海上保安学校学生採用(船舶) 作文の過去問|合否に影響

kaiho-kosotsu-sakubun-4

こんにちは、江本(@emotokomin)です。

本記事は、「※海上保安学校学生採用(9月実施) 作文試験」の情報をまとめています。

※特別選考(5月実施)を受験する人は「海上保安学校学生採用(特別) 作文試験の過去問|対策法を解説」を参考にしてください。

「作文試験は合否に関係ない」

そう思って、対策を後回しにしていませんか?

結論からいうと、作文の評価が悪いと落ちますよ。

せっかく筆記試験で高得点が取れたのに、作文のせいで不合格なのは嫌ですよね。

この記事を読めば、作文で不合格になることは防げるかと。

サクッと内容を読めるので、参考にしてみてくださいね。

江本

記事を書いている僕は国立大学のキャリア支援課で公務員試験の指導をしつつ、このサイトを運営しているという感じです。キャリアは10年目になりました。

関連記事海上保安学校学生採用試験 倍率は低下傾向|合格ロードマップ

【高卒】海上保安学校学生採用 作文試験の過去問

kaiho-kosotsu-sakubun

江本

作文試験の課題(テーマ)は、どんな内容が出ているの?

まずはテーマを見て、内容のイメージをつかみましょう。

ここでは、数年分をまとめています。

2020年(令和2年度)

あなたが目指す海上保安官像について

2019年(令和元年度)

学生生活において,努力の結果が報われた経験について

2018年(平成30年度)

気分転換を図ることの大切さについて

2017年(平成29年度)

ネット社会のメリット・デメリットについて

【高卒】海上保安学校学生採用 作文試験の傾向

kaiho-kosotsu-sakubun-2

江本

作文試験は合否に関係あるの?試験時間や文字数など傾向が知りたいな。

作文試験は※一次選考で実施されます。
※船舶運航システム課程のみ

得点化はされませんが、「合否判定」の資料として使われますよ!

3段階(A~C)で評価され、C評価がつくと不合格になるので注意!

“江本”

対策をはじめるまえに、傾向を確認しましょう。

試験時間

試験時間は50分です。
※2020年(令和2年度)のデータ。

作文は、時間配分を意識することが大切です。

例)

  • 考察:5分
  • 書く:40分
  • 見直し:5分

対策をする中で、自分なりの時間配分を考えてくださいね。

文字数

文字数は、ありません(無制限)です。

江本

え?何文字書けばいいんですか。文字数が少なくても、内容がよかったら評価は高いですか?

結論をいうと、「500字〜600字」が目安です。

内容が良くても文字数が少ないと評価は上がりません。

文字数も評価項目の1つなので、少ないと減点(400字以下は危険)されます。

評価の観点

評価は次の項目に沿って、A~Cの3段階でつけます。

  • 内容
  • 表現
  • 文字

採点者は2名で、どちらからもC評価をつけられると不合格です。

内容や文章表現は1人では判断しにくいため、学校の先生や予備校などに見てもらうといいですよ。

“江本”

【高卒】海上保安学校学生採用 作文試験の対策法

kaiho-kosotsu-sakubun-3

江本

文章を書くのは苦手でして・・・。どうやって勉強したらいいかな。

文章を書く機会って少ないですよね。

読書感想文で書くくらいでしょうか。

結論をいうと次の3ステップで書けますよ!

  1. 書き方を知る
  2. 何度も書く
  3. 添削をうける

順番に解説します。

書き方を知る

最初に作文の「書き方(文章構成)」を勉強しましょう。

内容が良くても、文章構成が悪いと評価は上がらないからです。

そこで、書き方がわからない(自信がない)人は「よくわかる! 公務員試験(初級)のための論作文術」がおすすめです。

作文の基礎中の基礎が丁寧に書かれているため、導入本に最適!

サクッと「書き方」が分かれば次のステップへ進みましょう。

何度も書く

作文の上達には練習が必要です。

例えば、野球のルールを知ったからといってホームランがすぐに打てるでしょうか?

打てないですよね。

作文も同じで、書き方(文章構成)が分かっても、すぐに書けるわけじゃないですよ。

なので、何度も書いてくださいね。

添削をうける

最後は、添削を受けて評価をもらいましょう

冒頭でも少し触れたけど、「趣旨把握」や「文章表現」を素人が判断するのは難しいからです。

高校生は学校の先生に見てもらうのが手っ取り早いですよ。

見てもらう手段がない人は「公務員試験 論文の対策法3ステップ|安く添削を受ける方法【書き方解説】」で安く添削を受ける方法をまとめています。

「添削を受ける」ことで弱点がわかるので、必ず1回は見てもらうようにしよう!

“江本”

【高卒】海上保安学校学生採用 作文試験まとめ

本記事では、「海上保安学校学生採用試験(9月実施)の作文」をまとめていました。

作文がすぐに「書ける・得意になる」ことってなかなか難しいと思います。

なので、対策法でも解説したように何度も練習してみてください。

週に1枚、2枚とか。

もちろん、人によって練習量は違うけど、最低でも月に1枚は書けるといいですね。準備が早いほど、たくさん添削を受けることができますよ。

もし添削者を探しているなら「公務員試験 論文の対策法3ステップ|安く添削を受ける方法【書き方解説】」で安く添削を受ける方法をまとめていますよ。

作文を甘くみないで、コツコツと対策をはじめていきましょう!

本記事は以上です。