【面接対策はこれでOK】海上保安学校の面接で質問される内容を徹底解説!

kaizyouhoagan-mensetsu-situsmon

面接対策を後回しにしている受験者は多いです。

面接の配点は25%しかないため、配点の高い筆記試験に時間をかけるのは仕方がありません。でも、面接で評価がつかないと一発不合格になりますよ。

実際、筆記試験で8割以上取れた人も、面接D評価で落ちていましたからね。筆記は5割前後取れれば通過できるため、時間のかけすぎは危険です。

なので、面接対策にも時間を使えるように計画を組んでみましょうね。

ここでは、海上保安学校学生採用試験(9月実施)の面接傾向や質問内容をまとめています。

特別選考(5月)を受ける場合は「【質問公開】海上保安学校学生採用 面接カードの書き方|落ちる理由も解説」をご覧ください。

参考にしてみてください。

kaizyouhoangakkou-taisakuhouhou 【難易度は高い?】海上保安学校学生採用試験に合格する方法と対策

海上保安学校学生の面接試験とは?傾向を解説

最初に面接試験について簡単に説明します。

項目内容
実施二次試験
内容個人面接
試験時間15分~20分
面接官3人
面接カード事前提出

一次試験の合格発表後に人事院のHPから面接カードがダウンロードできるので、試験日までに記入して提出します。このときに提出する面接カードをもとに質問されるので丁寧に書きましょう

面接官は3人で、1人20分程度。

面接を攻略するには、

  1. 面接カードの内容を考える
  2. 回答を準備する
  3. 実践練習をする

といった3ステップが重要です。

順番に解説していくので参考にしてください。

海上保安学校学生採用試験の面接対策は面接カードから!

kaizyouhoangakkou-saiyou-mensetsuka-do

面接カードとは、面接の資料のことです。面接官は提出された面接カードを参考に聞きたいことを質問してきます。

そのため聞いてほしいこと(アピールしたいこと)を分かりやすく書くことが重要です。

面接カードの内容

※2020年(令和2年度)の情報

  • 受験の動機
  • 印象に残っている体験(学校生活や職務、社会生活、ボランティア活動など)
  • 関心事項(最近関心を持った出来事、取り組んでいることなど)
  • 趣味・特技など
  • 自己PR(自分の長所について)

面接カードは一次試験の合格発表後に人事院のHPから面接カードがダウンロードできます。

過去のデータを作成したので、下記を参考にしてください。

参考海上保安学校学生採用試験 面接カードのデータ(PDF)

江本
江本

ここで書いた内容をもとに面接をするので、わかりやすく、丁寧に書くことが大切です。

面接カードの書き方

面接カードを書くときに意識することは、「理由を明確に書く」こと。

なぜなら、理由(根拠)のない文章を読んでも「あなたの価値観や性格」が把握できないからです。

例えば、「私は努力の積み重ねが大切だと思っています。中学から高校までの6年間陸上部で長距離を続けています。体力に自信がなかったので毎朝6時に学校に行って朝練をしました。その結果、他の部員より体力を上げることができました。」

この自己アピールを読んでどう思いますか?

僕は「結局、何が言いたいんだろう?朝練頑張ってすごいね!」くらいにしか思いませんでした。こう感じた理由は「やってきたこと」しか書かれていないからです。

面接カードは、面接官が「事前に受験者の考え方や性格などを把握し、質問を通して適性を判断する」ための資料です。つまり「やってきたこと」しか書かれていない文章を読んでも、あなたの性格や特徴を何も把握できないので評価できません。

では、どうすれば伝わる文章になるかといえば「理由を添える」ことです。

理由(根拠)を盛り込むことが重要

先ほどの例文で「努力の積み重ねが大切」と言っていましたよね。この主張に理由を入れて書いてみます。

私は努力の積み重ねが大切だと思っていますなぜなら、努力すれば苦手なことも克服できるからです。中学から高校までの6年間陸上部で長距離をやっていましたが、体力がなくいつも最後でした。少しでも順位を上げたいと思い、毎朝6時に学校へ行き走り込みを行うことで体力の向上に励みました。そのおかげもあり、現在は中盤まで順位を上げることができているので、これからも日々努力を続けていきたいです。

先ほどの例文と同じ内容ですが、「努力することは大切だよな」とか「弱点を克服するために努力できるんだな」って思いませんか。少なくとも「やってきたこと」しか書かれていない文章よりは、この人の考え方や思いが伝わってきたはずです。

面接カードを書くときは「やってきたこと+理由」のセットで書くようにすれば、読んだときにわかりやすく、納得感のある文章を書くことができますよ。

海上保安学校学生採用試験の面接で質問される内容

kaizyouhoangakkou-mensetsu-situsmon

ここでは実際に海上保安学校学生採用試験を受けた人が面接で聞かれた内容をまとめています。

個人情報に関わる部分は少し改変していますが、基本はそのままの流れで掲載しているので本番のシミュレーションに使ってください。

詳細は次のとおり。

受験時の状況:高卒1年目(19歳)

  • 志望動機を教えてください。
    →なぜ船舶コースを志望したのですか。
  • 高校を卒業してから何をしていますか。
    →大学へ進学しなかった理由は何ですか。
  • 希望管区は決まっていますか。
    →その理由はなぜですか。
    →希望する管区に行けない場合はどうしますか。
  • 今までの人生で一番印象に残っている経験はなんですか。
  • 高校生活で一番の思い出は何ですか。
    →そのときの出来事から何を学びましたか。
  • 趣味はありますか。
    →いつからやっていますか。
  • 今後勉強してみたいことはありますか。
    →なぜ英語を勉強したいと思ったのですか。
    →英語を活かしてどんな仕事をしたいですか。

受験時の状況:高校生(18歳)

  • 採用されたら希望する管区はありますか。
    →第二希望、第三希望はどこですか。
  • 志望動機をいってください。
    →もう一度、自分の言葉で志望動機を言ってください。
  • 海上保安庁の仕事はいつ知りましたか。
    →興味をもったのも同じ時期ですか。
    →どうやって調べましたか。
    →いつから海上保安庁を目指していますか。
  • 学生生活で印象に残っている出来事を教えてください。
  • 最近関心のある出来事はありますか。
    →なぜそれに関心をもったのですか。
    →ほかにありますか。
  • 海上保安庁のYoutubeを見たことはありますか。
    →見てどう思いましたか。
    →印象に残っている映像はありますか。
  • 趣味と特技を教えてください。
    →趣味をやっていて苦痛に感じたことはありますか。
  • 長所は何ですか。
    →もう少し具体的に教えてください。
  • 今までの成功した経験は何がありますか。
    →反対に失敗したことは何ですか。
  • 最後に何か言いたいことはありますか。

受験時の状況:大学生(21歳)

  • 会場までどうやってきましたか。
  • 昨日は眠れましたか。
  • 志望動機を教えてください。
    →具体的にどんな仕事がしたいですか。
    →希望する管区に配属されない場合はどうしますか。
  • 高校生のときに受験は考えなかったのですか。
  • 大学へ進学した理由は何ですか。
    →大学で何を学びましたか。
    →大学で学んだことを海上保安官として活かせそうですか。
  • 海上保安庁のHPを見たことはありますか。
  • 潜水は得意ですか。
    →潜水士になれない場合もありますが大丈夫ですか。
  • 最近気になっていることはありますか。
    →なぜそのニュースに興味をもったのですか。
  • 最後にあなたの長所を教えてください。

質問内容は高校生活の話から仕事の話まで幅広いです。自己分析を深堀して話すネタを考えておきましょう。

他にも、聞かれた質問内容(誰でも聞かれる可能性がある)を下記記事でもまとめているので参考にしてください。

関連記事海上保安学校学生採用(9月実施) 個人面接の教科書

あとは面接官役を親や友達、学校の先生などにお願いして練習することで面接を攻略することが可能です!

まずは自己分析をして、自分の考えをまとめていきましょう!