【事務・消防向け】高卒程度の横浜市役所は倍率が高い?過去の推移を解説!

yokohamasiyakusyo-saiyou-kousotsu-bairitsu

  • 横浜市(高卒程度)の倍率はどれくらい?
  • 一次試験(筆記試験)が重要って本当?
  • 二次試験(面接)はどれくらい落ちるの?

こういった疑問を解決します。

本記事は横浜市役所職員採用試験(高卒程度)の事務・消防を受験する人向けに倍率推移をまとめています。

結論を最初にいうと、事務も消防も筆記試験(一次)で多く落とされる傾向が強いです!

police-pref-aichi-saiyo-how-to-study
江本(@emotokomin)

本記事を読めば現在の合格できる可能性を把握できますよ。また、筆記試験の対策に重点を置くべきなのか、それとも面接なのか判断もできるので効率よく対策を進めることができるはず!

全体の結果はもちろん、筆記や面接ごとの倍率も解説しているので参考にしてください。

関連記事【高卒で横浜市役所の事務は難しい?】合格までの手順を徹底解説!

【横浜市役所(高卒程度)】事務職の採用倍率は平均7.2倍【推移を紹介】

yokohamacity-saiyou-kousotsu-bairitsu-zimusyoku

ここでは横浜市職員採用試験(高卒程度)の事務区分を受験する人向けに、

  • 過去の倍率
  • 一次試験の倍率
  • 二次試験の倍率


といった結果を過去5年分まとめています。

過去5年間の平均倍率は7.2倍です。試験ごとにみると、一次の平均倍率は3.1倍、二次の平均倍率は2.4倍。

一次試験(筆記)重視の傾向に見えますが、二次試験でも2~3人に1人しか合格できないのでバランスよく対策することが大切です。

詳細は次のとおり。

過去5年間の倍率推移

受験者合格者倍率
2020407459.0
20195804313.5
2018448914.9
2017463657.1
2016489885.6

一次試験(筆記)の倍率

受験者合格者倍率
20204071043.9
20195801563.7
20184482022.2
20174631513.1
20164891682.9

一次試験では教養試験と作文試験が実施されます!

下記記事で傾向や勉強方法を解説しているので参考にしてください。

関連記事【横浜市役所(高卒)事務・消防向け】教養の勉強法を5つの手順で解説!

関連記事【事務・消防の対策】横浜市役所採用(高卒)作文の過去問と書き方を解説!

二次試験(面接)の倍率

受験者合格者倍率
2020104452.3
2019156433.6
2018202912.2
2017151652.3
2016168881.9

最終合格するには面接試験の攻略が必須です!後回しにせず早めに対策しましょう!

詳しくは下記記事で解説しています。

関連記事横浜市役所採用(高卒)面接カードの書き方と過去の質問を徹底解説!

【横浜市役所(高卒程度)】消防の採用倍率は平均7.0倍【推移を紹介】

yokohamacity-saiyou-kousotsu-bairitsu-syoubou

ここでは横浜市職員採用試験(高卒程度)の消防・救急救命士を受験する人向けに、

  • 過去の倍率
  • 一次試験の倍率
  • 二次試験の倍率


といった結果を過去5年分まとめています。

過去5年間の平均倍率は7.0倍(救命士5.3倍)です。試験ごとにみると、一次の平均倍率は3.6(3.0倍)倍、二次の平均倍率は2.0倍(1.8倍)。

一次試験(筆記)重視の傾向に見えますが、二次試験でも2人に1人しか合格できないのでバランスよく対策することが大切です。

詳細は次のとおり。

過去5年間の倍率推移

消防

受験者合格者倍率
2020429597.3
2019548589.4
20186911734.0
20178147810.4
2016710898.0

救急救命士

受験者合格者倍率
202070174.1
201945133.5
2018114442.6
201797234.2
2016105205.3

一次試験(筆記)の倍率

消防

受験者合格者倍率
20204291592.7
20195481942.8
20186911813.8
20178141974.1
20167101654.3

救急救命士

受験者合格者倍率
202070342.1
201945311.5
2018114462.5
201797501.9
2016105353.0

二次試験(面接)の倍率

消防

受験者合格者倍率
2020159592.7
2019194583.3
20181811731.0
2017197782.5
2016165891.9

救急救命士

受験者合格者倍率
202034172.0
201931132.4
201846441.0
201750232.2
201635201.8

最終合格するには教養試験の突破が重要となってきます。

適当に勉強しても時間がもったいないので出題傾向を把握して勉強してください。

詳しくは下記記事で解説しています。

関連記事【横浜市役所(高卒)事務・消防向け】教養の勉強法を5つの手順で解説!

関連記事【事務・消防の対策】横浜市役所採用(高卒)作文の過去問と書き方を解説!