MENU

【令和5年度公立教員採用試験】過去最低の競争率(倍率)を記録!

2023年12月25日に文部科学省が令和5年度(2022年実施)教員採用試験の実施状況を公表しました。

去年と比べて、今年の公立学校教員の採用試験の競争率が下がりました。公立学校全体の競争率は、去年の3.7倍から3.4倍に下がり、過去最低を記録。

また、小学校の競争率も、去年の2.5倍から2.3倍に下がり、こちらも過去最低となっています。。

教員採用試験の倍率データ(文部科学省)
受験者数・採用者数・競争率(採用倍率)の推移

この理由は、大量退職に伴い、自治体が教員を多く採用したことが挙げられます。また、臨時教員や非常勤講師として働いていた人が、正規の教員として採用されるようになったためです。

なお、小学校は依然として低い倍率の自治体が多いです。

今後の打開策として、文部科学省は以下のように方針を出しています。

  • 意欲ある教師志願者を確保するため、本年5月に文部科学省より各教育委員会に対し、教員採用選考試験の早期化・複数回実施等の改善の方向性について提示し、引き続き各教育委員会における教員採用選考試験の改善を促進する。
  • 現在、中央教育審議会「質の高い教師の確保特別部会」において、教師を取り巻く環境整備に関する総合的な方策について議論が行われているところ、中教審における議論も踏まえ、学校における働き方改革の更なる加速化や処遇改善、学校の指導・運営体制の充実等も含めた教職の魅力向上、教職志願者の増加に向けた施策に取り組んでいく。

【参考】令和5年度(令和4年度実施)公立学校教員採用選考試験の実施状況について(文部科学省HP)

【参考】【全国一覧】教員採用試験の倍率は過去最低!過去の推移を徹底紹介(教採ギルド)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1984年生まれ。埼玉県出身。私のキャリアは小学校教員としての経験から始まりました。現在はフリーランスとして活動しており、ウェブサイト制作や動画編集の分野でクリエイティブな仕事を手掛けています。

教育分野で培ったコミュニケーション能力と、複雑な内容を簡潔に伝えるスキルは、私の現在の仕事に大きな影響を与えています。これらのスキルを活かし、クライアントの要望に応える質の高いサービスを提供しています。

目次