【何割いる?】国家一般職のボーダーライン推移を地域別に解説!

kokkaippannsyoku-goukakurain

さかもと
さかもと

国家一般職に何としても合格したいのですが何割くらい取れれば合格できますか。ボーダーが低い地域を教えてください。

こんな悩みを解決します。

本記事の内容
  • 合格者の決定方法
  • 【地域別】ボーダーラインの推移
  • 得点別の計算表
emototoha
江本(@emotokomin)

本記事は国家一般職(大卒)のボーダーラインを解説しています。

結論からいうと、北海道や四国地域はボーダーが低い傾向にあります。反対に関東や近畿は難しいです。

この記事を読んで地域ごとのボーダーや合格するために何割いるのか確認して対策をはじめましょう。

タップで飛べるもくじ

【国家一般職】合格者の決定方法|点数の計算

kokkaippansyoku-goukakuten

一次試験は基礎能力試験(教養試験)と専門試験の合計点で合否を決めます。

筆記試験の得点は「平均点や標準偏差とかいう意味不明な数値」を使い算出されるんですね。

意味不明とかいいましたが、ちゃんと公式がありまして・・・。

これに当てはめて点数(標準点)を出すことができます

2020年の基礎能力試験を使って標準点を算出してみます。

  • 正答:24/40問
  • 平均点:22.518
  • 標準偏差:5.254
  • 配点比率:22.2%(2/9)

このデータを公式にあてはめてみると、

となります。

関東甲信越地方の合格最低点は358点だったので、専門試験で237点取れれば合格できます。以下のデータを使って専門試験は何問正解すれば合格だったか計算してみましょう。

  • 平均点:21.967
  • 標準偏差:7.303
  • 配点比率:44.4%(4/9)

ちなみに答えを言っておくと24/40点必要でした。

平均点や標準偏差はどの地域でも同じですがボーダーは違います。

次の章では、地域別にボーダーの推移をまとめているので参考にしてください。

【国家一般職】北海道地区のボーダー推移を解説!

kokkaippan-goukakurain-hokkaido

ここでは北海道地域のボーダーをまとめています。

全体的にボーダーは低めで、教養と専門それぞれ5割ずつあれば合格できる難易度です。

過去3年間の合格最低点(ボーダー)は次のとおり。

2020年(令和2年度)

合格最低点:226点

2019年(令和元年度)

合格最低点:276点

2018年(平成31年度)

合格最低点:314点

なお、得点表を後述しているので参考にしてください。

【国家一般職】東北地区のボーダー推移を解説!

kokkaippan-goukakurain-touhoku

ここでは東北地域のボーダーをまとめています。

全体的にボーダーは低めで、教養と専門それぞれ5割ずつあれば合格できる難易度です。

過去3年間の合格最低点(ボーダー)は次のとおり。

2020年(令和2年度)

合格最低点:296点

2019年(令和元年度)

合格最低点:308点

2018年(平成31年度)

合格最低点:333点

なお、得点表を後述しているので参考にしてください。

【国家一般職】関東甲信越地区のボーダー推移を解説!

kokkaippan-goukakurain-kantou

ここでは関東甲信越地域のボーダーをまとめています。

全体的にボーダーは高めで、教養と専門それぞれ6割はほしいです。

過去3年間の合格最低点(ボーダー)は次のとおり。

2020年(令和2年度)

合格最低点:358点

2019年(令和元年度)

合格最低点:377点

2018年(平成31年度)

合格最低点:389点

なお、得点表を後述しているので参考にしてください。

【国家一般職】東海北陸地区のボーダー推移を解説!

kokkaippan-goukakurain-toukai

ここでは東海北陸地域のボーダーをまとめています。

全体的にボーダーは高めで、教養と専門それぞれ5割~6割はほしいです。

過去3年間の合格最低点(ボーダー)は次のとおり。

2020年(令和2年度)

合格最低点:346点

2019年(令和元年度)

合格最低点:349点

2018年(平成31年度)

合格最低点:359点

なお、得点表を後述しているので参考にしてください。

【国家一般職】近畿(関西)地区のボーダー推移を解説!

kokkaippannsyoku-goukakurain-kinki

ここでは近畿(関西)地域のボーダーをまとめています。

全体的にボーダーは高めで、教養と専門それぞれ6割は必要な難易度です。

過去3年間の合格最低点(ボーダー)は次のとおり。

2020年(令和2年度)

合格最低点:356点

2019年(令和元年度)

合格最低点:394点

2018年(平成31年度)

合格最低点:386点

なお、得点表を後述しているので参考にしてください。

【国家一般職】中国地区のボーダー推移を解説!

kokkaippannsyoku-goukakurain-tyuugoku

ここでは中国地域のボーダーをまとめています。

全体的にボーダーは普通で、教養と専門それぞれ5割~6割あれば合格できる難易度です。

過去3年間の合格最低点(ボーダー)は次のとおり。

2020年(令和2年度)

合格最低点:268点

2019年(令和元年度)

合格最低点:340点

2018年(平成31年度)

合格最低点:354点

なお、得点表を後述しているので参考にしてください。

【国家一般職】四国地区のボーダー推移を解説!

kokkaippannsyoku-goukakurainsikoku

ここでは四国地域のボーダーをまとめています。

全体的にボーダーは普通で、教養と専門それぞれ5割~6割あれば合格できる難易度です。

過去3年間の合格最低点(ボーダー)は次のとおり。

2020年(令和2年度)

合格最低点:274点

2019年(令和元年度)

合格最低点:352点

2018年(平成31年度)

合格最低点:348点

なお、得点表を後述しているので参考にしてください。

【国家一般職】九州地区のボーダー推移を解説!

kokkaippannsyoku-goukakurain-kyusyu

ここでは九州地域のボーダーをまとめています。

全体的にボーダーは高めで、教養と専門それぞれ6割ほしいです。

過去3年間の合格最低点(ボーダー)は次のとおり。

2020年(令和2年度)

合格最低点:311点

2019年(令和元年度)

合格最低点:343点

2018年(平成31年度)

合格最低点:348点

なお、得点表を後述しているので参考にしてください。

【国家一般職】沖縄地区のボーダー推移を解説!

kokkaippannsyoku-goukakurainokinawa

ここでは沖縄地域のボーダーをまとめています。

全体的にボーダーは高めで、教養と専門それぞれ6割ほしいです。

過去3年間の合格最低点(ボーダー)は次のとおり。

2020年(令和2年度)

合格最低点:314点

2019年(令和元年度)

合格最低点:299点

2018年(平成31年度)

合格最低点:327点

なお、得点表を後述しているので参考にしてください。

【国家一般職】技術区分はボーダーフリー

kokkaippannsyoku-goukakurain-gizyutu

結論からいえば、技術区分はボーダーがありません。

技術区分
電気、機械、土木、建築、物理、化学、農学、農業農林工学、林学

というのも、基準点(12点)をクリアできればほぼ合格できるからです。

例えば、2020年の土木区分の合格最低点は185点でした。

基礎能力試験と専門試験がそれぞれ12点だった場合の標準点は186.2点なので、基準点を取れていれば合格できているんですよね。

少しボーダーが高い化学や物理区分でも基礎能力試験と専門がそれぞれ14点以上あれば合格できています。

こんな感じで技術区分は基準点をクリアしていれば何とかなります。

興味がある人はデータをまとめているので計算してみてください。計算方法は行政と同じです。

ボーダー(合格最低点)

区分202020192018
電気198212185
機械197206194
土木185217209
建築124177158
物理210223233
化学211289335
農学205306331
農業工学157189171
林学155210277

平均点

区分202020192018
基礎能力22.51819.09919.971
電気20.00019.90020.183
機械20.79719.71418.813
土木19.36717.75217.224
建築17.21214.80213.185
物理19.99018.17817.325
化学19.54918.96015.791
農学18.46920.21222.467
農業工学23.46419.94720.057
林学22.71420.08118.583

標準偏差

区分202020192018
(基礎能力)5.2544.8074.243
電気7.2667.4126.450
機械7.8506.1636.027
土木6.1115.8525.742
建築5.1215.4244.623
物理6.8206.1726.013
化学6.3375.5746.504
農学6.4825.7455.866
農業工学5.8194.9635.043
林学5.8496.1926.709

【国家一般職】ボーダーは何割?表を使って計算しよう!

kokkaippannsyoku-goukakurain-keisan

ここでは教養試験と専門試験の標準点を表にしてまとめています

専門/基礎1617181920
16238244250257263
17247253259266272
18256262268275281
19265271278284290
20274280287293299
横軸:基礎能力試験 縦軸:専門試験の得点

この計算表を使えば、教養試験〇割、専門試験〇割なら標準点は何点なのかを一発で把握できますよ。

例えば、次のパターン。

さかもと
さかもと

教養試験20点、専門試験18点だったら僕の標準点は何点なの?

表をみると、281点だとわかります。

この点数だと、北海道、中国、四国は合格できますが、それ以外の地域は落ちる点数ですね。

ぜひ、自分の志望地域はどのくらいの点数があれば合格できるのかシミュレーションしてみましょう。

 16171819202122232425262728
16238244250257263269276282288295301307314
17247253259266272278285291297304310316323
18256262268275281287294300307313319326332
19265271278284290297303309316322328335341
20274280287293299306312318325331337344350
21283289296302309315321328334340347353359
22292299305311318324330337343349356362368
23301308314320327333339346352359365371378
24311317323330336342349355361368374380387
25320326332339345351358364370377383389396
26329335341348354361367373380386392399405
27338344351357363370376382389395401408414
28347353360366372379385391398404410417423
縦軸:専門の得点、横軸:教養の得点

例)専門21点、基礎18点なら標準点は296点(マークの箇所)となります。

 16171819202122232425262728
16258265272279286293300307314321328334341
17267274281288295302309316323330337344351
18277284291297304311318325332339346353360
19286293300307314321327334341348355362369
20295302309316323330337344351358364371378
21304311318325332339346353360367374381388
22314321327334341348355362369376383390397
23323330337344351358364371378385392399406
24332339346353360367374381388395401408415
25341348355362369376383390397404411418425
26351358364371378385392399406413420427434
27360367374381388395401408415422429436443
28369376383390397404411418425431438445452
縦軸:専門の得点、横軸:教養の得点

例)専門25点、基礎16点なら標準点は341点(マークの箇所)となります。

 16171819202122232425262728
16256264272280288296304311319327335343351
17266274282290298306313321329337345353361
18276284292300308315323331339347355363370
19286294302310317325333341349357365372380
20296304312319327335343351359367374382390
21306314321329337345353361369376384392400
22316323331339347355363371378386394402410
23325333341349357365373380388396404412420
24335343351359367375382390398406414422430
25345353361369377384392400408416424432439
26355363371379386394402410418426434441449
27365373381388396404412420428436443451459
28375383390398406414422430438445453461469
縦軸:専門の得点、横軸:教養の得点

例)専門23点、基礎20点なら標準点は357点(マークの箇所)となります。

【国家一般職】ボーダーはギリギリでも挽回できます

kokkaippannsyoku-goukakurain-matome

自己採点をしてみて、その点数がボーダーギリギリだと不安ですよね。

結論からいうと、一次試験がボーダーギリギリでも最終合格はできますよ!

具体例として「関東甲信越(2020年)」を挙げてみます。

  • 一次試験のボーダー:358点
  • 最終合格点:451点

個人面接は5段階評価(A〜E)で、C評価以上がつけば100点〜が加算されました。

仮に一次試験がギリギリでも、受かることがわかります。

しかし、面接A評価でも合格点に達していない地域もある(近畿など)ので、できるだけ点数がとれるように対策をしていきましょう。

✓本記事のまとめ
  • 一次試験の合否は「教養+専門」の合計点で判定
  • 点数は素点をもとに標準点で算出
  • ボーダーが低い地域は北海道や四国
  • ボーダーが高い地域は関東、近畿、九州
  • 技術職はボーダーフリーの傾向が強い

配点が高い専門試験で点数を取り、基礎能力試験は頻出科目・単元に絞って勉強することが大切です。

計画を立てて勉強していきましょう。

関連記事【過去問あり】国家一般職 基礎能力(教養)試験の科目は?勉強法を徹底解説!

関連記事【難易度が低い】国家一般職に受かるには|内容と対策方法を解説