海上保安学校学生採用(船舶) 個人面接の過去問|合格ガイドマップ

kaiho-interview-kosotsu

こんにちは、江本(@emotokomin)です。

本記事では、「※海上保安学校学生採用(9月実施) 個人面接」の情報をまとめています。
※対象は船舶運航システム課程です。

※特別(5月実施)を受験する人は「海上保安学校学生採用試験(特別) 個人面接の過去問|合格術を解説」をご覧ください。

面接対策を後回しにしている受験者は多いです。

面接の配点は25%しかないため、配点の高い筆記試験に時間をかけるのは仕方がありません。

でも、面接で評価がつかないと一発不合格になりますよ。

実際、筆記試験で8割以上取れた人も、面接D評価で落ちていましたからね。

筆記は5割前後取れれば通過できるため、時間のかけすぎは危険です。

なので、面接対策にも時間を使えるように計画を組んでみましょうね。

ここでは、面接の傾向や質問内容をまとめています。

参考にしてみてください。

関連記事海上保安学校学生採用試験 倍率は低下傾向|合格ロードマップ

【高卒】海上保安学校学生(船舶運航システム) 個人面接の傾向

kaiho-interview-kosotsu-3

江本

二次試験で面接があるけど、どんな準備をすればいいの?

結論をいうと、自己分析をしましょう

  • 今までに頑張ったこと。
  • 苦労・失敗から復活した方法。
  • どんな海上保安官になりたいか。

具体的に言えますか?

面接は、質問を通して「あなたという人間を知る」試験です。

ですので、今までの人生を振り返り自分史を作ることが重要。

試験時間は15分程度あるため、話す内容がないと詰みますよ。

面接カード

面接は、事前に提出する面接カードの内容に沿って質問されます

なので、自分で聞いてほしいことを記入できるんですね。

面接カードの内容は次のとおり。
※2020年のデータです。

  • 受験の動機
  • 印象に残っている体験(学校生活や職務、社会生活、ボランティア活動など)
  • 関心事項(最近関心を持った出来事、取り組んでいることなど)
  • 趣味・特技など
  • 自己PR(自分の長所について)

ちゃんとしたデータを見たい人は下記をどうぞ!

面接カードをダウンロードする(PDF:90KB)

江本

面接官が質問しやすいように、わかりやすく、丁寧に書こう!

評価の観点

一応、評価ルールがあります。

面接官は、次の5観点に沿って評価をつけます。

  • 積極性
  • 堅実性
  • 判断力
  • 表現力
  • 態度

詳細は次のとおり。

積極性

  • 率先して物事に取り組むことができるか。
  • 必要な自己主張ができているか。
  • 優柔不断なところはないか

堅実性

  • 何事においても真面目に取り組めるか。
  • 最後まで諦めずに努力できるか。
  • 組織の一員としての自覚を持っているか

判断力

  • ものごとの判断力は適当か。
  • 集中力はあるか。
  • 自分勝手な行動はしていないか。

表現力

  • 聞かれたことに対する返答は適格か。
  • 話に一貫性があるか。
  • 話し方がわかりやすく、簡潔か。

態度

  • だらしなくないか。
  • 落ち着いて安定しているか
  • 作り話をしていないか

【高卒】海上保安学校学生(船舶運航システム) 個人面接の質問内容

kaiho-interview-kosotsu-2

江本

面接対策を始めたい。どんな質問があるのか知りたいです。

質問内容は、ホームページで公開されていないため知ることは難しいです。

でも、僕はサイトやTwitterで情報提供をしてもらっているため、情報をまとめることができています。

結論をいうと、次の6つに分類できました。

  • 学校生活
  • 自分自身
  • 志望動機・熱意・職業意識
  • 人間関係
  • 一般常識・時事
  • 導入・他

詳細は次のとおりです。

学校生活

  • 得意な教科と、その理由を教えてください。
  • 学校生活で努力したことはありますか。
  • 部活動で何を学びましたか。

自分自身

  • 自己PRをしてください。
  • 自分の性格は、どんな性格ですか。
  • 今までの経験で、一番つらかったことは何ですか。

志望動機・熱意・職業意識

  • 海上保安官の仕事で知っていることを言ってください。
  • 第一、第二希望コースの理由を言ってください。
  • 海上保安庁はどのような仕事をしていますか。

人間関係

  • 友達から、どんな人間だと思われていますか。
  • 友人と喧嘩したことはありますか。
  • 年上の人とコミュニケーションをとるうえで気を付けていることはありますか。

一般常識・時事

  • 最近の気になるニュースは何ですか。
  • 公務員と民間企業の違いは何ですか。
  • 最近の海上保安庁のニュースで気になったものはありますか。

導入・他

  • 緊張していますか。
  • あなたの住む町のいいところを教えてください。
  • 会場までどうやって来ましたか。

面接対策の基本は「想定質問を使い、回答を準備すること」です。

海上保安学校学生採用(9月実施) 個人面接の教科書」で100個以上の質問内容を公開しています。

過去に船舶航空システム課程を受験した人のデータなので役立つはずです。

【高卒】海上保安学校学生(船舶運航システム) 個人面接まとめ

本記事では、海上保安学校学生採用(船舶運行システム課程)の個人面接をまとめていました。

面接は「自分を知ってもらう」試験です。

今までの経験を振り返ることが大切です。

面接対策の基本は「想定質問を使い、回答を準備すること。

面接で聞かれることは、次の6つです。

  • 学校生活
  • 自分自身
  • 志望動機・熱意・職業意識
  • 人間関係
  • 一般常識・時事
  • その他

海上保安学校学生採用(9月実施) 個人面接の教科書」で質問内容をまとめています。

上手く使って、面接を攻略してくださいね。

今回は以上です。