MENU

【2024年版】新潟県教員採用試験ガイド:初心者が知るべき変更点と合格のコツ

令和5年12月26日、新潟県教育委員会は令和7年度(2024年実施)新潟県教員採用試験の変更点等を発表しました。

主な内容についてまとめます。

目次

令和7年度新潟県教員採用選考検査の変更点

今回の発表であった変更点は次の2つ。

  1. 試験の早期化、複数回実施
  2. 大学3年次受験の実施

1.早期化・複数回実施

従来の7月実施の採用選考検査に加えて、小学校教諭の選考検査は6月16日にも第1次検査を実施します。

検査内容には筆答検査Ⅰ(教職専門科目)と筆答検査Ⅱ(教科:国語、算数)が含まれます。

さらに、6月に受験した方も7月7日の採用選考検査で小学校教諭を受験することが可能です​​。

2.大学3年次受験の実施

新たに大学3年時の受験を実施します。

1次試験は7月実施試験のみ受験可能で、2次試験は他の受験者と同期間に実施されます。

大学3年次受検は特別選考として実施され、採用枠が別途設けられ、合格者は令和8年度(2026年度)の採用候補者名簿に登載されます​​。

受験に向けてのアドバイス

  • 事前準備: 試験の内容と形式を理解し、十分な準備を行ってください。特に、新たに導入された小学校教諭の複数回検査や大学3年次受検の特徴を把握しておくことが重要です。
  • 時間管理: 1次試験の日程が早まっているため、時間管理をしっかりと行い、効率的な学習計画を立てることが大切です。
  • 模擬試験の活用: 実際の試験に近い環境での模擬試験を受けることで、試験に対する慣れと自信をつけることができます。

最新の傾向などを確認し、計画的に準備を進めてください。

教員としてのキャリアを始める第一歩として、この採用試験は重要な機会です。頑張ってください!

【参考】令和7年度新潟県公立学校教員(小学校教諭)採用選考検査方法等の変更について

【参考】【2024年最新】新潟県教員採用試験の倍率は?教科別の結果と推移

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1984年生まれ。埼玉県出身。私のキャリアは小学校教員としての経験から始まりました。現在はフリーランスとして活動しており、ウェブサイト制作や動画編集の分野でクリエイティブな仕事を手掛けています。

教育分野で培ったコミュニケーション能力と、複雑な内容を簡潔に伝えるスキルは、私の現在の仕事に大きな影響を与えています。これらのスキルを活かし、クライアントの要望に応える質の高いサービスを提供しています。

目次