MENU

令和7年度静岡県教員採用試験の概要発表

2024年1月9日、静岡県教育委員会は令和7年度静岡県教員採用試験の詳細を発表しました。これについてまとめます。

目次

令和7年度静岡県教員採用試験の日程

2024(令和6)年5月11日から始まります。

教員採用試験は全国的に試験日の前倒しを行っています。それに伴い、静岡県では、従来の7月から約2ヵ月間前倒ししての実施となります。

ちなみに5月11日は全国で一番早い日程です。

【参考】【令和7年度(2024年実施)】全国の教員採用試験日程一覧

また、二次試験については、適性検査(WEB)を6月10日〜17日、面接試験および実技試験を6月29日、30日に実施します。

令和7年度静岡県教員採用試験の採用予定数

今年度の採用見込者数は次の通り。

  • 小学校200名(前年度200名)
  • 中学校100名(同100名)
  • 高校110名(同100名)
  • 特別支援学校100名(同100名)
  • 養護教員9名(同9名)
  • 栄養教員2名(同2名)

昨年度に比べて全体で10名増となる予定です。

なお、静岡県教員採用試験の倍率は次の記事を参考にするといいでしょう。

令和7年度静岡県教員採用試験の変更点

今回の試験での主な変更点は下記の通り。

  • しずおか未来創造枠の新設
  • 適性検査をWebで実施
  • 面接試験の廃止
  • 特例選考の条件緩和
  • 加点対象の追加
  • 募集教科の追加

しずおか未来創造枠

小学校および特別支援学校小学部を対象に、新たな選考区分として「しずおか未来創造枠」(自己推薦枠)を新設します。

詳細

「静岡県の公立学校教員を第1志望として令和7年4月1日付で勤務できる者で、未来を担う児童生徒等の育成に対する熱意とビジョンを具現化していく力量を持った者」を対象とした選考で、この募集枠については、一般選考及び特別選考との併願が可能となる(ただし「大学院修士課程の特例」を希望する場合には「しずおか未来創造枠」への出願は不可)。

適性検査をWebで実施

2次試験で全校種で実施する適性検査をWeb実施になります。

面接試験の廃止

小学校、中学校、養護教員、栄養教員については、1次試験の2日目に実施していた面接試験を取りやめるとともに、2次試験での面接試験を「個人面接のみ」とし、集団面接を廃止。

また、中学校で実施している実技試験(音楽・美術・保健体育・技術・家庭・英語で実施)を、1次試験から2次試験での実施に変更する。

特例選考の条件緩和

「教職経験者を対象とした選考」の出願要件のうち「実務経験」にかかる期間について、育児休業取得者については育児休業の期間も実務期間に加算できるようになります。また、栄養教員については、静岡県内の国公立学校で「臨時的任用職員として令和5年度に栄養教諭の勤務実績を有し、直近の過去5年度で通算36ヶ月以上の勤務、または過去3年度で通算24ヶ月以上の勤務が見込まれる者または勤務した者」についても、教職経験者を対象とした選考の対象とする。

加点対象の追加

教科専門試験(専門教養)の加点対象として、下記の項目を追加。

  • 「公認心理師」または「臨床心理士」の資格取得者
  • 中学校教諭普通免許状のうち「美術」「技術」「家庭」の免許状保有者
  • ポルトガル語またはスペイン語に関する資格等の所有者

募集教科の追加

高校の募集教科として、前年度に募集のなかった理科の「地学」、芸術の「美術」、水産の「栽培」を募集。なお、高校「美術」の実技試験は1次試験で実施する。

【参考】令和7年度静岡県公立学校教員募集案内・選考試験要項|静岡県公式ホームページ (pref.shizuoka.jp)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1984年生まれ。埼玉県出身。私のキャリアは小学校教員としての経験から始まりました。現在はフリーランスとして活動しており、ウェブサイト制作や動画編集の分野でクリエイティブな仕事を手掛けています。

教育分野で培ったコミュニケーション能力と、複雑な内容を簡潔に伝えるスキルは、私の現在の仕事に大きな影響を与えています。これらのスキルを活かし、クライアントの要望に応える質の高いサービスを提供しています。

目次