【2021年度】東京消防庁消防官採用 試験日程まとめ|合格への流れを解説!

東京消防庁 試験日一覧

こんにちは、江本(@emotokomin)です。

本記事は、東京消防庁の消防官を目指す方向けに「採用試験の日程」を解説していきます。

試験は区分によって、

  • Ⅰ類:大卒
  • Ⅱ類:短大卒(学歴フリー)
  • Ⅲ類:高卒

に、分かれています。

それぞれをまとめているので、該当する日程を確認してみましょう。

記事を書いている僕は国立大学のキャリア支援課で公務員試験の指導をしつつ、このサイトを運営しているという感じです。キャリアは11年目になりました。

“江本”

なお、倍率を知りたい人は「【難易度は高い?】東京消防庁消防官 倍率の推移|今後は上がる理由も!」をご覧ください。

【大学卒】東京消防庁消防官採用1類 試験日程|出願〜結果発表まで

消防庁一類 試験日程

1類の試験は、例年2回あります。

試験の流れを、簡潔にいうと、

  1. 出願
  2. 一次試験
  3. 二次試験
  4. 最終合格

と、なっています。

まずは、試験日を把握して合格までの計画を考えてみましょう。

日程①:実施要項の配布と出願期間

内容 日程
募集要項の案内 2021年2月22日〜
出願期間 2021年4月2日~15日

出願の方法は、インターネットのみです。

郵送・持参での受付は、できないと思ってください。

江本

出期間が短いので、忘れずに出願しましょう!

日程②:一次試験と合格発表

試験日 合格発表
2021年5月9日(日) 2021年6月9日

試験日は、全国の消防官で1番はやいです。

なので、全国から受験者が集まりますよ!

なお、東京都のほかに、「大阪府」と「福岡県」でも受験できます。

江本

九州や関西に住んでいても、受験しやすいですね

日程③:二次試験と最終結果

試験日 最終合格発表
①2021年6月24~28
②2021年6月29日~7月6日
2021年8月2日

それぞれの期間で指定された日に実施されます。

試験日を変更することはできないので、他の試験と重なった場合は、諦めるしかありません。

二次試験に合格すれば、内定となります。

結果が出るまで長い道のりです。少しずつ対策をしていきましょう。

なお、試験内容を知りたい人は、「【過去問あり】東京消防庁消防官採用1類 試験内容と傾向を徹底解説!」をご覧ください。

 

※新型ウイルスの影響で、延期となっています。

流れ 第1回 第2回
願書受付 4月1日~16日
6月15日~7月10日
12月3日~20日
一次試験 5月10日(日)
8月9日
1月10日
一次試験
合格発表
9月15日 2月1日
二次試験 6月24日~7月3日の間で指定された日
10月9日~16日の間で指定された日
2月23日~25日の間で指定された日
最終合格 10月30日 3月10日

 

【短大卒】東京消防庁消防官採用2類 試験日程|出願〜結果発表まで

消防庁二類 試験日程

二類の試験は秋に実施されます。

試験の流れを、簡潔にいうと、

  1. 出願
  2. 一次試験
  3. 二次試験
  4. 最終合格

と、なっています。

まずは、試験日を把握して合格までの計画を考えてみましょう。

日程①:実施要項の配布と出願期間

内容 日程
募集要項の案内 2021年2月22日〜
出願期間 2021年7月8日~26日

出願の方法は、インターネットのみです。

郵送・持参での受付は、できないと思ってください。

江本

出期間が短いので、忘れずに出願しましょう!

日程②:一次試験と合格発表

試験日 合格発表
2021年9月5日(日) 2021年10月12日

試験日は、他の自治体と違っています。

なので、併願として受験する消防官志望者は多いです。

日程③:二次試験と最終結果

試験日 最終合格発表
①2021年10月25日,26日
②2021年11月1日~4日
2021年12月6日

それぞれの期間で指定された日に実施されます。

試験日を変更することはできないので、他の試験と重なった場合は、諦めるしかありません。

二次試験に合格すれば、内定となります。

※合格後の流れ
最終合格 ⇒ 名簿登録 ⇒ 意向聴取 ⇒ 採用内定 ⇒ 採用

結果が出るまで長い道のりです。少しずつ対策をしていきましょう。

 

流れ 日程
願書受付 6月25日~7月16日
一次試験 9月6日
一次試験
合格発表
10月6日
二次試験 11月9日~17日の間で指定された日
最終合格 12月18日

 

【高校卒】東京消防庁消防官採用3類 試験日程|出願〜結果発表まで

消防庁三類 試験日程

三類の試験は秋に実施されます。

試験の流れを、簡潔にいうと、

  1. 出願
  2. 一次試験
  3. 二次試験
  4. 最終合格

と、なっています。

まずは、試験日を把握して合格までの計画を考えてみましょう。

日程①:実施要項の配布と出願期間

内容 日程
募集要項の案内 2021年2月22日〜
出願期間 2021年7月8日~26日

出願の方法は、インターネットのみです。

郵送・持参での受付は、できないと思ってください。

江本

出期間が短いので、忘れずに出願しましょう!

日程②:一次試験と合格発表

試験日 合格発表
2021年9月11日(土) 2021年10月12日

試験日は、他の自治体と違っています。

なので、併願として受験する消防官志望者は多いです。

合格のチャンスを増やすために、どんどん併願してみましょう。

日程③:二次試験と最終結果

試験日 最終合格発表
①2021年10月27日~29日
②2021年11月5日~12日
2021年12月6日

それぞれの期間で指定された日に実施されます。

試験日を変更することはできないので、他の試験と重なった場合は、諦めるしかありません。

二次試験に合格すれば、内定となります。

※合格後の流れ
最終合格 ⇒ 名簿登録 ⇒ 意向聴取 ⇒ 採用内定 ⇒ 採用

結果が出るまで長い道のりです。少しずつ対策をしていきましょう。

 

流れ 日程
願書受付 7月1日〜24日
一次試験 9月19日
一次試験
合格発表
10月12日
二次試験 ①11月11日,12日
②11月18日,19日
最終合格 12月18日

東京消防庁消防官採用試験 日程まとめ

本記事は、東京消防庁消防官採用試験の日程をまとめていました。

  • 1類は、5月〜7月に実施。
  • 1類は、年2回の選考がある。
  • 1類は、東京の他、大阪や福岡でも受験できる。
  • 2類は、9月〜11月に実施。
  • 3類は、9月〜11月に実施。

試験日を把握することは、効率よく対策するために必要です。

落ちる人ほど、ノープランで対策する傾向が強いです。

たくさんの試験があるので、適当に対策しても意味がありません。

短い期間でも、しっかり計画を立てることができれば、合格は十分できますよ。

まずは全体像を把握して、勉強をはじめてみましょう。

関連記事【過去問あり】東京消防庁消防官採用1類 試験内容と傾向を徹底解説!