【警視庁警察官採用(高卒)は難しい?】合格への対策ロードマップ

keishichokeisatsukan-kousotsu-taisaku

ケンタ
ケンタ

高校を卒業したら警視庁の警察官になりたいです。どんな試験なのでしょうか。倍率やスケジュールなどを教えてください。

こんな悩みを解決できる記事を書きました!

本記事の内容
  • 警視庁警察官採用試験とは
  • 合格までのスケジュール
  • 実施状況
  • 採用人数
  • 過去問
  • 試験内容と対策
江本
江本

記事を書いている僕は国立大学のキャリア支援課で公務員試験の指導をしつつ、このサイトを運営しているという感じです。キャリアは11年目になりました。

本記事は高卒で警視庁警察官を目指す方向けに概要から対策方法まで解説しています。

結論からいうと、警視庁の難易度は高いです。なので、簡単に合格はできません。

この記事を読めば、警察官の合格に向けた準備をはじめることができますよ。

焦る必要はないので、少しずつはじめてみましょう。

高卒で警視庁の警察官になるには|受験資格を把握

keishichokeisatsukan-kousotsu-nenreiseigen

結論からいうと、「警視庁警察官採用試験」に合格する必要があります。

試験区分はⅠ類とⅢ類の2種類。このうち高卒者が受験できるのはⅢ類です。

受験するには年齢制限や学歴などの条件があります。詳細は次のとおり。

年齢制限

35歳まで受験できます。

2021年(令和3年度)は「昭和61年4月2日~に生まれた人」が対象。

全国的に30歳前後が多いので、年齢制限は緩いですね。

学歴

高校を卒業または翌年3月までに卒業する人が対象です。

大卒の人はⅢ類ではなく、Ⅰ類での受験となります。

身体要件

身長や体重などの制約があります。

項目条件
身長160cm~
体重48Kg~
視力両眼とも0.6以上(裸眼)または矯正視力1.0以上
色覚職務執行に支障がないレベル
聴力職務執行に支障がないレベル
疾患職務執行に支障がないレベル
おおよその目安
項目条件
身長154cm~
体重45Kg~
視力両眼とも0.6以上(裸眼)または矯正視力1.0以上
色覚職務執行に支障がないレベル
聴力職務執行に支障がないレベル
疾患職務執行に支障がないレベル
おおよその目安

この基準を満たしていないと受験できません。黙って受験しても健康診断表の提出があるためバレますよ。

しっかり確認して出願してください。

大卒と高卒の違い

結論からいうと、採用後の待遇が違います。

例えば給料。

  • 大卒:253,300円
  • 高卒:213,900円

約4万円も差があります。年収にすると50万くらい違ってきますね。

また、昇進するスピード。

大卒は勤務期間が2年間あれば昇進試験を受けられますが、高卒は4年間必要です。勤務してすぐに昇進への道が開かれている点も大卒と高卒で違うんですね。

試験内容や対策方法、倍率、採用数なども違いますがやることは同じです(試験レベルは大卒程度と高卒程度で異なる)。

【警視庁警察官採用3類(高卒)】試験の流れは?

keishichokeisatsukan-kousotsu-nittei

高卒区分(Ⅲ類)の選考は年に2回(9月と1月)実施されます。

2021年(令和3年度)のスケジュールは次のとおり。

願書の受付

7月下旬~8月上旬に申し込みの受付があります。

2021年(令和3年度)は7月26日~8月2日です。

受験するには出願しないと受けられないので忘れずに出願してください。

出願方法はインターネットを使って行います。パソコンなどの環境も忘れずに準備しておきましょう。

一次試験

9月3週目に実施されます。

2021年(令和3年度)は9月19日(日)です。

一次試験の合格発表

10月上旬に一次試験の合格者が発表されます。 合格通知に二次試験の案内があるので忘れずに確認してください。

二次試験

10月中旬~下旬に実施されます。

2021年(令和3年度)は、

  • 男性:10月9日、10日
  • 女性:10月16日

となっています。

最終合格

12月上旬に発表されます。

発表方法は郵送と警視庁のホームページに掲示されるので確認してください。

願書の受付

11月下旬~12月上旬に申し込みの受付があります。

2021年(令和3年度)は11月26日~12月6日です。

受験するには出願しないと受けられないので忘れずに出願してください。

出願方法はインターネットを使って行います。パソコンなどの環境も忘れずに準備しておきましょう。

一次試験

1月2週目に実施されます。

2021年(令和3年度)は2022年1月9日(日)です。

一次試験の合格発表

1月中下旬に一次試験の合格者が発表されます。

合格通知に二次試験の案内があるので忘れずに確認してください。

二次試験

1月下旬~2月上旬に実施されます。

2021年(令和3年度)は、

  • 男性:2022年1月29日
  • 女性:2022年1月30日

となっています。

最終合格

3月上旬に発表されます。

発表方法は郵送と警視庁のホームページに掲示されるので確認してください。

【警視庁警察官採用3類(高卒)】試験倍率は?

keishichokeisatsukan-kousotsu-bairitsu

2020年(令和2年度)の最終倍率は、

  • 男性警察官:7.2倍
  • 女性警察官:6.5倍

でした。どちらも昨年度に比べて減少しています。

過去10年間の推移は次のとおり。

男性女性
20207.26.5
201912.315.6
20186.69.5
20176.57.2
20165.76.2
20156.27.0
20147.44.0
20138.84.7
20129.26.1
20117.65.4
全体(9月、1月)の合計

合格者数や試験ごとの詳細を知りたい場合は以下の記事で解説しています。

関連記事【筆記重視って本当?】警視庁警察官採用3類(高卒)の倍率を解説!

【警視庁警察官採用3類(高卒)】採用人数は?

keishichokeisatsukan-kousotsu-saiyousu

男性は減少、女性は上昇傾向です

2021年(令和3年度)は全体で、

  • 男性:250名
  • 女性:100名

の採用を予定しています。

過去の推移は次のとおり。

男性女性
2021250100
202030060
201924550
201840090
2017440100
2016450100
2015440100
201435060
201328050
201231050
過去10年間の採用人数

【警視庁警察官採用3類(高卒)】過去問

keisicho-sanrui-kakomon

試験対策をはじめるときは過去問からはじめましょう。

なぜなら、試験レベルや出題傾向がわかるからです。

例えば、教養試験のレベルが高校入試レベルなのか、大学入試レベルなのかわかていないと参考書や問題集を買えませんよね。

大学入試レベルが必要なのに、高校入試の参考書を使っても効率が悪いです。

なお、試験の過去問は以下の記事でまとめているので参考にしてください。

keisicho-sanrui-kakomon【まとめ】警視庁警察官採用三類(高卒)の対策は過去問からが基本です

【警視庁警察官採用3類(高卒)】試験内容は?

keishichokeisatsukan-kousotsu-naiyou
試験内容
  • 教養試験
  • 国語試験
  • 作文試験
  • 面接試験
  • 体力検査

特徴や対策におすすめの記事を紹介していきます。

教養試験の内容

一次試験に行われる筆記試験です。

項目内容
試験時間120分
問題数50問
出題形式五肢択一式
出題分野・知能分野(数的処理、文章理解)
・知識分野(社会科学、人文科学、自然科学)
試験方式マークシート方式
配点100点
教養試験の詳細

試験レベルは「高校卒業程度」です。

試験科目・範囲が膨大なので対策に時間がかかります。苦手な受験者も多いので早めに対策することが大切です。

出題範囲や勉強方法を以下の記事で解説しています。

keishicho-kousotsu-study【全科目は必要ない】警視庁警察官3類(高卒)の勉強方法を徹底解説!

国語試験の内容

一次試験に実施される筆記試験です。

項目内容
試験時間20分
問題数60問
出題形式記述式
出題分野・漢字の読み
・漢字の書き
配点60点
国語試験の詳細

ひらがなを漢字にしたり、逆に漢字をひらがなにしたりする試験です。

レベルは漢字検定準2級くらい。

1問1点で採点されるため、高得点がとれると教養試験の負担を減らせますよ。

詳しい詳細を以下の記事で解説しています。

keishicho-kousotsu-kanji3【漢字って何?】警視庁警察官採用3類の国語試験は重要【対策法3ステップ】 

作文試験の内容

一次試験に実施される筆記試験です。

項目内容
試験時間80分
文字数1,000字程度
問題数1題
出題形式記述式
主なテーマ・警察官としての心構え
・警察官としてやってみたいこと
作文試験の詳細

テーマに沿って自分の考えを文章にして記述する試験。

筆記試験と違い明確な解答がありません。先生に見せるなどして対策することが重要です。

傾向などを以下の記事で解説しています

【高卒】警視庁警察官 作文試験の過去問【お題公開】警視庁警察官三類(高卒)の作文対策を徹底解説!

面接試験の内容

二次試験で実施されます。

項目内容
試験形式個人面接
試験時間30分
面接官3人
回数1回
面接カードあり
主な質問・自己PR
・志望動機
・仕事への情熱や理解
面接試験の詳細

面接次第で合否が決まるといっても過言ではないですよ。

  • なぜ警察官になりたいのか
  • 警察官として何がしたいのか

などを具体的に話せるように準備しておきましょう。

詳しい傾向を下記でまとめているので、参考にしてください。

keishicho-kousotsu-interview2【警視庁警察官採用(高卒)】面接の質問は?対策法3ステップ

体力検査の内容

二次試験に実施されます。

警察官として最低限の体力があるかを検査するため、難しくはないです。

検査項目は次のとおり。

  • 腕立て伏せ
  • バーピーテスト
  • 上体起こし
  • 反復横跳び

レベルは高校生の体力テストが基準となっています。以下のファイルで確認してみてください。

参考新体力テストの基準(PDF:35KB)

難易度が高い警視庁警察官採用3類(高卒)に受かるために

keishichokeisatsukan-kousotsu-nannido

警視庁の採用試験は全国でも難易度は高いです。

なので『合格できたらいいな~』と楽観的に構えていたら合格はできません。 試験内容は幅広いためバランスよく対策するようにしましょう。

本記事のまとめ
  • 年齢制限は35歳まで
  • 高卒(見込み)が受験可能、大卒は不可
  • 身体基準は正確に把握すること
  • 試験は9月と1月の2回
  • 倍率は男女ともに減少傾向
  • 採用数は「男性:減」、「女性:増」
  • 試験内容は筆記、面接、体力など幅広い

試験に関する対策方法や傾向を以下の記事でまとめています。

ぜひ参考にして準備をはじめていきましょう。