【ヤバいほど落ちる】愛知県庁職員採用の面接は2回【質問内容あり】

aichipref-interview (2)

愛大の学生

二次試験で面接があります。あまり得意じゃないんですけど、どうやって対策すればいいでしょうか。どんな質問をされるのか知りたいです。

 

面接で聞かれた質問を知ることは重要です。

なぜなら、面接対策の基本は「想定される質問をもとに事前回答を準備すること」だから。

愛知県の面接は1人2回あることから難易度は高く、対策が不十分だと落ちる可能性が高いんですよね。

 

記事を書いている僕は国立大学のキャリア支援課で公務員試験の指導をしつつ、このサイトを運営しているという感じです。キャリアは11年目になりました。

“江本”

 

そこで今回は過去に聞かれた質問内容をまとめていきます。

面接カードの書き方も解説しているので、すぐに対策をはじめることができますよ。

注意
行政Ⅰ・Ⅱを受験する方向けですが、聞かれる質問は区分によって大差ありません。参考にしてください。

関連記事【愛知県庁採用】行政1・2で受かりやすいのは?倍率や難易度を解説!

【愛知県庁職員採用】面接試験とは|内容や難易度を解説します

aichikencyo-mensetsu-naiyo

面接は様々な質問を通して受験者の、

  • 公務員としての適性
  • 人間性
  • コミュニケーション能力

といった筆記試験では評価できない部分を判断する試験です。

内容は個人面接が行われます。

面接試験の難易度(倍率)

面接試験の難易度(倍率)はそこまで高くありません。

直近3年間の平均倍率は1.9倍で、筆記試験(2.3倍)より低いです。

区分ごとに見ると、

  • 行政Ⅰ:1.9倍
  • 行政Ⅱ:2.2倍

となっており、少し行政Ⅱの方が高い傾向があります。

めちゃくちゃ難易度が高いわけではありませんが、対策は早めすることをおすすめします。

 

江本

参考までに名古屋市の平均は2.2倍

面接試験は2回実施

より人物面を重視しているといえます。

面接官の人数は1回目2人、2回目4人です(2020年)。

面接試験の時間

  • 1回目:25分
  • 2回目:30分

一般的な面接時間は15分くらいなので、愛知県は長い傾向がありますよ。

面接試験の点数|足切りに注意

  • 行政Ⅰ:45/100点
  • 行政Ⅱ:55/100点

約50%を占めます。

なお、「一定の基準に達しない場合は、他の試験科目の成績にかかわらず不合格となります。」と足切りがあるので注意が必要です。

 

江本

基準は恐らく3割以下ですね。筆記試験ばかりやっていて面接で足切りは避けたいところ

【愛知県庁職員採用】面接カードとは|内容や書き方を解説

aitikensyokuin-mensetsucard-kakikata

面接カードは面接試験で使われる資料のことです。

面接官は面接カードを参考に質問してくるため、アピールできる経験を書く必要があります。

面接カードの提出はいつ?

試験日に持参して提出します。

面接カードは一次試験の合格通知に同封されているため、試験日までに作成しないといけません。

面接カードの内容

※2020年の内容です。

  • 学歴
  • 職歴
  • 併願状況
  • 資格・免許
  • 趣味・特技
  • 得意科目・得意分野
  • 長所・短所
  • 志望動機(300字程度)
  • これまでに力を入れて取り組んだこととそこから得たもの(250字程度)
  • 関心を持っている社会的問題(150字程度)

面接カードができていないと対策はできません。

内容は例年同じなので、はやめに考えて練習することが重要です。

なお、書くときは「丁寧に、見やすく」書くことを意識するといいですよ。

サンプル(2020年)を置いておくので、下記からダウンロードして活用してください。

愛知県職員採用 面接カードをダウンロードする(PDF)

面接カードの書き方

僕自身、多くの面接カードを添削していますが、書き方を知らない人は多いです。

文章が苦手な人は「PREP法」を使って書くことをおすすめしています。

 

PREP法とは

文章を簡潔・論理的に伝える型のこと。

  • P:結論、主張(Point)
  • R:理由、根拠(Reason)
  • E:例、体験(Example)
  • P:結論、主張(Point)

 

文章に自信がなくても、PREP法にしたがって書けば伝わりやすい内容が書けます。

結論→理由→具体例の順で書くので、ストレスなく読みやすいです

 

江本

ちなみに面接をはじめ、プレゼンなどでも使える型ですよ!

【愛知県庁職員採用試験】面接の過去問|聞かれた質問を公開

aichikensyokuin-mensetsu-shitsumon

ここでは、実際の面接で聞かれた質問を公開しています。

追加質問などそのままなので、流れも把握できますよ。

行政Ⅰの質問 Aさん(24歳 / 大卒 / 無職)

1回目の面接

  • 緊張していますか。
  • 試験会場まではどうやって来ましたか。
    →電車はよく利用するのですか。
  • 志望理由を教えてください。
    →なぜ愛知県を志望するのですか。
  • 希望する部署はありますか。
    →希望しない部署に配属されることもありますが大丈夫ですか。
    →仕事内容はどうやって調べましたか。
  • 公務員はクレームも多いですが大丈夫ですか。
    →クレーム処理をした経験はありますか。
    →クレームが起きないために必要なことは何だと思いますか。
  • 自分の意見を普段から言えていますか。
    →上司と意見が食い違ったらどうしますか。
  • アルバイトは何かしていますか。
    →そのアルバイトを選んだ理由は何ですか。
    →アルバイトではどんな人と話しますか。
  • 趣味や特技は何ですか。
  • 普段からスポーツは何かやっていますか。

2回目の面接

  • 1回目の面接はどうでしたか。
  • 自己PRを1分間でしてください。
  • 愛知県職員を志望した理由は何ですか。
    →名古屋市の受験は考えなかったのですか。
    →国家公務員でなく地方公務員を志望する理由は何ですか。
  • 希望しない仕事を任されたらどうしますか。
  • 趣味や特技は何ですか。
    →いつからはじめたのですか。
    →仕事に活かせますか。
    →どのくらい極めたと思いますか。
  • アルバイトをしていて大変だったことは何ですか。
    →その苦労を乗り越えて得たことは何ですか。
    →その苦労から公務員として活かせることはありますか。
  • 残業が多い部署もありますが大丈夫ですか。
    →残業をどう思っていますか。
  • ストレスを感じるときはどんな時ですか。
    →ストレス解消法はありますか。
  • 健康面で気を付けていることは何かありますか。

行政Ⅰの質問 Bさん(21歳 / 大学生)

1回目の面接

  • 昨日はよく眠れましたか。
  • 愛知県を志望した理由を具体的に教えてください。
  • 長所と短所を教えてください。
    →長所を発揮できたエピソードを言ってください。
  • 学生時代に特に力をいれて取りくんだことは何ですか。
    →ゼミの内容や活動について詳しく教えてください。
    →サークルの内容を教えてください。
  • 公務員のイメージを教えてください。
    →県職員と市職員のイメージは同じですか。違いますか。
  • 趣味は何かありますか。
    →いつからやっていますか。
    →働きながらも続けていきますか。
  • 希望しない部署でも大丈夫ですか。
  • あなたの強みを1つ教えてください。

2回目の面接

  • 自己PRを1分でしてください。
    →もう少し具体的に教えてください。
    →ボランティアは今でも続けていますか。
    →ボランティアで学んだことを仕事にどう活かしますか。
  • アルバイトは何かやっていましたか。
    →アルバイトで工夫したことは何かありますか。
    →アルバイトで苦労したことと学んだことを教えてください。
  • インターシップを行った市役所は受験しますか。
    →愛知県と両方合格したらどうしますか。
    →愛知県と市の違いは何ですか。
  • 採用されたらどんな仕事をしたいですか。
    →希望する部署はありますか。
    →今言った部署以外で興味のある部署はありますか。
    →希望しない部署に配属されることもありますが大丈夫ですか。
    →やりたい仕事ができない場合どうしますか。
  • 県の施策で興味のあることはありますか。
    →より県を発展させるにはどうすればいいですか。

行政Ⅱの質問 Cさん(21歳 / 大学生)

1回目の面接

  • 志望動機を具体的に教えてください。
  • 今までの経験から得られた教訓はありますか。
  • 他人にはないあなたの魅力は何ですか。
  • サークルや部活動はやっていましたか。
    →サークルで学んだことは何ですか。
    →友人間で揉めたときはどうしていましたか。
  • 社会人として働くうえでの心構えを教えてください。
    →社会人と学生の違いは何ですか。
    →社会人として大切なことを3つ言ってください。
  • 集団での活動経験はありますか。
    →チームプレイで必要なことは何ですか。
  • 関心のある社会問題はありますか。
    →普段からニュースなどに関心をもっていますか。
    →情報収集はどうやってしていますか。
  • 今までに最も困難だったことは何ですか。

2回目の面接

  • 今朝はしっかり起きられましたか。
  • 今までの挫折経験を教えてください。
    →そこから得たものをどうやって仕事に活かしますか。
    →挫折したときはどうやって切り替えますか。
    →落ち込んだときに相談できる友人はいますか。
  • 働き方改革を知っていますか。
    →公務員も残業は多いですが大丈夫ですか。
    →残業はどのくらいまで許せますか。
    →残業代も税金から支払われていますがどう思いますか。
  • ストレスはどんなときに溜まりますか。
    →ストレスはどうやって解消していますか。
    →最近ストレスを感じたのはいつですか。
  • 愛知県の魅力は何ですか。
    →気になる施策はありますか。
    →気になる施策はどうやって知りましたか。
  • 地元ではなく愛知県を志望する理由は何ですか。
    →地元の試験は受けますか。
    →地元より愛知県のいいところはどこですか。
  • 楽な部署ときつい部署はどちらがいいですか。
    →きつい経験をしたことはありますか。
  • どんな仕事をしていきたいですか。
    →デスクワークと外回りならどっちがいいですか。
  • 関心のある社会問題を教えてください。
    →どの部署ならその問題を解決できそうですか。
    →解決するために努力していることはありますか。

 

面接では自分の言葉で伝えることがポイントです。

たくさん自分の回答を準備しておくことで、自信を持って望めますよ!

以下の記事でも質問を公開しているので参考にしてください。

愛知県職員採用 個人面接の教科書

【愛知県庁職員採用試験】面接対策を早めにやり落ちない準備をしよう

aichiken-mensetsu-otita

面接試験の内容は個人面接で、筆記試験と違い一人では対策が難しいです。

筆記試験より倍率は低いですが、それでも2人に一人は落ちてしまいます。

MEMO
  • 面接試験の平均倍率は1.9倍
  • 面接は1人2回あるので難易度は高め。
  • 面接の点数は約50%を占め、足切りに注意。
  • 面接カードは合格通知に同封され、二次試験日に提出。
  • 面接カードの書き方は「PREP法」が有効

面接対策の基本は「想定される質問をもとに事前回答を準備する」ことです。

はやめに自己分析をして、内容を考えてください。

過去に聞かれた内容は以下の記事で解説しています。

愛知県職員採用 個人面接の教科書