【高卒】東京消防庁消防官採用3類 教養試験の過去問|勉強法2ステップ

syobocho3rui-kyoyo (3)

こんにちは、江本(@emotokomin)です。

記事を書いている僕は国立大学のキャリア支援課で公務員試験の指導をしつつ、このサイトを運営しているという感じです。キャリアは10年目になりました。

“江本”

本記事では、「※東京消防庁消防官採用Ⅲ類(高卒)の教養試験」に関する情報をまとめています。

※Ⅰ類(大卒)を受験する人は「東京消防庁消防官採用1類 教養試験の過去問|点を取る勉強法を解説」をご覧ください。

「勉強ができない!」と悩んでいる方の多くは、「勉強の仕方」を知らないだけの場合が多いです。

この記事で解説する「2ステップ」を知ることで、「何をすればいいのか」知ることができますよ!

さっそく、まとめていきます。

関連記事東京消防庁消防官採用 倍率10倍超えは必然|対策ロードマップ

【高卒】東京消防庁消防官採用3類 教養試験の過去問

syobocho3rui-kyoyo

  • 2020年(令和2年度)
  • 2019年(令和元年度)
  • 2018年(平成30年度)

まずは出題された問題を見て、内容のイメージやレベルの確認をしてみましょう。

2020年(令和2年度)

教養試験の問題(PDF)を見る。

2019年(令和元年度)

教養試験の問題(PDF)を見る。

2018年(平成30年度)

教養試験の問題(PDF)を見る。

なお、過去6年間の出題範囲データを「消防庁Ⅲ類 教養試験の教科書」でまとめています。

コスパよく勉強したい人におススメですよ!

今すぐチェック!

消防庁Ⅲ類の出題範囲を確認する

【高卒】東京消防庁消防官採用3類 教養試験の傾向

syobocho3rui-kyoyo (1)

教養試験は、一次選考で実施されます。

  • 試験科目
  • 出題形式
  • 合格点(ボーダー)

対策に必要な情報を確認しておきましょう。

試験科目

  • 一般知能
  • 一般知識

教養試験は、この2つから構成される筆記試験です。

大学受験と違い、中学~高校までに勉強する全ての科目から出題がありますよ!

それぞれの詳細は次のとおり。

一般知能

  • 数的推理
  • 判断推理
  • 資料解釈
  • 文章理解

公務員試験で特有の科目です。

1科目あたりの出題数が多いため、攻略必須の科目です。

また、苦手な受験者が多いため早めに対策するようにしましょう。

一般知識

  • 社会科学
  • 人文科学
  • 自然科学

一般知識は中学~高校までに勉強してきた科目のことです。

消防庁は理系科目(数学や化学など)の出題が多い特徴があります。

出題数は少ないけど、科目数が多いので傾向を踏まえて勉強しましょう。

全科目やる人ほど落ちます。

出題形式

  • 試験時間:120分
  • 問題数:45問

全問マークシート形式です。

5つの選択肢から正解を1つ選んで記入します。

適当にやっても5分の1の確率で正答することができますよ(笑)

合格点(ボーダー)

合格点は65%くらいはほしいところ(29/45点)。

合格点は決して高くないので、傾向を踏まえて効率よく勉強しましょう。

とくに、消防庁の一次試験合格率は16%ほどで、かなり狭き門です。

論文試験の評価も加わるため、一概にはいえませんが、27~29問くらいは正解しておくべき。

【高卒】東京消防庁消防官採用3類 教養試験の対策法2ステップ

syobocho3rui-kyoyo (2)

先日に下記ツイートをしました。

教養試験は、出題範囲が膨大なので、全部をやることは難しいです。

むしろ、全部を勉強しなくても、余裕で合格できるので、不安がる必要はないですよ。

ここでは、効率よく勉強ができるような内容をまとめています。

勉強が苦手で悩んでいる人は参考にしてみてくださいね。

ステップ①:科目の優先順位を決めよう。

江本

どの科目から勉強すればいいの?多すぎてよくわからない・・・。

これから勉強する人は、こう悩んでいるのではないでしょうか。

結論からいうと、出題数一覧をみて、7割(32/45問)分の勉強をしましょう。

理由は簡単でして、全科目を勉強するのは非効率だからです。

合格点は27点~29点

先ほどもいったけど、ボーダーは27点~29点です。

なので、全科目をやって7割とっても、科目を絞って7割とっても同じこと。

時間的にも全科目をやれば、知識が定着しないので、逆に点が取れない場合が多いです。

なので、科目を絞って勉強することがポイント。

科目ごとの出題数一覧は次のとおり。

科目 出題数
数的推理 4
判断推理 6
資料解釈 4
文章理解
(現代文)
5
文章理解
(英文)
3
政治 2
経済 1
社会 2
日本史 2
世界史 2
地理 2
国語 3
数学 3
物理 2
化学 2
生物 2

ステップ②:勉強する範囲を絞ろう

江本

数学は3問出るから勉強したいけど、超苦手なんだよね・・・。それでもやらないとダメかな?

数学って難しいですよね。

僕も苦手だったので、捨てたい気持ちは分かります。

しかし、数学は出題範囲が決まっているのに、捨てるのは損じゃないですかね・・・。

出題範囲が分かれば、勉強は楽勝!

次のデータをご覧ください。

syobo3rui

過去6年間の出題範囲をまとめたデータです。

見てのとおり、「二次関数」と「因数分解」ばかり出ていますよね。

なので、数学が苦手でも、この2分野だけ勉強すれば3問中2問はもぎ取ることができそうです。

こういった出題範囲を踏まえて勉強すれば、少ない時間の中でも点数が取れる勉強をできますよ。

他の科目についても「消防庁Ⅲ類 教養試験の教科書」でまとめています。

600時間かかる勉強を400時間くらいに減らしたい人はぜひ、参考にしてみてください。

今すぐチェック!

消防庁Ⅲ類の出題範囲を確認する

こんな感じで、教養試験は攻略することができます。

長くなったので、簡潔にまとめると、

  • 出題科目数を把握して7割程度の勉強をする。
  • 出題範囲を踏まえて、出るところを集中攻撃する。

この2つだけで、教養試験対策は終了です。

あとは、選んだ参考書をこなせばOK。

【高卒】東京消防庁消防官採用3類 教養試験まとめ

本記事では、東京消防庁消防官採用3類の教養試験をまとめていました。

合格率は16%ほどで、狭き門です。

しかし、ボーダーは7割あれば通過できるため、難しい試験ではありません。

7割であれば、全科目・範囲を勉強しなくても余裕で取ることができます。

そのためには、出題範囲を把握して勉強することがポイント。

過去6年間の出題範囲データを「消防庁Ⅲ類 教養試験の教科書」でまとめています。

さっそく、勉強をはじめていきましょう!

今すぐチェック!

消防庁Ⅲ類の出題範囲を確認する