【難易度は高い?】東京消防庁消防官 倍率の推移|今後は上がる理由も!

こんにちは、江本(@emotokomin)です。

  • 今から対策を始めようと思っているんだけど・・・。
  • 東京消防庁の難易度って高いの?
  • 倍率はどれくらい?

消防庁の消防官になるには、東京消防庁が実施している「消防官採用試験」に受かる必要があります。

試験は区分によって、

  • Ⅰ類:大卒
  • Ⅱ類:短大卒
  • Ⅲ類:高校卒

に、分けて行われています。

試験を受けるにあたって、気になるのが難易度ですよね。

結論からいうと、消防庁の難易度は普通です。

2020年(令和2年度)の合格率は14.9%でした(Ⅰ類)。

他の自治体と比べてみると、こんな感じです。

 

主な試験 合格率
東京消防庁 14.9%
千葉市消防 8.8%
横浜市消防 22.0%
さいたま市消防 14.9%
名古屋市消防 24.8%

 

また、筆記試験のボーダーラインは5割~6割なので、大学受験と比べても、高いレベルは必要ないんですね。

とはいえ、試験内容は幅広いので、「結局何から始めればいいの?」と、そもそも受験を諦めてしまう人は、とても多いです。

そこでこの記事では、これから東京消防庁消防官を目指せるよう、試験傾向から対策方法まで、まとめて解説していきます。

記事を書いている僕は国立大学のキャリア支援課で公務員試験の指導をしつつ、このサイトを運営しているという感じです。キャリアは11年目になりました。

“江本”

最新~過去の実施結果(倍率)も、区分ごとにまとめているので、参考にしてみてください。

まったく知識ゼロの初心者でも、合格するまでに必要なプロセスが分かりますよ!

なお、試験日程を知りたい場合は、「【2021年度】東京消防庁消防官採用 試験日程まとめ|合格への流れを解説!」をご覧ください。

【実施結果】東京消防庁消防官採用試験 倍率の推移【最新~過去】

消防庁の試験日程

2020年(令和2年度)の※全体倍率は7.1倍でした。
(※Ⅰ類・Ⅱ類・Ⅲ類の合計)

  • 受験者:9,492人
  • 合格者:1,343人

新型コロナウイルスの影響もあり、どの区分でも過去最低の倍率を記録していますよ。

各試験の詳細をまとめているので、参考にしてください。

2020年(令和2年度)の結果

Ⅰ類(大学卒業程度)

受験者 合格者 倍率
第1回 2,976 437 6.8
第2回 747 118 6.3

Ⅱ類(短大卒業程度)

受験者 合格者 倍率
1,730 262 6.6

Ⅲ類(高校卒業程度)

受験者 合格者 倍率
4,005 522 7.7

2019年(令和元年度)の実施結果

Ⅰ類(大学卒業程度)

受験者 合格者 倍率
第1回 3,861 441 8.8
第2回 1,287 76 16.9

Ⅱ類(短大卒業程度)

受験者 合格者 倍率
1,538 150 10.3

Ⅲ類(高校卒業程度)

受験者 合格者 倍率
5,723 209 27.4

2018年(平成30年度)の実施結果

Ⅰ類(大学卒業程度)

受験者 合格者 倍率
第1回 4,572 407 11.2
第2回 1,471 58 25.4

Ⅱ類(短大卒業程度)

受験者 合格者 倍率
1,574 121 13.0

Ⅲ類(高校卒業程度)

受験者 合格者 倍率
6,500 368 17.7

2017年(平成29年度)の実施結果

Ⅰ類(大学卒業程度)

受験者 合格者 倍率
第1回 4,890 279 17.5
第2回 2,246 105 21.4

Ⅱ類(短大卒業程度)

受験者 合格者 倍率
1,669 52 32.1

Ⅲ類(高校卒業程度)

受験者 合格者 倍率
6,913 347 19.9

2016年(平成28年度)の実施結果

Ⅰ類(大学卒業程度)

受験者 合格者 倍率
第1回 4,837 365 13.3
第2回 2,691 107 25.1

Ⅱ類(短大卒業程度)

受験者 合格者 倍率
3,860 99 39.0

Ⅲ類(高校卒業程度)

受験者 合格者 倍率
6,829 370 18.5

東京消防庁消防官採用試験 採用人数と倍率の関係

消防官 日程一覧

結論からいうと、倍率は上がると思います。

昨年度はコロナウイルスの影響でガクッと下がっていましたからね・・・。

しかし、昨年度に比べ大幅に採用数が増える見込みとなっているので、例年に比べると下がるかと。

2021年(令和3年度)は全体で630人の採用を予定しています。

区分ごとの詳細は次のとおりです。

Ⅰ類(大学卒業程度)の採用数は200人の増加を予定!

年度 採用数
2021 310人
2020 110人
2019 200人

2類(短大卒業程度)の採用数は60人の増加を予定!

年度 採用数
2021 100人
2020 40人
2019 60人

3類(高校卒業程度)の採用数は140人の増加を予定!

年度 採用数
2021 220人
2020 80人
2019 130人

消防庁消防官採用試験 倍率まとめ

本記事では、東京消防庁消防官採用試験の倍率をまとめていました。

全国から消防官になりたい人が集まるので、倍率は高めです。

なので、はやめに準備をはじめるようにしましょう。

まずは、試験ごとの傾向を把握して、無駄がないように対策したいですね。

焦る必要はないので、出来ることからやってください。

このサイトでは、東京消防庁消防官の合格に必要な情報を多く発信しています。

時間があるときに見てみてくださいね。

今回は、以上です。

関連記事【過去問あり】東京消防庁消防官採用1類 試験内容と傾向を徹底解説!