【質問公開】東京都庁採用1類B(一般) 面接カードは最重要!書き方を徹底解説

面接対策において、面接カードが重要なのはわかっていても、実際にどのような自己PRや志望動機を書けばいいのかわからないという人も多いはず

面接カードの内容が意味不明だと、面接官はどんな質問をすればいいか迷ってしまいますし、印象も良くないのでマイナス評価につながります。

そこで本記事では、面接カードの書き方と内容について、詳しく解説しています。

また、実際にどんな質問が聞かれているのかもまとめました。

 

記事を書いている僕は国立大学のキャリア支援課で公務員試験の指導をしつつ、このサイトを運営しているという感じです。キャリアは11年目になりました。

“江本”

 

記事を読めばすぐに対策をスタートできるので参考にしてくださいね。

注意

内容はⅠ類B(一般方式)です。その他の区分を受験する場合は、下記をご覧ください。

関連記事【ノープランだと落ちる】東京都庁職員採用 試験日程を徹底解説【一次・二次】

 

東京都庁採用1類B(一般方式) 面接カードの重要性

東京都庁 個人面接の傾向

面接カードとは、面接官が質問をするときに使う資料のことです。

あなた自身の経歴や志望動機などを書いて提出します。

面接は、この面接カードに沿って行われるので、自信をもって話せる内容を書くことが大切です。

面接カードの提出はいつ?

面接カードは、二次試験日に提出します。

事前に東京都のホームページからダウンロードして、作成する必要があります。

早い人だと合格発表から10日後には面接が始まるため、できれば早い段階から作成しておくと楽ですよ。

面接カードの内容

2020年(令和2年度)の内容は次のとおり。

  1. あなたがこれまでに学習したこと又は研究した内容などを書いてください。受験する試験区分に関係するものがある場合は、そのことを中心に書いてください。(100字程度)
  2. あなたがこれまで力を入れて取り組んだことについて、取組期間も含めて書いてください。(3つ、箇条書き)※1つ30字程度
  3. これまで取り組んだことのうち、成果や達成感を得た経験(1つ)について、
  4. 東京都を志望した理由について書いてください。(100字程度)
  5. 東京都に採用されたらやってみたいことについて、具体的に書いてください。(100字程度)
  6. 希望する職務分野2つ

実際の面接カードを見たい場合は、下記から面接カードをダウンロードしてご利用ください。

 

面接カードの書き方

面接は、事前に提出する面接カードに沿って行われるため、時間をかけて内容を考える必要があります。

曖昧な返答だと、「具体的にありますか?」と追加質問されます。ここで自己分析の甘さが見透かされるため注意が必要です。

詳しく内容を書くのではなく、

  • 「面接官に質問してほしいこと」
  • 「面接官ならこう聞いてくるだろう」

などをシミュレーションしながら書いていけるといいです。

書き方①:自己分析

まずは、箇条書きでいいので、長所や短所、これまでに経験したことなどを書きだしてみましょう。

例)

  • 明るい
  • 元気
  • 責任感がある

続いて、出た内容をもとに、根拠(エピソード)をまとめていきます。

いくつか根拠を出していくと、共通する部分がでてくるので、それがアピールする核となるんですね。

核がないと、すぐにボロがでるので、時間をかけて考えていきましょう。

 

江本

思いつかないときは、友達や親に客観的な意見を聞くのもありだね

 

書き方②:自己PRと志望動機を考える

続いて、自己分析で出た内容を、志望動機と自己PRに分けて作ってみましょう。

例)志望動機

  • 公務員を目指した理由
  • 職種(事務とか消防)を目指した理由
  • 東京都を目指した理由

などを、盛り込んで書きましょう。

例)自己PR

今までの経験をベースに書いていきますが、事実だけ述べて終わらせないことがポイントです。

例えば、

 

相談者

海外留学を経験しました(ドヤッ)

 

と、書いただけでは、「あっそー」で終わるだけで、評価にはならないんですね。

その海外留学を「東京都職員として、どう活かすか」を書くことが大切です。

 

江本

自慢大会をしても意味ないよ

 

書き方③:添削を受ける

自分では、良く書けたと思っても、第三者が見ると「え?どういうこと?」と、なります。

なので、必ず書いた内容は学校や予備校などに見てもらいましょう

内容的な問題点や課題などの、客観的なアドバイスをもらえますよ。

 

江本

面接官も第三者ですからね、いきなり見せて大丈夫なのか、冷静に考えてくださいね。

 

なお、「ココナラ 」でも、添削サービスを中心に活動している方が多数います。

予備校よりも格段に安いので、活用してみるのもありですね。

時間を使って、仕上げていきましょう!

 

 

東京都庁採用1類B(一般方式) 面接の傾向と過去に聞かれた質問内容

東京都庁 個人面接の傾向 (1)

東京都の面接は二次試験に行われます。

試験時間は30分程度で、一般的な面接時間(15分)と比べて長いです。

ここでは、過去の受験者から教えてもらった質問内容を公開しています。

面接対策の基本は「想定される質問をもとに、回答を準備する」ことです。

回答できるか確かめてみましょう!

  • 東京都のホームページを見たことがありますか。
  • 人生で挫折した経験をどのように乗り越えましたか。
  • リーダシップをとった経験はありますか。
  • やりたい仕事を3ついってください。
  • どんなボランティア活動をしていましたか。
  • 東京都の問題点を言ってみてください。
  • 東京都の施策で知っていることを教えてください。
  • 東京都と特別区の違いは何ですか。
  • 東京都庁のイメージを教えてください。
  • 他人と意見が食い違ったらどうしていますか。

上手く回答できましたか?

一つでも多く自分の回答を作っておくことが自信につながり、結果として面接を攻略することができますよ!

なお、もっと質問内容が知りたいという方は「東京都職員採用1類B(一般方式) 個人面接の教科書」で公開しています!

面接対策の基本は「想定される質問をもとに、回答を準備する」ことです。

時間があるときに確認してみてくださいね。

 

東京都職員採用1類B(一般方式) 個人面接まとめ

東京都庁 個人面接の傾向 (2)

本記事は、東京都職員採用1類B(一般方式)の個人面接をまとめていました。

面接は、事前に提出する面接カードが軸となって質問されます。

なので、時間をかけて丁寧に自己分析をしておきましょう。

そのうえで、「想定される質問をもとに、多くの回答を準備」することです。

東京都職員採用1類B(一般方式) 個人面接の教科書」で100個以上の質問内容を公開しているので、参考にしてみてくださいね。

この記事はここまでです。