【高難易度】名古屋市職員採用試験 倍率の推移|合格ロードマップ

こんにちは、江本(@emotokomin)です。

本記事は、「※名古屋市職員採用試験の概要」をまとめています。
※対象は1類(大卒)、2類(高卒)です。

名古屋市役所で働きたいけど、難しそう・・・。

名古屋市は政令指定都市ですし、難易度が高いイメージがありますよね。

2020年の全体合格率は以下の通りです。

  • 1類(大卒):26%
  • 2類(高卒):16%

1,000人受験したら750~850人くらいは落ちるので、かなり難しいと言えます。

合格率を高めるには、試験内容を把握して早めに準備をはじめることです。

対策をはじめるために必要な情報をまとめているので、参考にしてみてくださいね。

記事を書いている僕は国立大学のキャリア支援課で公務員試験の指導をしつつ、このサイトを運営しているという感じです。キャリアは10年目になりました。

“江本”

それでは、ご覧ください。

名古屋市職員採用試験 倍率の推移

名古屋市役所採用 倍率の推移

ここでは、名古屋市役所採用1類(大卒)と2類(高卒)の倍率推移をまとめています。

職種ごとに数年分をまとめているので、参考にしてみてくださいね。

第1類(大学卒業程度)

2020年(令和2年度)の全体倍率は3.8倍でした。

この結果は過去10年間で1番低い結果となっています。

人気の事務職(行政一般)は5.0倍で、同様に低下傾向にありますよ。

職種ごとの詳細は次のとおりです。
※2020年~2016年までをまとめています。

2020年(令和2年度)

区分
受験者 合格者 倍率


行政一般 623 125  5.0
法律 232 78  3.0
経済 178 78  2.3
社会福祉 66 29  2.3
学校事務 45 14  3.2


土木 48 34  1.4
建築 18 7  2.6
機械 13 6  2.2
電気 23 14  1.6
応用科学 20 3  6.7
造園 7 2  3.5
研究(機械)   -
研究(電子) 2 1  2.0
研究(薬学) 5 3  1.7
消防
302 75  4.0


衛星 17 3  5.7
獣医 5 3  1.7
保育1 239 16 14.9
保育2 16 4 4.0
管理栄養 36 2 18.0

2019年(令和元年度)

区分
受験者 合格者 倍率


行政一般 713 112 6.4
法律 264 72 3.7
経済 172 62 2.8
社会福祉 82 31 2.6
学校事務 62 3 20.7





土木 46 23 2.0
建築 19 14 1.4
機械 10 5 2.0
電気 35 11 3.2
応用科学 21 3 7.0
造園 11 7 1.6
研究(機械) 1 1 1.0
研究(電子) 3 2 1.5
研究(薬学) 1 1 1.0
研究
(農芸化学)
6 1 6.0
研究
(応用科学)
4 3 1.3
消防
285 35 8.1


薬学 11 10 1.1
衛生 15 8 1.9
獣医 8 6 1.3
学芸
(西洋美術)
14 1 14.0
学芸
(考古学)
7 4 1.8
学芸
(天文)
11 1 11.0
管理栄養 25 2 12.5

2018年(平成30年度)

区分
受験者 合格者 倍率


行政一般 704 87 8.1
法律 296 75 3.9
経済 126 63 2.0
社会福祉 97 38 2.6
学校事務 171 10 17.1





土木 57 35 1.6
建築 28 18 1.6
機械 13 8 1.6
電気 24 11 2.2
応用科学 30 7 4.3
造園 20 2 10.0
研究(機械) 1 0
研究(電子) 2 0
研究(薬学) 7 1 7.0
研究
(獣医)
2 2 1.0
研究
(応用科学)
消防
463 36 12.9


薬学 14 7 2.0
衛生 34 5 6.8
獣医 15 7 2.1
学芸
(西洋美術)
学芸
(考古学)
2 2 1.0
学芸
(歴史学)
5 2 2.5
管理栄養

2017年(平成29年度)

区分
受験者 合格者 倍率


行政一般 857 71 12.1
法律 284 63 4.5
経済 142 51 2.8
社会福祉 116 39 3
学校事務 105 16 6.6





土木 66 25 2.6
建築 23 5 4.6
機械 16 2 8
電気 30 9 3.3
応用科学 30 5 6
造園 13 5 2.6
研究(機械) 3 2 1.5
研究(電子)
研究(薬学)
研究
(獣医)
研究
(応用科学)
消防
441 60 7.4


薬学 4 1 4
衛生 30 8 3.8
獣医 18 8 2.3
学芸
(西洋美術)
9 1 9.0
学芸
(考古学)
10 1 10.0
学芸
(歴史学)
13 1 13.0
学芸
(美術史)
3 1 3.0
学芸
(天文)
17 1 17.0
管理栄養

2016年(平成28年度)

区分
受験者 合格者 倍率


行政一般 1,037 87 11.9
法律 343 66 5.2
経済 188 49 3.8
社会福祉 149 47 3.2
学校事務 133 26 5.1





土木 77 45 1.7
建築 33 14 2.4
機械 37 11 3.4
電気 37 18 2.1
応用科学 34 4 8.5
造園 16 9 1.8
研究(機械) 4 3 1.3
研究(電子)
研究(薬学) 1 0
研究
(獣医)
研究
(応用科学)
10 2 5
消防
428 48 8.9


薬学 10 3 3.3
衛生 43 10 4.3
獣医 6 3 2
学芸
(化学)
4 1 4
学芸
(生命科学)
14 1 14
管理栄養

第2類(高校卒業程度)

2020年(令和2年度)の全体倍率は6.2倍でした。

この結果は過去10年間で4番目の高さとなっています。

職種ごとの詳細は次のとおりです。

2020年(令和2年度)

職種 受験者 合格者 倍率
 行政一般  88 12 7.3
 土木  17 7 2.4
 建築  0 0
 機械  1 0
 電気  2 2 1
 学校事務  13 2 6.5
消防 390 60 6.5

2019年(令和元年度)

職種 受験者 合格者 倍率
 行政一般 146 12 12.2
 土木 18 6 3.0
 建築 3 3 1.0
 機械 1 1 1.0
 電気 6 1 6.0
 学校事務 15 3 5.0
消防 371 59 6.3
保育1 147 83 1.8
保育2 10 6 1.7
司書 94 5 18.8

2018年(平成30年度)

職種 受験者 合格者 倍率
 行政一般 178 26 6.8
 土木 9 6 1.5
 建築 2 1 2
 機械
 電気 1
 学校事務 14 5 2.8
消防 360 15 24.0
保育1 213 88 2.4
保育2 6 4 1.5
管理栄養 38 1 38.0

2017年(平成29年度)

職種 受験者 合格者 倍率
 行政一般 116 19 6.1
 土木 10 4 2.5
 建築 2 1 2.0
 機械 1 1 1.0
 電気 2 0
 学校事務 28 5 5.6
消防 353 45 7.8
保育1 289 77 3.8

2016年(平成28年度)

職種 受験者 合格者 倍率
 行政一般 113 15 7.5
 土木 9 6 1.5
 建築 3 2 1.5
 機械 1 1 1.0
 電気 2 0
 学校事務 23 5 4.6
消防 286 26 11.0
保育1 273 41 6.7
管理栄養 35 1 35.0

名古屋市職員採用試験 募集区分と採用数

名古屋市役所採用 採用人数

公務員には、事務職のほかにも多くの区分(職種)があります。

区分によって受験資格が異なるため、必ず募集要項で確認しましょう。

なお、年度により募集されない職種もあるため注意が必要です。

第1類(大学卒業程度)

大卒程度の試験では、事務職の他に技術職や研究職、消防などが募集されています。

募集される区分と採用予定数は次のとおり。

2020年(令和2年度)

※2020年から保育区分が移動しています。

区分 採用数 区分 採用数
行政一般 100  研究
(機械)
若干
 法律 50  研究
(電子)
若干
 経済 50 研究
(応用化学)
若干
 社会福祉 20  学校事務 10
 土木 35  消防 70
 建築 5  衛生 若干
 機械 5  獣医 若干
 電気 10  保育1 15
 応用化学 若干  保育2 若干
 造園 若干  管理栄養 若干

2019年(令和元年度)

区分 採用人数 区分 採用人数
行政一般 110 法律 55
経済 55 社会福祉 30
土木 35 建築 10
機械 若干 電気 15
応用化学 若干 造園 若干
研究(機械) 数人 研究(電子) 若干
研究(薬学) 若干 研究(獣医) 若干
学校事務 若干 消防 30

第2類(高校卒業程度)

高卒程度の試験では、事務職の他に技術職や消防などが募集されています。

募集される区分と採用予定数は次のとおり。

2020年(令和2年度)

区分 採用数
行政一般
(事務職)
5
土木 5
建築 若干
機械 若干
電気 若干
学校事務 若干
消防 50

2019年(令和元年度)

区分 採用数
行政一般
(事務職)
10
土木 若干
建築 若干
機械 若干
電気 若干
学校事務 若干
消防 45
保育1 40
保育2 5
司書 5

名古屋市職員採用試験 日程

名古屋市役所採用 日程

1類(大卒)と2類(高卒)の試験日程は違います

それぞれまとめているので、流れを確認しましょう。

第1類(大学卒業程度)

大卒程度の採用試験は6月~8月にかけて実施されています。

試験区分によって、流れが違います

詳細は次のとおりです。

2021年(令和3年度)

願書受付 4/22~5/10
一次試験 6/20
一次試験
合格発表
二次試験 7月上旬~8月下旬
最終合格

関連記事【最新】公務員試験 日程一覧|合格へのロードマップ

2020年(令和2年度)

  • 行政一般 / 法律 / 経済 / 消防
  • 保育Ⅰ・Ⅱ
  • その他

それぞれをまとめています。

行政一般 / 法律 / 経済 / 消防
願書受付 4月30日~5月18日
一次試験 6月28日
一次試験
合格発表
7月8日
二次試験 7月16日~8月15日
8月6、7日(消防のみ)
最終合格 8月25日
保育Ⅰ・Ⅱ
願書受付 4月30日~5月18日
一次試験 6月28日
一次試験
合格発表
7月8日
二次試験 7月29日~8月5日
最終合格 8月25日
その他
願書受付 4月30日~5月18日
一次試験 6月28日
一次試験
合格発表
7月8日
二次試験 8月22日~30日
最終合格 9月10日

関連記事【最新】公務員試験 日程一覧|合格へのロードマップ

第2類(高校卒業程度)

2類(高卒程度)の採用試験は9月~11月にかけて実施されます。

出願から最終合格までの流れは次のとおりです。

2021年(令和3年度)

願書受付 7/6~8/2
一次試験 9/26
一次試験
合格発表
二次試験 10月中旬~11月上旬
最終合格

関連記事【最新】公務員試験 日程一覧|合格へのロードマップ

2020年(令和2年度)

願書受付 7月7日~8月3日
一次試験 9月27日
一次試験
合格発表
10月6日
二次試験 10月16日~11月2日
10月19、20日(消防のみ)
最終合格 11月12日

関連記事【最新】公務員試験 日程一覧|合格へのロードマップ

名古屋市職員採用試験 年齢制限

名古屋市役所採用 年齢制限

名古屋市は年齢によって受験区分が異なります。

学歴は関係ないため、高卒でも年齢によっては1類(大卒区分)での受験になるんですね。

それぞれの年齢を確認しましょう。

第1類(大学卒業程度)

30歳まで受験できます

高卒でも、この年齢要件に当てはまれば受験できます。しかし、レベルは大卒程度なので注意が必要です。

詳細は次のとおり。

2020年(令和2年度)

1990年4月2日~1999年4月1日までに生まれた人

※獣医は1985年から、保育は2001年までに生まれた人となっています。

2019年(令和元年度)

1989年4月2日~1998年4月1日までに生まれた人

第2類(高校卒業程度)

21歳まで受験できます

この年齢を過ぎると、高卒でも1類での受験になります。
※レベルは大卒程度。

詳細は次のとおりです。

2020年(令和2年度)

1999年4月2日~2003年4月1日までに生まれた人

2019年(令和元年度)

1998年4月2日~2002年4月1日までに生まれた人

※保育・司書区分は1989年~2000年

名古屋市職員採用試験 内容

名古屋市役所採用 試験内容

公務員試験は「筆記試験」の他にも「面接」や「論作文」が実施されています。

最近は、「面接重視」の傾向が強いです。そのため、筆記試験だけの対策をしていても合格はできません。

区分ごとに試験内容をまとめているので、確認して対策をはじめましょう!

第1類(大学卒業程度)

1類(大卒程度)で実施される試験内容は次のとおりです。

  • 教養試験
  • 専門試験
  • 論文試験
  • 口述面接
  • 体力試験

特徴や対策法をまとめています。

教養試験

教養試験は一次選考で実施されます。

出題は次の2分野からあります。

  • 一般知能
  • 一般知識

多くは中学~高校までに勉強してきた科目です。

しかし、試験科目が多いため傾向を把握して対策するようにしましょう。

詳しい傾向と対策方法を「名古屋市職員採用 教養試験の過去問|ボーダー7割を目指す勉強法を解説」でまとめています。

専門試験

専門試験は、※一次選考で実施されます。
※行政一般、学校事務、消防は除く

教養試験に比べて配点が高いため、優先して勉強をしましょう!

出題分野は試験区分によって異なります。下記を参考にしてみてください。

MEMO

2021年(令和3年度)から「法律」「経済」が統一されます。

区分 内容
行政B
(旧法律・経済)
憲法、行政法、民法、刑法、労働法、経済原論、財政学、経済史、統計学、経済事情、経済政策、政治学、行政学、社会政策、国際関係
社会福祉 社会福祉概論(社会保障を含む)、社会学概論、心理学概論(社会心理学を含む)、社会調査
土木 数学・物理、応用力学、水理学、土質工学、測量、都市計画、土木計画、材料・施工
建築 数学・物理、構造力学、材料学、環境原論、建築史、建築構造、建築計画、都市計画、建築設備、建築施工
機械 数学・物理、材料力学、流体力学、熱力学、電気工学、機械力学・制御、機械設計、機械材料、機械工作
電気 数学・物理、電磁気学・電気回路、電気計測・制御、電気機器・電力工学、電子工学、情報・通信工学
応用化学 数学・物理、物理化学、分析化学、無機化学・無機工業化学、有機化学・有機工業化学、化学工学
造園 造園学原論、造園材料・施工、造園管理、造園計画・設計(都市・地方計画を含む)、造園関連基礎
薬学 物理・化学・生物、衛生、薬理、薬剤、病態・薬物治療、法規・制度
衛生 物理・化学・生物、衛生、薬事法規・薬事制度
獣 医 基礎獣医学、病態獣医学、応用獣医学、臨床獣医学
管理栄養 社会・環境と健康、人体の構造と機能及び疾病の成り立ち、食べ物と健康、基礎栄養学、応用栄養学、栄養教育論、臨床栄養学、公衆栄養学、給食経営管理論

論文試験

論文試験は、※一次選考で実施されます。
※採点は二次試験。

与えられたテーマに沿て、「自分の考え」や「社会的背景」などを盛り込んで論じる試験です。

教養や専門のように「正答」がないため一人では対策が難しいです。はやめに準備をはじめましょう。

傾向や対策法を「名古屋市職員採用 論文試験の過去問|対策に必要な2つの情報」で解説しています。

口述試験

口述試験は2次試験にあります。

内容は個人面接です。

「名古屋市を目指す理由」や「今までの経験」について深く質問されます。そのため自治体研究や自己分析に時間をかける必要がありますよ。

なお、行政一般(行政A)、法律・経済(行政B)を受験する方は2回実施されています。

傾向や対策法を「【公務員】名古屋市の面接で質問された内容を公開!面接カードの重要性とは」でまとめています。

体力試験

体力試験は消防区分を対象に、二次選考で実施されます。

職務遂行に必要な基礎体力(以下)を備えているかを評価します。

検査項目は次のとおりです。

  • 上体起こし
  • 握力
  • 長座体前屈
  • 反復横とび
  • 立ち幅とび
  • 20mシャトルラン

なお、検査基準は「新体力テスト実施要項」を参考にしてみてください。

体力試験の評価基準を確認する(PDF:2MB)

第2類(高校卒業程度)

2類(高卒程度)で実施される試験内容は次のとおりです。

  • 教養試験
  • 専門試験
  • 作文試験
  • 口述面接
  • 体力試験

特徴や対策法をまとめています。

教養試験

教養試験は一次選考で実施されます。

出題は次の2分野からあります。

  • 一般知能
  • 一般知識

多くは中学~高校までに勉強してきた科目です。難易度は「高校卒業程度」。

試験科目が多いため傾向を把握して対策するようにしましょう。

専門試験

専門試験は※一次選考で実施されます。
※行政一般、学校事務、消防を除く

教養試験に比べて配点が高い(下記)傾向があります。

  • 教養試験:210点
  • 専門試験:390点

区分によって出題分野が違うため、確認してから対策をしましょう。

出題分野は次のとおりです。

区分 出題分野
土木 数学・物理・情報技術基礎、土木基礎力学(構造力学、水理学、土質力学)、土木構造設計、測量、社会基盤工学、土木施工
建築 数学・物理・情報技術基礎、建築構造設計、建築構造、建築計画・建築法規、建築施工
機械 数学・物理・情報技術基礎、機械設計、機械工作、原動機、生産システム技術(電気技術、電子技術、制御)、電子機械
電気 数学・物理・情報技術基礎、電気基礎、電気機器・電力技術・電子計測制御、電子技術・電子回路・通信技術・電子情報技術

作文試験

作文試験は※一次選考で実施されます。
※採点は二次試験。

与えられたテーマに沿って、「自分の考え」や「体験」を踏まえて論じる試験です。

配点は教養試験と同じ600点あるため、対策は必須です。

口述試験

口述試験は二次選考で実施されます。

内容は個人面接です。

  • 学生生活で学んだこと
  • 名古屋市を志望する理由

多くのことを質問されるので、ハキハキ回答していきましょう。

配点は1,800点で、1番高いです。

体力試験

体力試験は、消防区分を対象に二次選考で実施されます。

職務遂行に必要な基礎体力(以下)を備えているかを評価します。

検査項目は次のとおりです。

  • 上体起こし
  • 握力
  • 長座体前屈
  • 反復横とび
  • 立ち幅とび
  • 20mシャトルラン

なお、検査基準は「新体力テスト実施要項」を参考にしてみてください。

体力試験の評価基準を確認する(PDF:432KB)

名古屋市職員採用試験まとめ

本記事は、名古屋市職員採用試験の概要をまとめていました。

大卒の倍率は低下傾向で、高卒は過去4番目に高い結果となっています。

合格するには、試験内容を把握して準備をはじめることです。

名古屋市は出題傾向が特殊のため、周りと同じような勉強をしていても効果はありません。

はやめに傾向を把握して、対策をしましょう。

今回は以上です。

このサイトでは、名古屋市職員採用に関する有益情報を発信しています。

時間があるときにでも、確認してみてくださいね。