備する」ことです。

本番をシミュレーションした対策にもなるので、コスパがいいんですよね。

ところで、「あなたの長所は何ですか」。

いきなりなんだ。と思ったかもですが、すぐに思いつきましたか?

何でもいいので、言ってみてください。

続いて、「それが長所である根拠は何ですか」。

あなた

・・・うんと、えっと・・・。

はい、詰まりましたね。

こうやって考えることが、対策の基本です。

深堀して考えるので、「具体的で説得力のある話」ができますよ。

過去に聞かれた内容をまとめておくので、回答を作ってみましょう。

一般事務職

  • 兵庫県職員を志望する理由は何ですか。
  • 希望する部署は決まっていますか。
  • 県庁職員の業務内容をどれくらい知っていますか。
  • 県庁職員の仕事をどうやって調べましたか。
  • 今までに県庁に来たことはありますか。
  • 兵庫県の好きなところをPRしてください。
  • 最後に自己PRをしてください。
  • 兵庫県を発展させるには、どうすればいいと思いますか。
  • 兵庫県の問題点と解決策を教えてください。
  • 公務員を志望する理由を言ってください。

 

教育事務職

  • 高校時代に学校事務職員と関わったことはありますか。
  • 学生時代に思っていた学校事務職員の印象を教えてください。
  • 教育事務職がいい理由は何ですか。
  • 教育事務職を目指したのはいつごろからですか。
  • 教育事務職はどのような仕事ですか。
  • 教育事務職の魅力は何ですか。
  • 教育事務職として何がしたいですか。
  • 教育事務職として、どのように貢献したいですか。
  • 教育に興味をもった理由は何ですか。
  • 教師を目指さない理由は何ですか。

小中学校事務職

  • 小中学校事務職の仕事内容を教えてください。
  • 事務職員として、子どもたちにどのようなことをしてあげられますか。
  • 教師をどうやって助けることができますか。
  • 教育事務職ではなく、小中学校事務を志望する理由は何ですか。
  • なぜ、高校ではなく小中を希望するのですか。
  • 兵庫県のために、小中学校事務職員として、どう関わりますか。
  • 子どもたちが学校で学べたと喜んでもらえるために、何ができますか。
  • 子どもたちと関わる機会はそうありませんが、大丈夫ですか。
  • 学校事務の立場から、兵庫県をどう良くしていけると思いますか。
  • 小中学校事務は学校に1人配置ですが、教員とうまくやっていけますか。

警察事務職

  • 警察事務職を知ったきっかけは何ですか。
  • 警察事務職のイメージを言ってください。
  • 警察事務職の仕事内容はどれくらい知っていますか。
  • 警察官の試験は受けていますか。
  • 警察官の試験を受けていない理由は何ですか。
  • 警察官の方が向いていると思いますが、どうですか。

なお、共通して聞かれている質問を「兵庫県職員(行政A) 個人面接の教科書」で公開しています。

併せてご覧ください。

 

ステップ②:自己PRカード(面接カード)の作成

話す内容ができてきたら、自己PRカードに書いてみましょう。

書くときは、

アピールしたいこと⇒理由⇒根拠・経験⇒熱意

の、構成で書けば「読みやすく・説得力」のある文が書けますよ。

先ほども言ったけど、書いたら必ず誰かに見せてくださいね。

江本

自分が良くても、見るのは他人(面接官)ですから・・・。

ステップ③:練習する

最後は、実際にしゃべる練習をしましょう。

考えている内容をスラスラ伝えるのは難しいからです。

また、話す内容よりも、

  • 表情
  • 話し方・視線
  • 姿勢

といった、印象が大切

どれだけ内容が良くても、話し方や表情がヤバいと、評価は上がりません。

ぜひ、スマホで自分の姿を撮影して、客観的な自分を見てみましょう。

なお、評価が悪い人の特徴を「公務員試験 面接の対策法|落ちる人に共通する5つの特徴 」で解説しています。

暇なときにでも、一読してもらえると嬉しいです。

さて、3ステップのおさらいです。

MEMO
  1. 想定質問を使って、回答を準備
  2. 自己PRカードを、分かりやすく作成
  3. 「印象」を意識して、誰かと練習する

このうち、一人で対策できるのは①だけです。

すぐに練習するためにも、はやめに終わらせておきましょう。

【公務員】兵庫県職員採用試験 個人面接まとめ

本記事は、兵庫県職員採用試験(行政A)の個人面接をまとめていました。

内容をまとめると、

MEMO
  • 面接は配点が1番高く、一人2回ある。
  • 自己PRカードをもとに質問される。
  • 対策の基本は「事前回答」をどれだけ作れるか。
  • 一人で、すべてを完了させるのは良くない。

筆記試験と違って、確実な正解がないので対策しにくいです。

でも、面接の評価=合否なので逃げてはダメなんですよね・・・。

まずは筆記対策のスキマ時間を使いながら、自己分析をやってみましょうか。

ここが早く終われば、直前期にガッツリ練習できますからね。

焦る必要はありませんよ。