愛知県庁職員採用の教養試験はどんな科目?過去問や勉強法を解説!

  • 愛知県庁の教養試験はどんな科目が出るの?
  • 教養試験の過去問はどこで入手できるの?
  • 教養試験はどうやって勉強すればいい?

このような疑問を解消していきます。

police-pref-aichi-saiyo-how-to-study
江本(@emotokomin)

本記事は愛知県職員採用試験の教養試験に関する内容をまとめています。

対象:大学卒業程度
区分:行政Ⅰ・行政Ⅱ・他

高卒、社会人経験などは試験傾向が違います。詳しくは「愛知県職員採用情報 (pref.aichi.jp)」をご覧ください。

教養試験は中学~高校までに勉強してきた科目・範囲から出題されます。こう聞くと「簡単じゃん!」と思うかもしれません。

試験レベル自体は一度、勉強したことがある科目ばかりなので大したことありませんが、科目数や出題範囲が膨大なので対策に苦労する受験者は多いです。

よくDMでも相談を受けることが多いですし、僕自身も同じように悩んでいました!なんで、こんなに科目多いでしょうね・・・。

そこで重要なのが出題傾向を把握すること。

ここを詳しく解説していきます!

関連記事愛知県庁職員採用(行政1・2)の難易度は?倍率推移を徹底解説!

【愛知県庁職員採用】教養試験の傾向

prefaichi-kyoyo-keikou

教養試験は全受験者・区分を対象に実施される筆記試験です。

試験レベルは「大学卒業程度」で、区分に関係なく同じ問題を解きます。

教養試験の時間

試験時間は2時間30分(150分)です。

おおむら
おおむら

全然時間が足りなかった・・・。

こういった感想を述べる受験者は一定数いるので、時間配分に気をつけてください。

教養試験の問題数

全50問です。

試験時間は150分なので、単純に計算して1問3分で解かないと時間切れになります。

計算問題や文章問題が多いため、速く解くための練習が必要です。

教養試験の配点

試験行政Ⅰ・他行政Ⅱ
教養試験1530
専門試験30
論文1015
面接4555
合計100100
2021年のデータ

全体に占める割合は低いです。

そのため、ガッツリ勉強するよりも出題傾向に沿って、効率よく対策するようにしましょう。

【愛知県庁職員採用】教養試験の科目は何が出るの?

prefaichi-kyoyo-kamolu

教養試験の科目を紹介します。

教養試験とは、職員として必要な一般的な知識及び知能について、大学卒業程度の択一式による筆記試験を行います。

愛知県職員募集要項

募集要項には、このように記載されていますが、簡単にいうと中学~高校までに勉強してきた知識を問われます。

一般的な知識(一般知識)

一般的な知識(一般知識)は「社会科学」、「人文科学」、「自然科学」の3分野11科目で構成されています

prefaichi-syokuinsaiyo-kamoku
2021年のデータ

中学、高校で1度は勉強した内容なのでイメージしやすいと思います。

レベルは簡単ですが、試験科目が多く、出題範囲が膨大です。また、1科目あたりの問題数が少ないといった特徴があります。

闇雲に勉強するのではなく、「問題数が多い科目」や「出題傾向がわかる科目」を把握して効率よく対策するようにしましょう。

一般的な知能(一般知能)

一般的な知能(一般知能)は、公務員試験に特有の科目で「数的処理」や「文章理解」で構成されています。

prefaichi-syokuinsaiyo-kamoku
2021年のデータ

はじめて聞く科目名だと思いますが、計算問題や長文読解のような科目です。

計算問題が多いので、数学が苦手な人は苦痛を感じるかもしれませんが、1科目あたりの問題数が多いので、優先して勉強するようにしましょう。

【愛知県庁職員採用】教養試験の過去問

prefaichi-kyoyo-kakomon

結論を言うと、過去問は非公表です。

試験日に回収されるため、過去問は入手できないんですね。

ここでは、受験者から教えてもらった内容をまとめたデータを公開しています。

2021年(令和3年度)

愛知県職員採用試験 教養試験の過去問を見る(PDF)

2020年(令和2年度)

愛知県職員採用試験 教養試験の過去問を見る(PDF)

2019年(令和元年度)

愛知県職員採用試験 教養試験の過去問を見る(PDF)

下記記事では、過去6年間の出題範囲を科目ごとのまとめたデータを公開しています。

効率よく勉強するために使えるはずなので、確認してみてください。

関連記事【公務員試験】愛知県庁 教養試験の出題範囲を徹底解説!

【愛知県職員採用試験】教養試験を勉強するコツ

prefaichi-kyoyo-how-to-study

試験科目や特徴がわかったら、いよいよ勉強をはじめていきます。

おおむら
おおむら

科目が多すぎて、何から勉強すればいいの・・・。

教養試験は、科目・範囲が広いので、何から勉強すればいいか悩んでいる受験者は多いです。

結論からいえば、問題数の多い科目から勉強しましょう。

問題数の多い科目から勉強する

  • 判断推理:10問
  • 数学:1問

同じ時間を使って勉強するなら、10問出る判断推理を勉強した方がいいですよね。

科目数は多いけど、出題数は科目によってバラバラです。なので、問題数が多い科目から勉強しましょう。

2021年のデータ
江本
江本

数的処理や社会科学あたりがおすすめですね!

頻出の単元から勉強する

おおむら
おおむら

判断推理が重要なのはわかったけど、範囲が広すぎて・・・。どこから勉強すればいいの?

勉強する科目が決まっても、「どこから勉強するのか」まで決めないと効率よく勉強はできません。

例えるなら、沖縄から北海道まで行くことは決まったけど、飛行機で行くのか、船で行くのかまで決まっていない感じです。手段によって到着時間や利便性は大きく変わりますよね。

そこで重要なのが、過去の出題範囲から必須分野を絞ることです。

例えば、何も傾向を知らないまま判断推理を勉強するなら、22分野を勉強しなくてはいけません。

出典:スーパー過去問ゼミ「判断推理・空間把握」

22分野もあるので、気が遠くなりそうですね・・・。

ここで、過去の出題範囲から傾向を把握すれば、「対応関係」、「順序関係」、「移動・回転・軌跡」の3分野を徹底して勉強すればいいことがわかるはずです。

過去6年間の出題範囲

見てのとおり、「対応関係」や「移動・回転・軌跡」は100%(順序関係は80%)出ているので、勉強する価値があありますね。反対に集合や暗号・規則性などはまったく出ていないため、初めから勉強する必要はありません。

江本
江本

何も知らないと、絶対に勉強していましたよね・・・。実は僕もガッツリ勉強してました。(笑)

教養試験は科目も出題範囲も広いですが、傾向をしっかり把握さえしておけば簡単に勉強することができます

無駄な時間を使わないためにも、最初に出題傾向を把握するようにしましょう。

なお、全科目の出題範囲を下記記事で解説しているので、確認してください。

関連記事【公務員試験】愛知県庁 教養試験の出題範囲を徹底解説!

【愛知県庁職員採用】教養試験の勉強方法

prefaichi-kyoyo-sow-to-study

試験科目や出題範囲がわかったら、あとは計画を立てながら勉強していきましょう。

とはいえ、「どんな風に進めていけばいいのか」とか「参考書や問題集は何を使えばいいのか」といった疑問を抱える人もいるかもしれません。

そこで、勉強の進め方やおすすめの参考書・問題集を下記記事で解説しています。よかったら参考にしてみてください。

勉強はどうやって進めればいいの?

koumuinnsikenn-how-to-study 公務員試験の勉強法|合格点が取れる仕方を徹底解説【期間・時間】

おすすめの参考書・問題集は?

koumuin-sankousyo6 【2021年】公務員試験 おすすめの参考書・過去問題集【合否に直結】

【愛知県庁職員採用】教養試験のボーダーは高くない

prefaichi-kyoyo-goukakuten

本記事では、愛知県職員採用(大卒)の教養試験をまとめていました。

一次試験の合否は「教養試験」と「専門試験(論文試験)」の総合点で決まります。

一次試験の合格率は50%以上あることや、合格者からの報告で6割くらいあれば通過できているので、そこまでボーダーは高くありません。

教養試験は科目も出題範囲も膨大なので、適当に勉強していては試験までに終わらせることができないので注意が必要です。

まずは出題範囲をしっかり把握して効率よく勉強していきましょう。

ホームページ上で知ることができないデータなので、有効活用してください。

関連記事【公務員試験】愛知県庁 教養試験の出題範囲を徹底解説!