労働基準監督官採用 専門(記述式)の過去問|基準点に注意して対策

労基 専門記述のテーマ (2)

こんにちは、江本(@emotokomin)です。

本記事は「労働基準監督官採用の専門(記述式)」に関する情報をまとめています。

✓主な内容

  • 傾向
  • 評価の観点
  • 出題テーマ

参考にして対策をはじめましょう!

記事を書いている僕は国立大学のキャリア支援課で公務員試験の指導をしつつ、このサイトを運営しているという感じです。キャリアは10年目になりました。

“江本”

関連記事労働基準監督官採用試験 倍率の推移|対策ロードマップ

労働基準監督官採用 専門(記述式)試験の傾向

労基 専門記述のテーマ

試験は一次選考で行われます。

内容は「専門知識に関する文章試験」です。

知識があっても文章表現ができないと評価は上がらないんですね。

労働基準監督Aの出題形式

A区分は次の2題に関する出題があります。

  • 労働法
  • 労働事情

試験時間は120分で、1題につき1枚(1,600字程度)の答案用紙が配布されます。

形式は横書きです。

平均点・基準点

満点は200点です。

過去3年間の平均点は次のとおり。

  • 2020年(令和2年度):95.188点
  • 2019年(令和元年度):99.059点
  • 2018年(平成30年度):97.013点

基準点(60点)を下回ると不合格になるため注意しましょう。

労働基準監督Bの出題形式

B区分は次の6題に関する出題があります。

  • 工業事情
  • 労働安全衛生
  • 力学
  • 電磁気
  • 化学
  • 数学

このうち「工業事業」は必須となっており、残り5題から1題を選び合計2題に解答します。

試験時間は120分で、1題につき1枚(1,600字程度)の答案用紙が配布されます。

形式は横書きです。公務員試験 論文の対策法3ステップ|安く添削を受ける方法【書き方解説】

平均点・基準点

満点は200点です。

過去3年間の平均点は次のとおり。

  • 2020年(令和2年度):100.505点
  • 2019年(令和元年度):96.368点
  • 2018年(平成30年度):99.459点

基準点(60点)を下回ると不合格になるため注意しましょう。

労働基準監督官採用 専門(記述式)試験のテーマ

労基 専門記述のテーマ (1)

出題されたテーマをもとに対策をはじめましょう。

労働基準監督A

2020年(令和2年度)

専門(記述式)の出題テーマを確認する(PDF:191KB)

2019年(令和元年度)

専門(記述式)の出題テーマを確認する(PDF:156KB)

2018年(平成30年度)

専門(記述式)の出題テーマを確認する(PDF:153KB)

なお、2017年~2011年までのテーマを「労働基準監督A 専門記述の教科書」でまとめています。

併せてご覧ください。

労働基準監督B

2020年(令和2年度)

専門(記述式)の出題テーマを確認する(PDF:217KB)

2019年(令和元年度)

専門(記述式)の出題テーマを確認する(PDF:146KB)

2018年(平成30年度)

専門(記述式)の出題テーマを確認する(PDF:82KB)

なお、2017年~2012年までのテーマを「労働基準監督B 専門記述の教科書」でまとめています。

併せてご覧ください。

労働基準監督官採用 専門(記述式)試験まとめ

本記事は労働基準監督官採用の専門記述をまとめていました。

試験攻略には「専門知識」と「文章力」の2つが必要です。

専門知識は多肢択一式の勉強をしていれば身につきます。

文章力は書いて身に付けるしか方法はありません。

はやめに準備をはじめましょう。