【質問公開】神奈川県職員採用 個人面接の過去問|面接カードを攻略せよ

神奈川県庁面接

相談者

面接では一般的にどのような事を聞かれるのでしょうか?何を聞かれるのか想像もつきません・・・。

といった、悩みを解決します。

こんにちは、江本(@emotokomin)です。

本記事は「神奈川県職員採用試験Ⅰ類(大卒)の個人面接」に関する情報をまとめています。

面接って、何が聞かれるのか分からないですよね。

筆記試験は参考書を買って、黙々とやれば点数が取れるじゃないですか。

でも、面接は“これ!”といった解答がないので、イマイチ達成感がないんですよね・・・。

とはいえ、面接重視ですから、対策なしで試験に挑むのはヤバいです。

そこで、この記事では面接対策に必要な、

  • 過去の質問内容
  • 面接カード(面接票)の重要性
  • 面接カードの内容

を解説していきます。

この2つが分かれば、すぐに対策をはじめられますよ!

記事を書いている僕は国立大学のキャリア支援課で公務員試験の指導をしつつ、このサイトを運営しているという感じです。キャリアは10年目になりました。

“江本”

なお、具体的な対策方法を知りたい場合は、こちらの「公務員試験 面接の対策法|落ちる人に共通する5つの特徴 」をご覧ください。

それでは見ていきましょう!

関連記事【傾向まとめ】神奈川県職員採用試験 倍率の推移|対策ロードマップ

【公務員】神奈川県職員採用試験 個人面接で聞かれる質問内容

神奈川県庁 面接の過去問

試験では、

  • 自己PR
  • 志望動機
  • 今までに頑張ったこと

などの定番質問をはじめ、「併願状況」や「県の施策」まで、幅広い内容が聞かれますよ。

最近は、答えた回答に対して「もっと具体的に!」とか「それでどうしたの?」みたいに深堀して、受験者の本心をあぶり出そうとしてきます。

想定質問を使い、自分の考えを掘り下げて準備してみましょう。

過去の質問内容は次のとおりです。

  • 神奈川県職員の志望動機を教えてください。
  • 神奈川県でやりたい仕事は何ですか。
  • やりたい仕事は川崎市や横浜市ではできないことですか。
  • 民間企業と公務員の違いは何ですか。
  • 併願をしていますか。
  • 面接対策はどのくらいしましたか。
  • 苦手な人間はどんな人ですか。
  • なぜ今の学部に進学したのですか。
  • なぜ、神奈川県を志望するのですか。
  • 長所を教えてください。

なお、もっと練習したい場合は「神奈川県職員採用 個人面接の教科書」を参考にしてください。

【公務員】神奈川県職員採用試験 面接カード(面接票)重要性

神奈川県庁 面接の対策

面接カードを知っていますか?

簡単にいうと、「私はこんな人間だぜ!」っていう情報をまとめたカードです。

最大限に自分が伝えたい内容を書いてくださいね。

でも、実際に書かせると「これだと落ちるな・・・」って内容が多いです。

はじめから不利になる必要はないですよね。

予備校や大学のキャリア支援などを活用して、添削を受けましょう。

面接の流れが劇的に変わりますよ。

なお、「ココナラ 」というサービスでも添削を受けることができます。

安く、クオリティが高い添削もあるので探してみてはどうですか。

あ、面接カードの内容は次のとおりです。

面接カード(面接票)の内容

  • 学歴
  • 職歴
  • 資格・免許等
  • 受験の動機・理由
  • やってみたい仕事・希望勤務箇所
  • 長所・短所
  • 他の試験の受験状況
  • 卒業論文テーマ・ゼミナール
  • クラブ・サークル等の活動
  • 趣味・スポーツ・特技等
  • あなたが、今までの人生で最も力を入れたことや熱意を持って取り組んだことを書いてください。
  • あなたが、自分自身の事で直したいと感じている点について書いてください

なお、書き方を知りたい場合は、こちらの「公務員試験 面接カードの書き方|自己PRと志望動機の重要性」を参考にしてください。

【公務員】神奈川県職員採用試験 個人面接まとめ

MEMO
  • 面接対策の基本は「事前回答の準備」
  • 面接カードは自己表現シート
  • 添削を受けないと、完成しない

実は筆記試験よりも対策に時間がかかります。

理由は簡単で、正解がないからです。

一人でやっても、何がいいのか、悪いのか判断できませんよね。

必ず誰かに協力してもらってくださいね。

それまでに、自分なりの回答を準備しておきましょう!