【事務・学校事務】横浜市役所職員採用の論文は何文字?過去問を紹介

お久しぶりです、江本です。

本記事は横浜市役所の採用試験(大学卒業程度)における「論文試験」をテーマに情報をまとめています。

対象区分

事務・学校事務を受ける人。高卒程度を受ける場合は「【事務・消防の対策】横浜市役所採用(高卒)作文の過去問と書き方を解説!」をご覧ください。

✓本記事の内容
  • 論文の文字数は?
  • 論文の配点は?足切りとかあるの?
  • 論文の過去問が見たい

このような疑問を解決することができるので、参考にしてください。

それでは、どうぞ!

yokohamasiyakusyo-saiyou-nanido 【独学で対策する人向け】横浜市役所採用試験の難易度や試験内容を解説!

横浜市役所職員採用試験の論文とは?文字数や配点を解説します

yokohamacity-ronbun-keikou
項目内容
実施一次試験
評価二次試験
試験時間60分
文字数750字
配点100点
令和3年度の情報

論文は一次試験に書いて、二次試験で評価されます。

事務区分は、2020年(令和2年度)から内容が大幅に変更されていますよ(下記図)。

yokohamacity-ronbun-naiyouhenkou

今までは法律の知識など、いわゆる専門知識が必要な試験でしたが、これからは図や資料を読み取って「仕事に対する熱意」や「活躍できること」を具体的に論じることが重要となります。

論文の試験時間

試験時間は1時間です。

時間配分を意識することがポイント。

  • テーマの把握、構成:10分
  • 書く:45分
  • 見直し:5分

何度か書いてみて、感覚をつかんでください。

論文の文字数

文字数は、最大750字です。

最低でも600字以上は書けるようにしましょう。

文字数も評価対象なので、少ないと減点されるからです。

600字はギリギリ8割なので最低ライン。

論文の配点

配点は事務・学校事務ともに100点満点です。

yokohamacity-syokuinsaiyou-ronbun-haiten
令和3年度の情報

足切りに注意

30点が基準点です。

そのため、面接試験の点数が高得点でも基準点を下回ると即不合格になるので注意が必要です。

江本
江本

足切りにならないためには、文字数をしっかり埋めることや誤字・脱字などを極力なくすことがポイントです。

【事務・学校事務】横浜市役所職員採用試験の論文過去問を紹介

yokohamacity-saiyou-ronbun-kakomon

ここでは過去問を3年分まとめています。

内容を確認して練習してみましょう!

令和2年度(2020年度)

事務

横浜市職員(大学卒業程度)論文の過去問をダウンロードする(PDF)

学校事務

横浜市職員(大学卒業程度)論文の過去問をダウンロードする(PDF)

令和元年度(2019年度)

事務

横浜市職員(大学卒業程度)論文の過去問をダウンロードする(PDF)

学校事務

横浜市職員(大学卒業程度)論文の過去問をダウンロードする(PDF)

平成30年度(2018年度)

事務

横浜市職員(大学卒業程度)論文の過去問をダウンロードする(PDF)

学校事務

横浜市職員(大学卒業程度)論文の過去問をダウンロードする(PDF)

なお、書いた論文は添削を受けることで上達するので、必ず誰かに見せてください。

下記記事で、おすすめの添削方法などを紹介しています。

関連記事公務員試験 論文の対策法3ステップ|安く添削を受ける方法【書き方解説】

横浜市職員採用試験の論文は解答例がない!添削を受けて対策する

yokohamacity-ronbun-kaitourei

本記事は横浜市職員採用試験(大卒程度)の論文をまとめていました。

事務区分は2020年から傾向が変わっているため、情報が少ないです。そのため、速めに傾向を確認して書く練習が必要。

論文で重要なのが文字数です。1時間で600字程度を書かなくてはいけません。時間配分に注意しながら練習することが大切です。

まずは過去問を見て、実際に書いてみましょう。その後、書けた論文はプロに見せて添削を受けることで上達しますよ。

筆記試験と違い解答例がないため、それを知る意味でも添削を受ける価値はありますね。 なお、添削を安く受ける方法は下記記事でも紹介しているので、参考にしてください。

関連記事公務員試験 論文の対策法3ステップ|安く添削を受ける方法【書き方解説】