【高卒】国家一般職採用 作文試験の過去問|知っておくべき評価基準

kosotsu-kokkakoumuin-ippansyoku-sakubun4

こんにちは、江本(@emotokomin)です。

記事を書いている僕は国立大学のキャリア支援課で公務員試験の指導をしつつ、このサイトを運営しているという感じです。キャリアは10年目になりました。

“江本”

本記事では、「国家一般職の作文試験」に関する情報を発信していきます。
※対象は高校卒業程度

作文が苦手な人は、たくさん書くことが大切です。

実際に出たテーマをもとに練習をしていきましょう。

関連記事国家一般職採用試験 倍率から分かる難易度の低さ|合格ロードマップ

【高卒】国家一般職採用 作文試験の過去問

kosotsu-kokkakoumuin-ippansyoku-sakubun2

  • 2020年(令和2年度)
  • 2019年(令和元年度)
  • 2018年(平成30年度)

過去に出題されたテーマを見て、実際に書いてみましょう!

そうすることで弱点がわかるはずです。

2020年(令和2年度)

これまでの自分自身の経験を踏まえて、「仕事をする」ということについて思うこと

2019年(令和元年度)

成人としての自覚ある言動について思うこと

2018年(平成30年度)

時間の使い方について思うこと

こういったテーマを使って、たくさん練習していきましょう。

なお、過去16年分のテーマを「【過去問】国家一般職(高卒)作文試験のテーマ公開」で公開しています。

有益な情報なので、使ってください。

CHECK NOW

国家一般職の作文を見る

【高卒】国家一般職採用 作文試験の基礎情報

kosotsu-kokkakoumuin-ippansyoku-sakubun3

  • 試験時間
  • 文字数
  • 評価の方法

順に解説します。

試験時間

試験時間は、50分です。

時間配分を意識して対策をしましょう。

  • テーマの把握:5分
  • 書く:40分
  • 見直し:5分

こんな配分がおすすめです。

文字数

文字数はありません。

目安は600字くらいです。

文字が少ないと減点されるので注意!

評価の方法

作文は、いくつかの項目について、3段階で評価をつけます。

  • A:3点
  • B:2点
  • C:1点

添削者は2名ほど。

基準点は3点で、これを下回ると不合格です。

つまり、最低でもどちらかの試験官にB以上をつけてもらう必要がありますよ。

なお、詳しい評価基準を「【過去問】国家一般職(高卒)作文試験のテーマ公開」でまとめています。

【高卒】国家一般職採用 作文試験の対策法

kosotsu-kokkakoumuin-ippansyoku-sakubun1

  • 書き方を知る
  • 練習する
  • 添削を受ける

この3つを実践することがポイントです。

書き方を知る

最初にすべきは、「型」を知ることです。

なぜなら、評価基準に文章構成力があるからです。

つまり、文章が書けていても、構成がめちゃくちゃだと評価は低いってこと。

なので、まずは「型」を知ることが先決です!

練習する

次に、何度も書いて練習をしましょう。

ここでは、時間を図って書くことがポイントです。

また、過去の出題テーマを使って書くことで、傾向を把握することもできますよ。

過去のテーマについては、「【過去問】国家一般職(高卒)作文試験のテーマ公開」をご覧ください。

添削を受ける

最後は、書いた作文を先生などに見せましょう!

作文は、自分では評価することが難しいからです。

第三者に添削をしてもらうことで、誤字脱字や文章表現の誤りなどを客観的に知ることができますよ。

注意

試験間近だと、みんな添削を依頼するので受付てもらえないこともあります。なので、早めにやることがポイントです。

【高卒】国家一般職採用 作文試験まとめ

本記事では、国家一般職(高卒程度)の作文試験をまとめていました。

もう一度、ポイントを確認しましょう。

  • 試験時間:50分
  • 文字数:600字程度
  • 評価:合計6点(3点以下で不合格)

大丈夫ですね。

あとは、過去問を使って、書く練習をしていきましょう。

CHECK NOW

国家一般職の作文を見る