さいたま市職員採用試験 論文の過去問|対策法を解説!

saitamacity-ronbun (3)

こんにちは、江本(@emotokomin)です。

本記事は「※さいたま市職員採用の論文」に関する情報をまとめています。
※対象は大学卒業程度の行政事務・学校事務・消防です。

  • 論文の傾向が知りたい人
  • 出題テーマが見たい人
  • 対策法が知りたい人

これらの人に役立つ内容だと思います。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

それでは、どうぞ!

関連記事【難易度は高い?】さいたま市職員採用 倍率の推移|対策ロードマップ

さいたま市職員採用 論文試験の傾向

saitamacity-ronbun

論文試験は、二次選考で実施されます。

出題テーマは試験区分によって異なっており、仕事に対する「心構え」や「知識」が必要です

例)

  • 行政事務:「さいたま市が行政として果たす役割」
  • 消防:「さいたま市消防としてどのように備え対処していくべきか」

そのため、仕事内容は把握しておくといいですよ。

試験時間

試験時間は60分です。

書くときは、時間配分を意識するようにしましょう。

  • テーマの把握:10分
  • 書く:45分
  • 見直し:5分

このくらいの配分がいいかと。

テーマの把握を間違えると、最終的に修正が困難なので時間はかけたほうがいいですよ。

文字数

文字数は、1,000字です。

どのくらい書けばいいの?

目安は900字前後です。

文字数も評価対象に含まれるため、9割前後は書いておくといいですよ。

少ないと減点、もしくは評価されない場合もあります。

さいたま市職員採用 論文試験の過去問

saitamacity-ronbun (1)

ここでは過去に出題された論文テーマをまとめています。

数年分あるので練習してみましょう!

2019年(令和元年度)

  • 行政事務
  • 学校事務
  • 消防

区分ごとにまとめています。

行政事務

日本全体では人口減少が続くなか、昨年、さいたま市は人口130万人を突破し、今後10年は人口が増加する見通しである。しかし、その後は人口が減少に転じる見通しとなっており、こうした状況を踏まえ、さいたま市が行政として果たす役割について、あなたの考えを述べなさい。

学校事務

さいたま市の目指す子ども像「ゆめをもち 未来を切り拓く さいたま市の子ども」を実現するために、学校事務職員として果たす役割について、あなたの考えを述べなさい。

消防

今後、発生が危惧される震災等の大規模災害時には、火災、救助、救急要請が同時多発的に発生することが予想されます。さいたま市消防としてどのように備え対処していくべきか、あなたの考えを述べなさい。

2018年(平成30年度)

  • 行政事務
  • 学校事務
  • 消防

区分ごとにまとめています。

行政事務

さいたま市職員は、「市民一人ひとりのしあわせコーディネーター」という意識を持って仕事に取り組んでいます。あなたがさいたま市職員になって、市民一人ひとりのしあわせを応援するとしたら、どのようなことができるかを述べなさい。

学校事務

子供が安心して生活するためには、どのようなことが必要かを述べなさい。

消防

大地震をはじめとした自然災害による被害が懸念される中で、安全で災害に強い地域づくりのために、行政はどのようにすべきか、あなたの考えを述べなさい。

2017年(平成29年度)

  • 行政事務
  • 学校事務
  • 消防

区分ごとにまとめています。

行政事務 / 学校事務

さいたま市は、職員のモチベーションの向上やワーク・ライフ・バランスの実現を図り、働きがいのある市役所づくりを進めています。あなたのイメージする働きがいのある職場とは、どのような職場ですか。また、そのイメージを実現するために、どのような取組が効果的か、あなたの考えを述べなさい。

消防

高齢化社会に向け、消防、消防(救急救命士)が担う役割について、あなたの考えを述べなさい。

2016年(平成28年度)

~2012年までの出題テーマを「さいたま市職員採用 論文試験の教科書」で公開しています。

時間があるときにでも、確認してくださいね。

さいたま市職員採用 論文試験の対策法

saitamacity-ronbun (2)

論文は、独学で対策できる部分と無理な部分があります。

とくに直前期に勉強を始めようとしている人は注意が必要です。

対策①:書き方の勉強

論文は書き方(構成)を知ることが必要です。

ですので、まずは書き方を知りましょう。

予備校などで直接授業を受けることが近道ですが、参考書で勉強するのもありです。

おすすめは「よくわかる! 公務員試験(初級)のための論作文術」。

これを読み込んで、論文の型を知ってください。

対策②:テーマに沿って、書いてみる

次に、実際の出題テーマを使って、文章を書いてみましょう。

ここでは、時間を図って書くようにしてくださいね。

そして、対策①で勉強した型に沿って書いていきます。

そうすると、書けない理由(知識不足や型が分かっていない)が見えてくるので、そこを補っていきます。

なお、過去の出題テーマは「さいたま市職員採用 論文試験の教科書」で公開しています。

対策③:添削を受ける

ここからは、独学では無理です。

必ず書いた論文を誰かに見てもらいましょう。

  • 誤字・脱字
  • 文法
  • 文章構成

こういった項目は1人では気づけないからです。

また、これらの項目はかなり評価対象になるため、知らずに勉強していてはヤバいですよ。

詳しくは「公務員試験 論文の対策法3ステップ|安く添削を受ける方法【書き方解説】」でまとめています。

この3ステップを踏むことで、論文はある程度攻略できるはず。

さいたま市職員採用 論文試験まとめ

本記事では、さいたま市職員採用の論文試験をまとめていました。

論文は独学でも70%くらいの対策はできますが、100%の対策はできません。

100%に近づけるには、添削者(第三者)の協力が必要なので、早めに探すようにしましょう。

試験直前期は、多くの受験者が添削指導を受けるので、場合によっては受け付けてくれないこともありますよ!

本記事はここまでです。